ピクシブ百科事典

キリヤマ隊長

きりやまたいちょう

キリヤマ隊長は、円谷プロダクションが制作した特撮テレビ番組「ウルトラセブン」の登場人物。
目次[非表示]

演 : 中山昭二

概要

フルネームはキリヤマ・カオル
隊歴16年の38歳。一人称は『俺』もしくは『私』。東京都出身。
冷静沈着かつ謹厳実直だが情に厚い人物でもあり、部下や上層部からの信頼も厚い。宇宙ステーションV3のクラタ隊長とは同期の親友にあたる。占いや第六感的なものを信じる一面も持つ。

強い意思と信念を持ち、地球及び地球人に危害を及ぼす者に対し敢然と立ち向かう優秀な指揮官であり、状況に即した決断をもって事態にあたる。ペガッサシティ爆破の一件の時は、事前の避難勧告を名誉ある任務と部下に告げており、またアイロス星人に囚われた隊員の為に自ら交渉に応じて出向くなど、決して好戦的、あるいは冷酷な人物ではない。ただし、相手を敵対者とみなした場合、交渉や調査より攻撃を優先することもある。良くも悪くも地球防衛軍の武断的性格を象徴した人物と言える。
その最たるものであるノンマルトの海底都市への攻撃は、事実上の一方的な大虐殺であった。但し、この攻撃に関しては既にノンマルト側の破壊行為が行われ、多くの人命も失われており、「人類=地球人を守る」ウルトラ警備隊の指揮官からすれば、やむを得ない行動だったともいえる。また、その直前の自問自答の内容から、ノンマルトの声明を「先住民」を装う侵略者の常套句と断定した節がある(ノンマルトの使者に直接会ったダンとアンヌ以外の他の隊員達の反応も同じであった)。
結果として先住民族の(可能性がある)文明を一方的に全滅させてしまったことや、攻撃直後の「我々の勝利だ。海底も我々人間のものだ」という発言も後の平成シリーズにおいて色々な波紋を残す事となった。

名台詞

「ノンマルトの海底基地は完全に粉砕した。我々の勝利だ!海底も我々のものだ!」
地球の先住民族を名乗るノンマルトの海底基地を破壊した時に言った台詞。キリヤマ隊長自身はかなり悩んだ上での攻撃したのだが、「侵略したのは我々ではないか?」と後味の悪い結末になった。

※平成セブンではノンマルトの残党が登場、キリヤマ隊長自身はノンマルト事件を公開しようとして、既に地球防衛軍の公安部に暗殺されてしまっていた。(元々登場する予定であったが中山昭二氏の逝去に伴い変更されたらしい)
小説版『ウルトラセブン Episode:0』では老後のキリヤマが登場し、来訪してきたシラガネと会っている。地球と現人類を守るためにノンマルトへの攻撃を即決した理由が記されており、そのことを己が背負うべき罪として自覚している。
もし中山氏が存命だったのなら、この小説の通りの形で彼が登場していたのかもしれない。


「フルハシ!そう簡単に決めつけちゃあイカン!たとえ千回の通報が千回ともウソでも、出動するのが我々の義務ではないか!」
セブン暗殺計画より。偽通報が続いてやる気が削がれてきたフルハシ隊員をこういって戒める(フルハシも「はっ、軽薄でした」と気を引き締め直した)。
治安を預かる者の鑑のような言葉で有り、キリヤマ隊長が自分たちの職務に責任を持って当たっていることが良く分かる台詞である。

「地球は我々人類、自らの手で守りぬかなければならないんだ!」
最終回でパンドンと戦うウルトラセブンを見て言った台詞。ウルトラマンメビウスの時代にも記録に残っておりサコミズ隊長が同じセリフを言っている。

※平成ウルトラセブンでは皮肉にも彼の言葉が最悪な形で現実のものとなってしまう。

関連項目

ウルトラセブン ウルトラ警備隊

pixivに投稿された作品 pixivで「キリヤマ隊長」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4991

コメント