ピクシブ百科事典

ヒーロー

ひーろー

ヒーロー(Hero)とは「英雄」の意。物語の男性主人公、英雄的な活躍をする男性(稀に女性)も指す。
目次[非表示]

概要

広義では、フィクション作品における男主人公。狭義では、傑出した超人的能力を活かして英雄的な立ち回りを見せる主人公。ヒーローと呼ばれるキャラクターは正義平和のために世を乱す邪悪と直接戦い、自らを自力で守れぬ弱者の味方となって犯罪者悪徳権力者を懲らしめ、勝利から自力で掴み取り、弱者を救う救世主的存在

ヒーローは通常「強い」「優しい」「カッコいい/美しい」「一級フラグ建築士」などのポジティブな属性を多くもったキャラとして描かれる。また、ヒーローであることを示す特異な能力や大きな権力を持っており、それはその人物のステータスともなっている。

ヒーローと呼ばれる人(キャラクター)は本来は男を指し、女子でヒーローにあたるキャラクターはヒロインと呼ばれる。ただし、(本来は英文法的には誤りではあるが)女子においてもヒーローという呼称を使う例はある(特に、女子力(物理)タイプ)。これは、英語圏であるアメリカ合衆国でも使われる用法である。

また、上記のような特徴を部分的もしくは全体的に否定するような特徴を持ち、作品におけるキーパーソン(重要人物)となるキャラクターのことをアンチヒーロー(ダークヒーローとも)と呼ぶ。アンチヒーローが自ら主人公を張る作品も多いが、アンチヒーローが主役のライバルとして描かれることもある。

なお、ヒロインのほうは「レッドヒロイン」・「グリーンヒロイン」など、女子主要キャラでまとめた際の色付けで呼ばれることがあるが、男主要キャラでまとめた際の「レッドヒーロー」・「グリーンヒーロー」と呼ばれることが無い(例えばマリオルイージはそれぞれ赤・緑をイメージカラーとするが「レッドヒーロー」・「グリーンヒーロー」と呼ぶことは無い)。
このようになるのは、女性は性格別に住み分け、男性は性格をおまけとし、強さをメインに見る傾向があるからだと思われる。だが、男性が性格を見ない訳でも、女性が強さを見ない訳でも決してない。
カラーヒーローとして入りそうなものはスーパー戦隊シリーズのほか、マリオ関連ケロロ関連ギニュー特戦隊などがある。

固有名詞としては柴田亜美の漫画『自由人HERO』の主人公や、スクウェア(現 スクウェア・エニックス)のゲームボーイソフト『聖剣伝説』の主人公に用意されているデフォルトネームがある。

ヒーローと正義の味方

『月光仮面』の作者川内康範はヒーローが勝手に悪人に制裁を下すアメリカ映画に疑問を持ち、月光仮面を自ら正義を体現するのではなく「正義の味方」という存在として描いた。しかし一般には「正義の味方」がヒーローの同義として認識されてしまっている。

女性にとってのヒーロー

王子様」(王族の意味ではなく、慣用句の意味)と同義語であることが多い。イケメン金持ちであることが望ましいとされているが、この二つを満たしていても女性の好みとは限らない。強い(スーパーヒーローチートキャラ)ことも絶対条件とされているが、強さの基準が人によってまちまちであり、疑問の声があがっている。特に、なんでも武力で片付けるのは、必ずしも強さではないとされている。「優しい」ことも好ましいとされているが、弱さと優しさを取り違えている男性、相手を小馬鹿にして優しい演技をしている男性は、優しいとは認識されづらい。女性にとってのヒーローは、「自分がなりたい存在」、「命の恩人」、「恋愛対象」に分けられる。しばし、男性アイドルの意味で使われることがある。

主なヒーロー紹介

日本の特撮


スーパーヒーロー(アメコミのヒーロー)


ゲーム


時代劇


児童書


格闘作品


ヒーローに憧れる者


関連タグ

主人公 ヒロイン ライバル ヒール 超人 救世主 王子
主人公(笑) アンチヒーロー メインヒーロー 準ヒーロー サブヒーロー パッケージヒーロー カラーヒーロー エロゲ主人公 腐向け
武器 メカ バトル 俺TUEEE モブ 雑魚 やられ役 かませ犬 ネタキャラ
 男の子 男の娘  二枚目 三枚目 男装の麗人

他の記事言語

Hero

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒーロー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11723779

コメント