ピクシブ百科事典

女神転生

めがみてんせい

女神転生シリーズのイラストに付けられるタグ。
目次[非表示]

女神転生西谷史による小説、およびそれを原作にしたゲームシリーズである。通称「メガテン」。

小説の「女神転生」

西谷史の伝奇SF小説「デジタル・デビル・ストーリー」シリーズの第1巻の副題にあたる。女神転生は、原作およびOVAにおいてヒロインの白鷺弓子が日本神話の女神イザナミの転生だったことに由来している。キャラクターデザインは北爪宏幸が担当。

ゲームの「女神転生」

1987年発売のゲーム。正式名は「デジタル・デビル物語 女神転生」。日本テレネットから発売された見下ろし型アクションゲーム(原作小説1巻をベースにした作品)と、ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)から発売されたRPG(原作小説1〜2巻からの続編的な位置づけの作品で、ベースはOVA設定。但し原作小説3巻が出る前の作品であるため、原作3巻とはストーリー展開や結末が完全に異なる。)の2種類が存在し、ナムコ版は後述される女神転生シリーズの祖となる。悪魔会話、悪魔合体仲魔、魔貨、月齢、抗体ポイント等、システムの基礎はナムコ版で形作られた。小説版から繋がる作品なので、プレイヤーキャラは中島朱実(ナカジマ)と白鷺弓子(ユミコ)で、敵悪魔として原作中に登場したロキ、セト等が登場する。

ゲームシリーズとしての「女神転生」

ナムコから発売された前作から3年後の1990年、続編の「デジタル・デビル物語 女神転生II」が発売され、三身合体、マルチエンディングそしてルシファーといった主要悪魔の基本スタンス等、後続作品に関わるシステム・設定が固められた。また金子一馬による悪魔、キャラクターデザインもこの作品から始まっている。アトラス(現・インデックス)の【悪魔】が登場するRPGは全てこのタイトルの派生作品である。既に名称には付いていないが、ライトユーザーに最も人気の高いペルソナシリーズも、元々は「女神異聞録」という銘が打たれていた。他ゲームに対する影響力は想像以上に大きく「敵を捕まえて仲間にする」、「モンスターを合成して新たなモンスターを作成する」等のシステムの元祖になっている。

作品世界

本シリーズは、「悪魔」という異形の存在に関わってしまった人々が、どのように生き抜いたかを描いた作品である。但し、このゲームにおける悪魔は一神教のそれではなく、超自然的な存在の総称であり、神や天使、妖精も悪魔に分類されている。冒険の舞台は学校といった身近な所に始まり、現代の東京、さらには文明滅亡後の世界や魔界にまで及ぶこともあり、他に類を見ない独特の世界観を持つ。

属性

主要登場人物・悪魔は皆属性を持っている。真・女神転生以降は直交座標系の形式で表示され法と秩序を重んじるロウ(Law)、自由と混沌を重んじるカオス(Chaos)、どちらにも属さないニュートラル(Neutral)が思想を象徴する横軸として、さらに建設的で前向きなライト(Light)、中庸のニュートラル、邪悪で破滅的なダーク(Dark)が性格を象徴する縦軸として設定されている。ニュートラルは中心、つまり0地点。属性としては4つだが段階的になっており、それぞれ10段階とするならばロウ8ライト4の悪魔といった様になる。

悪魔は種族ごとに属性が大きく分かれている。いくつか例として挙げると、

  • 破壊と創造、殺戮と粛清の表裏を併せ持つ「天魔(破壊神)」はChaos - Light。
  • 法と秩序を絶対のものとし、献身的に働く「天使」はLaw - Light。
  • 秩序を強いるが、それが邪で道徳的でない「邪神」はLaw - Dark。
  • 悪意に満たされ何にも従わず、傍若無人な「魔王」はChaos - Dark。
  • 奔放で無邪気、気まぐれで人に近い存在の「妖精」はNeutral - Neutral。

主人公はニュートラルで始まり、プレイ中の行動によってその都度属性が揺らいでいく。変化はロウ側かカオス側のみで、ライト・ダークへの属性変化は無い。 自分がどの属性に属しているかで仲魔にできる悪魔が違ったり、シナリオやエンディングが異なっていくのが特徴かつ魅力である(シリーズによっては属性によるシナリオ分岐が無いものもある)。

デビルサマナー

悪魔を召喚し、使役することができる人間のこと。ほとんどの作品の主人公は悪魔召喚師であるが、悪魔召喚プログラムが開発されると特別な霊力がない者でも、コンピュータさえ使えれば悪魔召喚を行えるようになる。

悪魔召喚プログラム

悪魔召喚の儀式をコンピュータ上でエミュレーションして自動化するプログラム。旧約女神転生シリーズでは中島朱実、シリーズではSTEVENと名乗る車椅子の男、デビルサマナーシリーズではヴィクトル、女神異聞録デビルサバイバーでは主人公の従兄であるナオヤが開発を行っている。なお、ペルソナシリーズでは「ペルソナ」能力を有しているためか、自力で悪魔との交渉が行える。

COMP

悪魔召喚プログラムがインストールされたコンピュータ。悪魔自体をプログラム化して収納しているわけではなく、悪魔召喚をする際に必要な召喚呪文をメモリーしているだけに過ぎない。無印女神転生の主人公はノートパソコン、女神転生II及び真・女神転生I、II、if…の主人公はアームターミナルハンドヘルドコンピューター)、デビルサマナーシリーズの主人公とペルソナ2内田たまきは銃を模した特殊なコンピュータ(通称GUMP)を使用しており、使用者によって独自の形態をしている。

マッカ(♄)

魔界の通貨。漢字で表記すると「魔貨」、記号は「ℏ」のような形状。地獄の宰相こと魔王ルキフグスが製造している金貨。悪魔の勢力が強い地域で流通しており、こういった場所では人間の金は紙くずに等しい。なお真・女神転生 STRANGE JOURNEYの舞台においては従来の悪魔にとっての通貨に加え、人間側にとっても"エネルギーの結晶"という設定が付与された。このため、人間相手でも「購入するアイテムの製造用」「回復装置の運転用」といった目的で支払うことになる。

生体マグネタイト(M)

悪魔が物質界(人間界)で活動するために必要なエネルギー。略してマグネタイトとも呼ばれるが、磁鉄鉱とは別物である。激しい感情の変動を起こし得る生物が多く持つものとされ、特に人間と悪魔が多く保有する。悪魔は本来肉体を持たない生物であるため、物質界では自らの肉体の実体化を維持するためにMAGを消費し続ける。MAGが失われると徐々に肉体が崩壊してゆき、最終的には死に至るため、悪魔は人間を捕食したり、信仰を集めたりしてMAGを吸収する必要があるのである。シリーズが進むにつれ「召喚中に消費し続ける消耗品」というシステムが徐々に廃されてきているが、生体マグネタイトという存在自体はそうした作品でも何かしらの意義をもって登場する事が多く、女神転生シリーズに欠かせない存在。

企画

ぴくテン ATLUS悪魔描けるかな 男主人公描けるかな? うち修羅 【おきにいり仲魔】 祝!デビチル10周年!! メガテン百鬼夜行 イマジンデザインフェス08 【企画】雷堂イジリ

関連イラスト

ぼくの仲魔たち
我は汝、汝は我
真Ⅱ


関連タグ

作品

悪魔

仲魔の項目を参照

評価タグ

メガテン100users入り メガテン1000users入り

その他

アトラス 金子一馬 仲魔 悪魔 悪魔合体 人修羅 ヒホ修羅 地母の晩餐 ライホーくん デビルバスター 刹那五月雨撃ち せつなさみだれうち 説教部屋 ヒーホー ハイレグアーマー デモニカスーツ アームターミナル ルイ・サイファー 閣下 坊ちゃま 魔人アリス とてもやりたいメガテン メガテン風 やる夫がデビルサマナーになるようです YHVH カロン パトラッシュ 三途の川 魔王 天使 女神転生シリーズの死亡シーン集 レトロゲーム

他の記事言語

Megami Tensei / Megaten

pixivに投稿された作品 pixivで「女神転生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6587839

コメント