ピクシブ百科事典

ギニュー特戦隊

ぎにゅーとくせんたい

漫画『ドラゴンボール』に登場する宇宙人5人組の戦隊。フリーザ配下の強大・凶悪な戦士でありながらどこかユーモラス。
目次[非表示]

概要

ギニュー特戦隊は、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』およびアニメ作品『ドラゴンボールZ』、『ドラゴンボール改』に登場する架空の戦隊

初登場は其之二百七十二「間に合え!!ななつのドラゴンボール」、アニメでは『ドラゴンボールZ』第61話「迫る超決戦!ギニュー特戦隊只今参上!!」。『ドラゴンボール改』第28話「迫る超決戦!ギニュー特戦隊只今参上ッ!」。

キャラクターの特徴

フリーザの配下として登場した全宇宙から精鋭の5人を集めたエリート部隊。フリーザの側近であるザーボンドドリア、そして2人を倒した当時のベジータさえ上回る戦闘力を有し、北の界王も恐れる存在である。ギニューの台詞によれば、それぞれの出身種族の中でも突然変異で生まれた存在を集めているとされる。地位は、ザーボンドドリアら側近以上である。

圧倒的な力を持つ戦闘集団で隊員同士の仲も悪くないが全員どこか変わった性格をしており、仲間が戦死した際には友情や戦力の低下よりも、スペシャルファイティングポーズの様式美が崩れることのみを気にしていた。グルド、バータ、リクームが倒されたことをジースがギニューに報告し、孫悟空たちのもとへ出撃する直前にスペシャルファイティングポーズを決めるが、2人だけではこのポーズがしっかりと決まらないことを悟ったギニューは、隊員たちを倒されたことに激怒している。

闘う順番をじゃんけんで決めるなど、一見ふざけているような言動ながら、職務自体は完璧に遂行し、フリーザからの評価は高い。ただしスペシャルファイティングポーズなどはフリーザの趣味に合わないらしく、対応に困る場面がある。

隊員全員の名前は乳製品に由来している。またドラゴンボール改でテーマソングが追加された。

メンバー

ギニュー

(cv:堀秀行(Z) 小西克幸(改))

索敵


特戦隊の隊長。悟空との対戦中不意打ちを仕掛けたジースを「手出し無用」と叱り飛ばすなど、一対一の勝負にこだわる独自のフェア精神を持った戦士。体は薄い紫色をしており、頭には黒い角が2本ある。純粋にフリーザを尊敬する数少ない大幹部の1人であり、フリーザの部下の中では最も高い戦闘力を持つ。他人と体を入れ替える技「ボディチェンジ」の使い手。

リクーム

(cv:内海賢二(Z) 佐々木誠二(改))

いいね!そうこなくっちゃ!


総合的な戦闘バランスで、ジースにサブリーダー格を譲る立場になってはいるが、パワー面はジースを遥かに凌ぎ、事実上特戦隊ナンバー2の実力を持つ。外見は地球人と全く同じで、パイナップルのような髪型をしている筋骨隆々の大男。その外見に違わず、ほかの特戦隊員やフリーザ軍幹部のような特殊な超能力は一切持っていないが、その分高い攻撃力と耐久力を持つ、鍛え上げた肉体を駆使する正統派戦士、差し詰め遊戯王シリーズでいうところの効果を持たぬ代わりにレベルの割りに高い攻守を誇る通常モンスターである。

ジース

(cv:田中和実(Z) 岸尾だいすけ(改))

路地


特戦隊のサブリーダー的存在。メンバーの中では比較的地球人に近い姿をしているが、肌は赤色で白い長髪を持つ。必殺技は「クラッシャーボール」。アニメでは「ギニュー特戦隊の赤いマグマ」と名乗り、バータとの合体技「パープルコメットクラッシュ」も使う。
なお、名前の由来が1人だけ乳製品ではない(=ジュース)と言う誤解を受けることがあるが、チーズ→ヂース→ジースである。

バータ

(cv:岸野幸正(Z) 小野坂昌也(改))

Guilty Pleasure


体は青色をしており、隊員の中で身長が最も高い。アニメでは「ギニュー特戦隊の青いハリケーン」と名乗っている。「宇宙一速い」と自負し仲間からもそのスピードが特技と認められているが、パワーアップした悟空の前にはパワーもスピードも敵わなかった。

グルド

(cv:塩屋浩三(Z) 高戸靖広(改))

グルド様


体は緑色をしており、全体的に丸まった体格をしていて背が低く目が4つある。その外見同様醜悪で残忍な性格をしている。戦闘力の数値は隊員の中で最も低く、特戦隊のメンバーの中で唯一ザーボン、ドドリアなどの幹部クラスよりも低い。だが、時間停止金縛りの術など主に相手の動きを封じる様々な特殊能力を使いこなすため、数値としての単純な戦闘力以上の高い実力を持つ。さしづめポケモンでいうところのまひ撒き、催眠など嫌がらせ要員といった具合か。

ゲームにて

彼らが初登場したのは、ファミコンに発売された『ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!』であり、それ以降の作品ではボスタイプのキャラとして登場した。中でもスーファミに発売された『超サイヤ人伝説』では色違いでありながらも彼らと同じ姿形をした雑魚敵も登場した。

格闘ゲームではギニューとリクームが主にプレイヤーキャラとして登場している事が多く、この二人はメガドライブに発売された『武勇烈伝』から初デビューとなった。その後他の三人はPSに発売された『偉大なるドラゴンボール伝説』からプレイヤーキャラとして初デビューし、後に『スパーキング』シリーズや『レイジングブラスト』シリーズにも全員揃って登場する形となるが、ギニュー以外のメンバーが登場しない、またはサポートキャラとしてのみに登場する作品が多い。

近年のドラゴンボールゲームに追加されたIfストーリーでは、ギニューを主人公にしたエピソードも多く、ギャグ満載な明るい感じのストーリーに仕上げられている事が多い。
…が、必殺技で仲間を呼ぶことがあるゲームでは仲間が全員欠けた状態で戦わないといけないことになるので難易度的には相当厳しい。
超サイヤ人のトランクスに会ってしまうわ、悟空とベジータがブロリーと戦っているところにうっかり辿り着いてしまうわ、せっかくドラゴンボールを揃えたのに超サイヤ人の悟空に襲われるわ、仲間を蘇らせたらまたブロリーに襲われるわ…と、結構大変な目に遭っている。
なお、一瞬だけ悟空の身体を借りてかめはめ波を撃つ「ボディチェンジスペシャル」を習得している。ブロリーを宇宙の果てまで吹き飛ばせるほどの威力を持つが、ブロリーは死ななかった。
更に対戦での立ち会い会話のシーンでは、クウラ機甲戦隊とはライバル同士にあたるらしい。
なお、ドラゴンボールゼノバースでは「ネオ・ギニュー特戦隊」を結成することがある。
リーダーがギニューではなく、なぜかナッパである。…ナッパ特戦隊でよくね…?

2016年3DSに発売された『ドラゴンボールフュージョンズ』では、フリーザが封印されてると思われる宇宙船のバリヤーを解除するために、時間と空間の狭間・第2層にあるサタンシティで主人公達に助けを求めて登場する。解除させた後はマキシフュージョンをお礼として伝授させた。フリーザの復活後は自らの正体を暴くも、主人公達の事をとても気に入ったため、敵意や殺意を一切持たずにして戦いを挑んだ。第5層にある時空一武道会では主人公達と再戦するために参加するも、敗退される。クリア後の世界でも再び戦いに挑むが、再び負けた暁にギニュー特戦隊を解散すると宣言した………のだが、その直後に新生ギニュー特戦隊として再結成し、主人公達とまた会う事をお互い誓い合った。
本作では原作にあった残忍さは一切目立たず、むしろギャグを中心的に行動し、特に主人公達を気に入るほどの親しさを見せるなど、意外と良いキャラとして仕上げられていた。特にトランクス悟天フュージョンを見習った事で、リクームとバータがリクータへと変身し、ジースとグルドがグルースへと変身した。更にEXフュージョンでリクームとグルドがリグルドに、ジースとバータがバースへと変身するが、ギニューの場合はダサいポーズを決めるのが好きな者同士と言う事からグレートサイヤマン1号と相性が抜群でギニューマンに変身できた。
また、同作では彼らを女体化したゲームオリジナルキャラクターのドーラ特戦隊が登場した。メンバーはジース似のドーラ、ギニュー似のショートニー、リクーム似のベニーナ、バータ似のキャノラ、そしてグルド似のパームであり、悪役であるギニュー特戦隊とは逆に、世を守るために悪と戦う正義の特戦隊として登場している。性格や立場も正反対だが、服装と頭部はギニュー特戦隊とは変わらない。

余談

  • Vジャンプ』においては、ギニュー特戦隊をパロディ化したオニュー特戦隊というキャラクターが登場している。ちなみにこちらは各メディアの最新情報を伝える役割を持っており、特にジースのポジションであるニュースは完全に女性である。
  • ドラゴンボールゼノバース』では、ギニュー特戦隊にあこがれる魔人の女性NPCキャラ・タイノが登場する。こちらはギニュー特戦隊を真似てタイノ特戦隊の結成を目論んでおり、ギニューと同じ形態の戦闘服やスカウターを身にまとっている。


関連イラスト

6月1日は世界牛乳の日
ギニュー特戦隊



関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボール改
フリーザ軍 フリーザ 戦隊 スペシャルファイティングポーズ
ギニュー リクーム ジース バータ グルド
ナッパ

※よくあるタグ誤字

×特選隊
○特戦隊

pixivに投稿された作品 pixivで「ギニュー特戦隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1843772

コメント