ピクシブ百科事典

グレートサイヤマン

ぐれーとさいやまん

『ドラゴンボール』に登場する正義の味方である。
目次[非表示]

概要

青年期の孫悟飯が変身した姿。
サタンシティで超サイヤ人の姿で自警活動を行っていた悟飯は、いつしか「金色の戦士」として噂になってしまい、服装もそのままのため、目撃証言などからクラスメイトのビーデルにその正体を疑われるようになる。

このままでは正体がバレるのも時間の問題と考えブルマに相談したところ、特撮ヒーローのようにワンタッチで変身できる腕時計型の変身セットを提供され、以後は「グレートサイヤマン」を名乗り、この姿で改めて都市の平和のために悪と戦うようになる。

衣装は、ベジータが着用する戦闘ジャケットの鎧部分の代わりに緑色の武道着と赤いマントを付けたような服装で、頭には正体を隠すために口元だけを露出したサイバーデザインのオレンジ色のヘルメットを着用している。なお、この変身セットはカプセルコーポレーションの専売特許でもあるホイポイカプセルと同様の粒子分解技術が活用されているらしい。

長い名乗り口上の際の決めポーズのセンスがイマイチなのが定評である。ただし、本人はカッコいいと思っているので指摘すると地団駄を踏んで怒るので、悪者の皆さんはくれぐれも刺激しないように。

この変身セットによりもう正体はバレることはないと安心していた悟飯だったが、授業中に何度も「トイレ」という理由で抜け出していたため、結局ビーデルに怪しまれ、ついに正体がバレてしまう。ビーデルからは正体を黙認することを条件に、舞空術の方法を教えるように要求されてしまう。

天下一武道会では、普段の姿での世間体を気にしてこの姿で出場。
ヘルメットなどの防具類の着用が禁止されていたため、ブルマの提案で代わりにバンダナとサングラスを付けた姿に変更(ちなみにバンダナは原作ではヘルメットの色と同じオレンジ色だが、アニメでは白色。アニメ版の知名度が高かったこともあり、イラストでは白色が主流)。なお、武道会以降も何故かこのバンダナスタイルの方で変身している。

自身の試合前に行われたスポポビッチ対ビーデルの試合を見守った際、満身創痍のビーデルを執拗に攻撃し続けるスポポビッチに憤慨して人目をはばからず超サイヤ人化し、逆立った髪によりバンダナが外れてしまう。その後、ビーデルの無事を確認して感情を抑えたものの、そのまま試合場に上がったため観戦していたクラスメイトにすぐに気付かれてしまった。

派生作品における扱い

アニメオリジナルシナリオでは、自身を題材にした映画の撮影が行われている現場に偶然居合わせ、監督からはコスプレイヤーと勘違いされる。上空からのスタント撮影に怖気づいた役者に代わり急遽代役に指名されるが、決めポーズに尽くダメ出しを食らってしまう…本人なのに。
(余談だが、この際登場している監督その補佐役何処かで見たような容姿をしている。)

また、正体を知ったビーデルも後に「グレートサイヤマン2号」に変身するようになる。
デザインは悟飯のものとほぼ同じ構成だが、カラーリングがパステル調でバイザー部分の透明度が薄い、額にハート型のエンブレムが付いているなど女性的なデザインにアレンジが加えられている。…しかし、ビーデルはサイヤ人ではなくただの地球人、加えて女性でもあるのでそもそも「サイヤマン」という名前はおかしい気もするが、こまけぇこたぁいいんだよ!!

ブウ編後の続編に当たる映画『神と神』やTVアニメ『ドラゴンボール超』でも変身を披露しており、子供たちのお芝居に付き合ったり義父とともにをあやしたりために変身している。

ゲーム版では、普段の孫悟飯とは差別化された固有の操作キャラクターとして登場することが多い。また、同じく独特のポージングに定評のあるギニュー特戦隊の面々からは強い感心を集めているようで、対戦前の会話で「ちょっとコレと同じポーズをとってみろ!」「ついに見つけたぞ、6人目の仲間を!」と彼を同類視する発言をしている。ただし悟飯自身はあくまでも自らを正義の味方であるとし、悪の存在である特戦隊の要求を頑なに拒んでいる。
(ファンの間では、悟飯が特戦隊に知らずの内にインスパイアされたのではないかと囁かれている。)

関連イラスト

にいちゃんかっこいい!
私の名は


正義の味方カップル
ヒーローはつらいよ



関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ 孫悟飯 ビーデル
ヒーロー 正義の味方 変身
ギニュー特戦隊

pixivに投稿された作品 pixivで「グレートサイヤマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 226338

コメント