ピクシブ百科事典

Il-2

いりゅーしんどゔぁー

イリューシン設計局開発の対地攻撃機。軍用機としては史上最多の36000機(派生機含む)が生産された。エンジンとコクピットをバスタブのように覆う重装甲が施され、防御力は航空機としては破格の一言である。「シュツルモビク」とも呼ばれるが、ロシアでは対地攻撃機を意味する一般名詞である。
目次[非表示]

概要

元祖「撃たれても墜ちない攻撃機」。
コクピットやエンジンには最大12mmの装甲が施され、これは戦間期の戦車にも相当する。20mm機関砲の弾でも角度が浅いと弾かれてしまう。
「生産数世界最多の航空機」だったが、現在はセスナ172に抜かれている。生産数は36154機(未だに軍用機としては世界最多)。
ドイツ軍パイロットには「コンクリート爆撃機」、陸軍兵士には「黒死病」と呼ばれた。

装甲攻撃機とは

もともとは対地攻撃用の装甲攻撃機として構想が始まった。
第一次大戦で塹壕が攻撃の妨げになったため、あらかじめ塹壕を機銃掃射して味方の攻撃を助ける目的であった。
このような攻撃機は各国でも開発が進んでいたものの、とうとう実現した機体は無かった。機銃の搭載を増やすと重くなり、反撃に備えて装甲すると、今度は重すぎて飛べなくなったのだ。
Il-2はこの延長上にあると言える。航空機としては常識破りの装甲を施し、強力な機銃で武装する。
小銃弾では傷もつかない。逆に機関砲掃射を見舞えば戦車すら火を噴く。まさに空飛ぶ戦車である(現代ではMi-24あたりが相当するかもしれない)。

開発コードは『空飛ぶ戦車』

さて、戦間期に散々試作されてはモノにならなかった装甲攻撃機だが、ソビエトは諦めずに継続していた。
だが、開発コード「LT」(空飛ぶ戦車)は決して順調ではなかった。どんなに設計で努力を重ねても、700kgにもなる装甲板は重かったのだ。エンジンも出力不足であり、冷却にも課題を抱えていた。
エンジンは出力向上形が用意される事になった。胴体に滑油冷却器を設置できるスペースがなく、機体下に配置して装甲で囲む事とされた。
それでも要求仕様には不十分なので、複座を単座に改修して軽量化した。これで生産開始かと思いきや、土壇場で装甲追加となった。生産までは本当にドタバタしていたのだ。

『パンにように必要である!』

1940年10月、生産開始命令。
要求仕様を満たす事は出来なかったが、ともかく戦力化が急がれた。兵装の仕様が決まったのは翌月であった。11月30日、フィンランドと「冬戦争」が勃発。

1941年6月22日、ドイツ軍がソ連に侵攻。「独ソ戦」の開始である。工場はウラル山脈の向こうへの疎開が決定した。
一大事だった。工場の建設だけではない。工作機械や技師も連れて行かなくてはいけない。労働者も必要だ。田舎での人集めも重要課題となった。そして労働者の住居や食料。工場責任者は死に物狂いで働いた。
スターリンからの手紙は『我々には空気やパンのようにIl-2が必要である』という内容だった。
生産に手間取って供給が滞ると、今度は『これ以上待たせて、私の忍耐力を試すようなマネをするな』という手紙が送られてきた。責任者にとっては、まさに死活問題となった。職務を果たさないとシベリア送りだ。

シュツルモビク、出撃す!

開戦初日、ソ連空軍はドイツ空軍の奇襲攻撃により地上で撃破された。
ややあってIl-2部隊も出撃したが、結果は惨憺たるものだった。最初の部隊は、2週間も戦わないうちに後退した。38機と18名を失う大損害だった。

原因はもちろん単座であることだった。
これでは敵戦闘機に対して脆弱となるが、その分は戦闘機が援護するとされた。それに、強力な装甲がある。
しかし、実際にはそうはいかなかった。まだ投入できる戦闘機の数が少なく、援護を受けられない事が度々あった。いくら装甲があっても、翼が穴だらけにされては飛んでいられない。もともと鈍足なこともあって損害は多かった。

『いいよ、一緒にいてやるよ。一人はさびしいもんな…』

そこで、後ろに機銃を括りつける改造が行われた。これで敵機を追い払おうというのだが、それでもなお損害が多かったので、後ろに機銃手を乗せる改造が行われた。胴体に穴を開け、機銃を乗せた。
複座型が制式となるのは42年の秋からとなった。生産数確保のためである。

命の値段は二束三文

さて、突貫工事で作られた機銃座である。
防御装甲は一応あるが操縦手に比べ限定的で、敵機に喰らい付かれ、蜂の巣にされるのは決定事項である。死亡率が極めて高いのである。機銃手には懲罰兵やスパイ疑惑者が充てられたと言われる。

戦火のなかで

『空気やパンのように必要』とされたIl-2であるが、そればかりを作っていたのではない。性能を向上させた新型機の開発も進んでいた。

一つはエンジンを空冷のシュベツォフM-82に換装したIl-2 M-82である。ミクーリンAM-38エンジンの供給が滞った場合を考えて試作した。結局はAM-38エンジンの生産が安定し、必要とされずに終わった。

次に考えられたのは高速型である。改良型のミクーリンAM-42を搭載したIl-8である。性能面で見るべきところなく放棄された。

決定版となったのがIl-10である。
エンジン出力は25%増しの2,000馬力となった。最大速度も150km速くなり、さらに後方機銃座が装甲されるようになった。
Il-2で複座型の生産が正式に始まり、後背のみ防弾された機銃座だったが、ようやく完全防弾の持ち場になった。1944年秋から生産開始。戦後もチェコなどで生産された。
朝鮮戦争で改良が加えられ、Il-10Mとして再生産されているがあまり活躍できず、136機の生産で終わった。

その後さらにIl-16が開発された。
2,300馬力のミクーリンAM-43エンジンを搭載し、最大速度625kmを発揮するはずだった。しかし、このエンジンはどうにも不調であり、45年始めに完成した試作機も、散々弄くりまわした挙句46年夏には放棄された。

一番の変り種はIl-2Iである。
Il-2をもとにした単座戦闘機だ。
スターリングラード包囲戦ではIl-2が輸送機と遭遇する事もあり、その時に多大な戦果を記録したことによる。装甲が敵機の機銃座の弾丸をすべて跳ね返し、強力な機銃が敵機に血祭りを見せたからである。
しかし、空戦性能そのものが低い為に役に立たなかった。試作どまりである。

性能について

性能は大した事ない。最大速度は400km/h前後である。上昇限度も6,000mが精々。操縦は容易だが、装甲が重いので鈍足である。
しかし、1600馬力だの2000馬力だのといった高出力が並ぶ。これは日本がどうしても到達できなかった水準である。液冷エンジンもモノにしていた。
ソビエトだって科学技術の国だったのだ。

武装について

ロケット弾を主翼下に4~8発か、主翼内蔵の爆弾倉に爆弾を600kg、20mm、23mm、37mm機関砲などを搭載できる。

■RS-82、RS-132■
対空・対地両用のロケット弾。
ロケット弾の威力は高いが、その命中率は非常に低く、戦車に対し降下角度30度、距離300mまで近づいて8発のロケット弾を全弾斉射しても命中率は25%だった(当時としては普通)。

■PTAB■
PTAB(成形炸薬爆弾)は、対戦車目的に開発された成形炸薬弾頭の小型爆弾である。
クルクス戦以降、多用されるようになった。
PTABは1個1.5~2.5kgと小型だが、超高速の金属噴流により60~100mmの装甲に穴を開けることができる。48個入りコンテナを4セット搭載し、高度300mから投下する事で幅15m、長さ70mに渡って絨毯爆撃を行えるようになった。

■機関砲■
固定兵装として当初20mm ShVAK機関砲が搭載されたが、すぐに23mm VYa-23機関砲となった。砲弾の重量は2倍で砲口初速も高く、戦車の上面の薄い装甲なら貫通できる。
主翼に対戦車機関砲のポッドを装備した型もあった。
37mm機関砲の内、Sh-37は信頼性が低く不採用、NS-37は採用され活躍した。45mm機関砲のNS-45は反動が強すぎて不採用となった。

防御について

エンジン周りは4mmから7mm、コクピット周りは6mmから12mmの装甲に覆われている、というか機体の外板そのものが、厚さの異なる鋼鉄製の装甲板を溶接し繋ぎ合わせた物という、珍しい構造である。
主翼や胴体後部(木製、戦後にアルミ合金製に変更)は防弾されておらず、重装甲と言っても範囲は限定されている。

その後

Il-2の生産は第二次大戦と共に終了した。
後を継いだのは、44年8月より生産が開始されたIl-10である。
北朝鮮空軍機として朝鮮戦争に参加したが活躍出来なかった。何機か鹵獲され、アメリカでテストされている。
この後もIl-20や、ジェット化されたIl-40、Il-42が開発され、1992年のモスクワ航空宇宙ショーで展示されたIl-102に結実する。
しかし、一つとして空軍で活躍したものはなかった。

関連タグ

軍用機
ソ連軍
Hs129:独ソ戦でIl-2と双璧をなす、ドイツ軍の対地攻撃機

pixivに投稿された作品 pixivで「Il-2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21296

コメント