ピクシブ百科事典

攻撃機

こうげきき

軍用機の中でも戦闘機サイズで、対地・対艦攻撃に特化したもの。
目次[非表示]

概要

対地・対艦攻撃に特化して開発・改造された航空機を指す。
爆撃機や戦闘爆撃機、戦闘攻撃機に支援戦闘機など様々な呼び名があるが、開発元や所属する組織の命名基準によって変わる。

かつては双発の軽爆撃機サイズまでが一般にそう呼ばれていたが、冷戦以降は『爆撃機=戦略爆撃機』という認識が一般的になり、戦略爆撃機未満は攻撃機と呼ばれるようになった。アメリカでは型番に接頭記号の"A”を付ける。(Attackerの意味)

また、Tu-22M爆撃機を「海洋監視機」と言い換えるなど、『爆撃機』という呼称は政治的な意味合いも含んでいる。

多くの戦闘機爆弾搭載が可能であり、攻撃機としての任務にもある程度対応できる。特に現代では戦闘機がマルチロール化し、攻撃機の機能を担わされていることが多い。特にF/A-18など、搭載数の限られる空母艦載機はこの傾向が強い。

日本の航空自衛隊では“攻撃”という言葉への抵抗感や、用途の違いにより攻撃機の名称は使わず「支援戦闘機」という名称が使われていた(今では戦闘機のマルチロール化により支援戦闘機という分類自体が廃止されている)。

各国の主な攻撃機

日本

  • 九七艦攻:帝国海軍初の全金属単葉攻撃機。太平洋戦争初期の大戦果の主役である。
  • 一式陸攻:高速力と大航続距離、充実した防御火力を誇る雷爆可能な帝国海軍の陸上攻撃機。
  • 流星:太平洋戦争末期に登場した雷爆兼用の大型機。大馬力と優れた設計で高性能を得たが活躍の場を逃した。
  • 九九式襲撃機:超低空から地上部隊や飛行場を叩く帝国陸軍の襲撃機。末期は性能不足に悩んだ。
  • 二式双発襲撃機:万能戦闘機としては失敗作に終わった帝国陸軍二式複戦に対地対艦兵装として37mm砲を積んだもの。
  • F-1:第二次世界大戦後、はじめて日本が開発した支援戦闘機。
  • F-2:分類上は戦闘機だが、空対艦ミサイル4発という世界最高レベルの対艦攻撃能力を持つ。

アメリカ

  • TBDデヴァステイター:アメリカ発の全金属単葉雷撃機。太平洋戦争初期の米海軍航空戦力の主力を担った。
  • TBF/TBMアヴェンジャー:太平洋戦争後期における米海軍航空戦力の主力。多くの派生型があり戦後も各国で用いられた。
  • F-117Aナイトホーク:ステルス機
  • F-15Eストライクイーグル:F-15の派生タイプ。
  • A-1スカイレイダー:大戦中期から開発が始まった艦上攻撃機。朝鮮戦争からベトナム戦争まで活躍。
  • A-4スカイホーク:小型空母にも搭載可能な攻撃機。使い勝手の良さから多くの国へ輸出された。
  • A-6イントルーダー:グラマンの開発した艦上攻撃機。アメリカ初の全天候攻撃機。
  • A-7コルセアⅡ:LTV社の開発した艦上攻撃機。音速を出せない代わりに搭載量や航続距離が優秀。
  • A-10サンダーボルトⅡ:タンクキラー。非常に鈍足だが、とてつもなく頑丈。かの「ルーデル」から助言を得て、開発された。
  • A-12:ステルス艦上攻撃機。1991年に開発中止。
  • A-16:F-16にGBU-5を搭載した派生タイプ。実戦で運用してみたものの、機体特性が合わず使えないために没となった。
  • AC-130C-130輸送機を改造した対地専用攻撃機。
  • AV-8B:イギリスのハリアーの性能向上型。

イギリス

ソ連

  • Il-2:ソビエトの対地攻撃機。ドイツ兵は「黒死病」とアダ名した。生産数は派生型を含め、軍用機最多の36,000機以上。
  • Su-25:ソビエトの対地攻撃機。A-10の異母兄弟のようなもの。

ドイツ

  • Ju87:ドイツの急降下爆撃機。複座単発なので規模そのものは攻撃機。
  • Hs129:ドイツの対地攻撃機。Ju87やIl-2に隠れて地味。

フランス

国際共同

  • トーネード: 英・独・伊で国際協同開発された全天候型多用途攻撃機(マルチロール機)
  • AMX:イタリアとブラジルが共同開発した軽攻撃機で、トーネードが使える兵器の多くが使用可能。


関連タグ

戦闘機 戦闘攻撃機 戦闘爆撃機 マルチロール 支援戦闘機

pixivに投稿された作品 pixivで「攻撃機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 233777

コメント