ピクシブ百科事典

公式が病気シリーズ

こうしきがびょうきしりーず

公式が病気状態になってしまっていること。本来ユーザーが「公式が病気」的イラストを次から次へと産出した場合に付けられてたタグ  ◇親記事とは違いその他名作、マイナーな作品、マニアックな作品などの表記
目次[非表示]

概要

※たいだいは親記事「公式が病気」と「公式が病気の一例」リストとは違い、その他名作、マイナーな作品などの表記
※作品名を基準に五十音順で記載。主にアニメ・マンガ・ゲームを表記

■注意■
この項目にはネタバレと主観的な述を含みます。
閲覧の際には十分注意してください。
データが膨大な量になると閲覧しにくいうえ本項へのアクセスに障害が生じます。
所謂「ファンサービス」の一貫に過ぎないもの、「お遊び」の範疇に入るもの、病気や奇行とまでは言えない描写・言動については追加を控えてください。そうしたケースについては当該作品の記事のほうへの特記をお願いします。
削除の際に、ある程度の重要性を感じた項目は、当該記事への転載、リンクなどをお願いします。
例えばサガシリーズと佐賀県の公式ネタ、ゆるキャラ等 → 役所が病気
「会社ぐるみでやらかした公式が病気」に関して・・・→ 公式が末期


あ行


か行

  • かいけつゾロリ』 - 児童向けの皮をかぶった大人向けネタ満載のシリーズ。メタ発言、社会風刺(全部当たるが絶対当たらないお菓子の販売、薬草に雑草を混ぜて販売など明らかに詐欺な商売など)、パロディ(他作品や実在人物の)、(一歩間違えれば)同性愛、後述するアニカビ顔負けのサウスパークっぷり。ケモノが題材のこの手の作品に関してはもっとヤバイいの → Conker's_Bad_Fur_Dayもある。
  • 快盗天使ツインエンジェル(アニメ版)』 - 「俺も最初は、ただのイケ仮面だと思っていたんだ…。」登場すなわち超展開を意味する変態マスク。最終的に人間の域すら超越。もうこいつだけでいいんじゃないかな。美しき乙女たちよ! → 怪盗ミスティナイト
  • 学園K』 -  原作者ですら『(アニメ本編のコミカライズをマトモな方と称し)酷い方』と語る内容。残念なイケメンが更に残念になったり、可愛い幼女オバサン化していたり、生徒会長の誰得な半裸シーンが出ていたり……。多少ふざけているシーンがありながらも、一応シリアスな話である本編とは似ても似つかない内容となっている。とりあえず、クロ&アンナが好きな人は読まない方が良いと思う。
  • カミワザ・ワンダ』 - ホスト局の局アナが出演していたり他作品のパロディありと色々やりたい放題。
  • 『ガールズRPG シンデレライフ』 - ゲームそのものは何のこたァないキャバ嬢育成ゲームだが、主人公の声が遠藤綾後藤沙緒里に出来たり、ナレーターがあの人だったり。さらに店の客がスゴイ!
  • きかんしゃトーマス - こりゃあうまいココアだぜぇ!!で有名な第19話「フライング・キッパー」をはじめ、劇中やたら事故が頻発する。脱線や横転は日常茶飯事で、それ以外の普通なら何かしら対策をとっておくような未然に防ぐべき事故でさえそれを怠って発生するし、酷いと機関車の八つ当たりや慢心で事故が起こる(しかも自業自得な展開ならまだしも、時には周囲にとばっちりが及ぶ)。あまりの事故頻発率に歌まで作られており、下手すると営業停止や路線封鎖されかねない一方、責任者のトップハムハット卿がその責任を言及される場面はない(一応報告を受けて現場に向かったり、事故を起こした機関車に対し異動や燃料の減給などを命じたりする場面はある)。幸いなのかどうかは不明だが人身事故はほとんど起きてないし、起きても死人は全く出ない。住民も慣れてるのか、ダックが理髪店に突撃した際は店主が髭剃りクリームをダックの顔に塗りたくっていた。ついでに言うとこの事故りまくりなある意味問題作の作者は、何を隠そう牧師である
  • 『機動刑事ジバン』 - 東映メタルヒーローシリーズで数々のカオスを連発したバイオノイド達!
  • ギャラクシーエンジェル(TVアニメ版)』 - シリーズ構成・井上敏樹(もしくは共同監督の浅香守生・大橋誉志光)の所謂“鶴の一声”によって、原作ゲームのイメージを完全に破壊したギャグアニメへの見事な転換。
  • 究極!!変態仮面』 - 例の条例すら恐れず、小栗旬の熱心な活動が実りまさかまさかの実写映画化。しかもこれが大ヒット&さらには映画館内のマナー啓発映像の特別バージョンが製作される奇跡フオオオオオオオオオオッ!!!!立体フィギュア化決定ーーーィ!!
  • きょうふのキョーちゃん』 - 『ダウンタウンのごっつええ感じ』内で放送された、松本人志原作のアニメ。日曜の夜8時というゴールデンタイムで放送されていたにも関わらず、グロテスクスプラッターな表現はもとより、露骨な下ネタや性表現(それこそR-18もの)、果ては実在人物を思いっきりこき下ろしたキャラなどやりたい放題である。
  • キルラキル』-グレンラガンのスタッフが贈るアニメ。しかし所々のギャグがカオスだったり、主人公が痴女っぽく変身するなど、どちらかというと良質な糞アニメと(一部では)名高いパンストを意識した作りになっている。他にど根性ガエルといった意図的に狙ってるモノ等が色々ある。
  • 銀魂』 - 少年ジャンプカオスギャグ。漫画原作自体は多少行き過ぎはあるが普通のギャグマンガである。問題はアニメ版、製作に当たったサンライズスタッフが本気で悪乗り、放送コードすれすれの内容を臆することなく放映し、自社製のアニメのパロディは原作以上に「そのまんま」。
  • 紅!!女塾』 - 『男塾シリーズ』の美少女版。相変わらず江田島平八は健在。
  • クロスアンジュ天使と竜の輪舞』 - 「地上波の限界に挑戦した」2014年秋アニメ
  • 激烈バカ』 - 週刊少年マガジンの不条理カオスギャク漫画にして名作。吉本芸人総出演でVシネマ化された。
  • 健全ロボダイミダラー』 - エンターブレインのマンガ作品。タイトルからして病気である。巨大ロボット物だが主人公はヒロインにセクハラしないとロボットを動かせない。ついにアニメ化されてしまった。
  • ケメコデラックス!(アニメ版)』 - エンディング曲『プリップリン体操』変な歌詞。ラストフレーズは「マーベラス!」
  • ゲームセンターあらし』 - コロコロコミック創刊時のホビー漫画にしてカオスギャグ。女性がおっぱいを使ってレバー操作!? → 必殺技ノーブラボイン撃ち
  • ゲンジ通信あげだま』 - 1990年代を代表する名作。当初は普通にスタートしたはずであったが…
  • 高機動無職ニーテンベルグ』 - カドカワ少年エース連載中のシリアスギャグ
  • コジコジ』 - 『ちびまる子ちゃん』で有名なさくらももこの作品。土曜夕方とお茶の間向けの時間帯にアニメ化されたが、『まる子』の様なほのぼのとした作風とは一変、際どい下ネタ・濃厚なBL描写・哲学・ブラックジョークを多量に含んでいる。あまりにもシュールかつ不条理な内容のため、子供には理解し難い話が多数存在する。
  • 『コンカー(Conker's_Bad_Fur_Day)』 - 外道まっしぐらの主人公に加え、敵もウンコ大王といった最低のものが多い。しかも任天堂ハード発なので、アニカビも真っ青になること請け合い。


さ行


た行


な行


は行

  • バイオレンスジャック』 - 冒頭から結末に至るまで死角なく病気だが、完結までに18年を費やすなど作者・永井豪はいたって正気である。
  • パックワールド』 - ナメクジやスライムを平気で食べる主人公。パワーベリーを使わずにそのままゴーストを食べる。ビトレイアスに対するスフィロス大統領の設定。眠れる森の美女を意識した全て。
  • パンチライン』 - パンツを見たら人類滅亡!? 2015年春アニメ
  • 『トランスフォーマー ビーストウォーズ』 - 翻訳版では監督の意向の元シリアスな原語版の内容がギャグ路線に改変され、声優達によるアドリブどころか他局ネタ声優ネタさえ辞さない暴走が炸裂。番組前の5秒CMでも色々やらかしており、公式MADリミックスカオスの一言。
  • 非公認戦隊アキバレンジャー』 - 「非公認」と銘打ってはいるが東映製作でスタッフも一流揃いという、スーパー戦隊シリーズのセルフパロディだけでなくヲタク要素が多数盛り込まれた等身大のヒーロー。シーズン2ならぬ『シーズン痛』も登場した。
  • 氷室の天地 Fate/school life』 - Fate/staynight公式スピンオフ漫画。内容は作者の趣味全開で、終始原作とほぼ無関係なハイテンションなギャグとマニアックなパロネタが入り乱れるおかげで原作の知識がまったく無くても楽しめる。しかも原作の知識が必要な部分は何かしらの形で補足してあるという超ステキ仕様。「アンソロ集発刊おめでとうございます」。
  • ファイアーエムブレム』シリーズ
同世代のお義父さんに娘さんをくださいをする図



ま行

  • 舞-HiME/舞-乙HiME』(漫画版) - 『スクライド』に引き続いて行われたサンライズアニメの週刊少年チャンピオンコミカライズ。スクライド同様アニメ版とは全く異なるストーリー展開となっており、超展開や名言・迷言の数々は健在。舞-乙HiMEに至っては少年漫画の主人公にふさわしい登場人物がいないからという理由で主要登場人物の一人を死亡させ、その影武者の少年を主人公とする超展開。しかもその主人公が並み居る女性キャラを抑えて一番人気という有様。ある意味「男の娘」が本格的に少年誌で認知度を高めた先駆けとも言える。本作の原作・作画担当のコンビは後に『聖痕のクェイサー』を生み出すことになる。
  • 魔界戦記ディスガイアシリーズ』 - ストーリーや世界観、キャラの背景などは意外とシビアでシリアスだったりするが、それ以上に何かが根本的におかしい設定やキャラの数々、数値的にも絵的にもどんどんインフレしていく特殊技、たまに真面目にやるとそれ自体がネタにされる次回予告、ありとあらゆる場所に散りばめられたギリギリのメタギャグやパロネタ等々、一言で表すとカオスとしか言い様が無い。
  • マジカルデストロイ』 (ハヤテのごとく!の劇中劇) - 原作者は三千院ナギ。マンガとして何もかもが崩壊している。「・・・ツッコんだら負けっていうゲームですか?」
  • マジでオタクなイングリッシュ!りぼんちゃん 英語で戦う魔法少女』 - 低予算をキーワードに作られたショートアニメ。どこで役に立つのか全く分からない英会話を教える。(例:I feel like I'm in heaven, when 3 vectors get together.(三機合体は、とても気持ちいい)など)
  • 魔乳秘剣帖』 - 究極の美少女アクション"おっぱい"絵巻
  • マンガで分かる心療内科』 -心療内科医・ゆうきゆう×ソウ作。ぶっ飛んだ下ネタ・ギャグの「公式が病院」(実在の心療内科『ゆうメンタルクリニック』)によるWebマンガ。少年画報社から単行本も出版されている。同クリニックは都内に複数の診療所(上野、新宿、池袋東口、池袋西口、渋谷、秋葉原)を持つ、行列のできる心療内科でもある。繰り返すが、正真正銘の公式が病院
  • まんが倶楽部』 - 某海賊漫画某シャツに張り付いたカエル漫画などの有名漫画のパロディが詰め込まれたさくらももこ氏によって描かれた漫画。内容がシュールだったりちびしかくちゃん(後に単発で連載される)やゴシゴシなどのセルフパロディーが存在するなど、やりたい放題。
  • ミスター味っ子』 - ご存じ少年マガジンの名作。アニメは製作監督のせいでカオス満載。2016年より続編『ミスター味っ子 幕末編』連載中。こいつはブラボー?
  • 無限のフロンティア』シリーズ - ありとあらゆる所に散りばめられた200を超えるオタ向けのネタの数々(一例でいえば「待てい!」からの「成敗!」とか)。2作あわせて胸に関するあだ名、悪態を30種以上言われた1作目のヒロイン。「俺の電源がオンになりそうだぜ」「俺の用心棒も反応しそうになった」等々、下ネタも非常に多いやりたい放題なゲーム。まあ、旧バンプレストと旧ナムコが全力ではっちゃけた結果ともいえる。
  • みつどもえ


や行


ら行


わ行


関連タグ

公式が病気 - (公式が病気の一例/当記事)
公式が末期

pixivに投稿された作品 pixivで「公式が病気シリーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 445009

コメント