ピクシブ百科事典

忍殺語

にんさつご

アイエエエ! ナンデ!? 忍殺語ナンデ!?
目次[非表示]

概要

忍殺語とはニンジャスレイヤーにて使われるアメリカ的なオノマトペや独特すぎる日本観、そして直訳的な翻訳など入り混じったが実際奥ゆかしい独特の言葉づかいである。
ここではニュービーヘッズ向けにその一部を紹介する。
なお、ニンジャヘッズの諸君においては随時加筆修正を推奨する。備えよう。

代表的な忍殺語

ア行

  • アイエエエ!
    • 情けない悲鳴。主にNRS(ニンジャ・リアリティ・ショック)にかかった一般人が叫ぶ。「アイエエエ! ニンジャ!? ニンジャナンデ!?」の形で叫ばれた台詞が印象的で、改変のしやすさからニンジャの部分を変更した改変がニンジャヘッズが驚愕した時に頻繁にキャプション等でネタとして使われる。
  • アカチャン!
    • 「Baby」のことと思われる。歓楽街の猥雑な看板、オイランパープルタコ=サンのセリフなどでよく見かける。
  • アタシいま体温何度あるのかなーッ!?
  • アッハイ
    • 作中であまりの狂気に触れた人物が返したぎこちない返事。ニンジャヘッズの間では翻訳チームからの強引なアナウンスや、ネタへの返答、(ネタとして)研修を受けた時などに使われる。
  • アバーッ!
    • なんらかの致命的ダメージを受けた際に出る悲鳴。「グワーッ!」に比べて遥かに受けたダメージが大きく、存命であってもニューロンが焼けていたり、内臓が破裂していたりなど大きな傷を負ってる可能性がある。
  • いいね?
    • 正しい形は「AはBではない。いいね?」。念押しや言い含めの際に使われる。ニンジャヘッズの間ではネタをゴリ押しする時に使われる。された方も「アッハイ」と答えるのが礼儀。たとえ、そのネタがどんなに無理筋であったとしても。
  • イヤーッ!
    • 攻撃や技、ジツを繰り出す際、気合を入れるために叫ぶ掛け声。ほぼ全てのニンジャが使う掛け声であり、「イヤーッ!」「イヤーッ!」とこの台詞が繰り返される表現は、激しいカラテの応酬を示す何よりの証拠である。
  • インガオホー
    • 「因果応報」のこと。忍殺世界を貫く理念であり、作中でも地の文・セリフ問わず頻繁に使われる言葉。
  • インタビュー
    • 質疑応答のことだが、ニンジャによって行われる場合は敗者に対して行われる暴力的尋問での情報収集であることが多い。特にニンジャスレイヤーこと主人公フジキド・ケンジが敗者ニンジャに行うインタビューは「質問に答えなければ惨たらしく殺すが、答えれば比較的楽に殺してやる」という物なので、正直に答えようが答えまいがオタッシャ重点である。
  • 奥ゆかしい
    • 一般的には穏やかで一歩引いたような人柄を表すが、ニンジャヘッズの間では「素晴らしい」とか「素敵な」という意味で使われる。作中では結構な頻度で多用され、しかも本来の意味での奥ゆかしいが使われることもあるので実際ややこしい。
  • オハギ
    • 実際に存在するおはぎと同様のものだが、この世界では違法食品。血液中に残留するアンコが一定以上の濃度になり、かつある程度減ってくると禁断症状を起こす。麻薬的な甘みどころか実際麻薬じみた食品ではあるが、結構流通している。

カ行

  • カラテ
    • 日本語の空手と違い、ニンジャヘッズの間では体術や人体能力を駆使した技全般のこと・・・とおもいきや、場面によっては「カラテを消費」「血中カラテ」などとマジックポイントめいた使い方もされるため、忍殺世界ではかなり広い意味があると思われる。
  • カワイイヤッター!
    • カワイイな事物に対して叫ぶチャント。劇中に登場するアイドルユニット・ネコネコカワイイへ対するファンの定番コールだが、実生活でも実際使いやすい。
  • 欺瞞!
    • 欺瞞自体はほぼ日本語と同義語。感嘆符を付けた場合はニンジャスレイヤー=サンが敵ニンジャの白々しい言動を喝破するときによく使われる。pixivでも欺瞞的キャプションやタイトルに対して、閲覧者=サンがコメントやタグで喝破している光景がよくみられる。ニンジャヘッズの間では「嘘だッ!」「嘘を言うなっ!」とほぼ同義。
  • グワーッ!
    • 攻撃を受けた時の叫び声。上述の「イヤーッ!」と対応して、戦闘中に頻繁に出てくる言葉。「イヤーッ!」「グワーッ!」「イヤーッ!」「グワーッ!」とこの二つの叫びが繰り返されている場合、防御も出来ぬ一方的なカラテ・ラッシュがなされていることを示す。女性の場合は「ンアーッ!」となる。
  • ケジメ
    • 責任を負い自らの指を切り落とすこと。上忍殺世界では様々な組織で行われる。制裁の意味で他者から行われることもある。
  • 研修
    • ニンジャヘッズの間ではどこかに学びにいくことではなく、洗脳や調教の意味を指す。もっとも日本のブラックと呼ばれる一部の企業では後者の意味でも間違ってな研修研修研修研修研修アッハイまなびにいくこといがいのいみはありません。
  • ゴウランガ!
    • 「素晴らしい」とか「信じられない」といった意味の言葉。結構頻繁に使われるのだが、具体的にどういう意味なのか、どこの国の言葉なのかは誰も知らない。でも響きは非常に強そうである。
  • 古事記にもそう書かれている
    • 古事記は当然ながら実在の書物だが、ここでいう古事記は忍殺世界の民明書房と考えたほうがわかりやすい。同義語には格言に対して使われる「平安時代の哲学剣士、ミヤモト・マサシの言葉である」がある。
  • コワイ!
    • 作中で恐怖をあおる描写がされた時の言葉。転じてニンジャヘッズの間ではあまりの反響に驚いたときや「なにこれこわい」的な意味で使われる。

サ行

  • ◯◯=サン
    • 英語の「Mr.」や「Mrs.」に相当する言葉。どのような悪人であってもつけられる。ニンジャヘッズの間ではコメントに対する返信においてコメント者に対してつけられる。
    • あくまで個人名に付けられることを留意したい。
  • ジツ
    • 「術」のこと。ニンジャの特殊能力をさす。個人固有のものは「ユニーク・ジツ」と呼ばれる。
  • 実際
    • 一般的には「本当は」の意味で使われるが、ニンジャヘッズの間では「とても」や「すごく」の意味で使われる。作中でも実際たくさん出てくる、実際使いやすい言葉。
  • ZBRアドレナリン
    • 「ズバリアドレナリン」と読む。とあるキョートの探偵御用達の違法麻薬。液状だったり粉末だったり実際麻薬であり、酒に混ぜて飲む事もある。日本で小説が発売になる際、ズバリという飲料が既にあった為にZBRに変更された。
  • セプク
    • 「切腹」のこと。「ケジメ」でも償いきれないミスを犯した者には、もはやセプクあるのみ。
  • 備えよう
    • 公式からのアナウンスでたびたび使われる言葉。割と唐突に使われる。備えよう。

タ行

  • ドーモ
    • イクサ前に行われるアイサツの言葉。ニンジャにとって絶対の礼儀である。
  • ドゲザ
    • いわゆる土下座。謝罪、降伏あるいは忠誠の意思を示し相手に慈悲を乞うための動作。ケジメやセプクのように命に関わるようなものではないが、一生の恥として残るためある意味ケジメの方がマシとも思われている。ちなみにどれくらいの恥かというと、「無理やり母親とファックさせられ記憶素子に録画される」のと同じくらいらしい。

ナ行

  • ナムアミダブツ!
    • 作中で頻繁に使われる感嘆詞の一つ。「嗚呼!」「Oh,My God!」という感じのニュアンス。
  • ニンジャヘッズ
    • ニンジャスレイヤーのファンのこと。初心者は特に「ニュービーヘッズ」と呼ばれる。ニュービーには優しくするのがヘッズの嗜み。
  • NRS(ニンジャリアリティショック)
    • 表向き存在しないものとされるニンジャを一般人が目にした時の大多数の反応。遺伝子レベルでニンジャの恐怖が刷り込まれているため、精神的ショック症状を起こし失禁や気絶、重篤な場合は心停止まで引き起こす。
  • ニンポ
    • フィクション上での架空のニンジャによる技各種。(作中での)実在するニンジャの「ジツ」と区別する。
  • ネギトロ
    • 人体がミンチのように破壊され、オーガニック・スシのネギトロのような状態になってしまうさま。

ハ行

  • ハイク
    • 「俳句」のことだが、特に「辞世の句」を指して使われることが多い。ニンジャスレイヤーがもはや勝負の決した敵ニンジャに向けて言い放つ決め台詞「ハイクを詠め」が有名だが、実際ハイクを詠む場面はそれ程多くない。「念仏でも唱えろ」とほぼ同意義だからであろう。忍殺世界でも五・七・五の定形は存在するようで、「字余り」という言葉も出てくる。しかし作中では定形を守ったハイクはむしろ少数で、季語に至ってはまず含まれない。これもマッポーゆえか。
    • 一応、辞世の句ではないハイクも文化の一つとして存在しており、カチグミ・サラリマンの間では出世に必須のスキルである他、サブカルチャーとしてダークなモチーフを詠み込んだ暗黒ハイクというものもある。
    • トラブルで セプクをします ニンジャのせい
  • 激しく前後
    • スゴイイヤラシイ意味を持つ言葉。「激しく前後に動く。ほとんど違法行為。激しく上下に動く。あなたは共犯者」という一文で全てを察するべし。発展型にトイレ等でこっそり行う秘密前後、薬物やアルコールで相手の判断力を奪って行う薬物前後や、女性を前後目的で拉致するのに用いられる前後ワゴン、もはや言いがかりに近い正当防衛前後等、パワー溢れるワードが続々登場している。
  • 爆発四散
    • ニンジャの末路。どのような倒され方をしても最終的には「サヨナラ!」の台詞と共にしめやかに爆発四散する。ニンジャ・ソウルの憑依しているニンジャが外的要因(殆どが他のニンジャによって倒される)により、肉体がニンジャ・ソウルの供給するエネルギーに耐え切れなくなるため起こる現象である。その為、ニンジャではない人間が死んでも爆発四散はしない。またニンジャであっても病死や衰弱死の他、肉体が激しく損壊して死亡した場合においても爆発四散しないことがある。
  • 平坦
    • 平らな事を意味する日本語……なのだが、ニンジャヘッズの間ではほぼバストサイズ及びヤモト=サンのこと。
    • ニンジャ名鑑(公式キャラ紹介)で唯一平坦と描写された挙句(※他の女性キャラは作者の趣味志向が反映された世界観もありその殆どがバストは豊満)、本編での「平らな胸の女の子が好きなんですぜ!」というセリフが書籍版ではわざわざ「平坦な胸の女の子が好きなんですぜ!」と書き直されていたりと公式からも弄られ放題。スゴイ・シツレイ!

マ行

  • マッポー
    • 「末法」のこと。ニンジャスレイヤーの世界観を象徴する言葉。退廃的で、救いのない世界を象徴する。黙示録を意味するアポカリプスとかけて「マッポーカリプス」とも。

ヤ行

  • ユウジョウ!
    • 互いに呼びかけあうことによりユウジョウを確認する行為。このやり取りを行わない者はスゴイ・シツレイに当たり、ムラハチにされる。カチグミ・サラリマンの間では実際一般的な行為だが、実質的には他人への牽制であり欺瞞に満ちている。しかしこれが上手いギャップとして働いており、ヤモト=サンとアサリ=サンのように真の友情を築いた者達の間でユウジョウが交わされるシーンでは、多くのヘッズが目頭を熱くしている。
  • ヨロコンデー!
    • 「了解」の意を意味する言葉。

ワ行

  • ワザマエ!
    • 素晴らしい腕前を見せた時の賞賛の言葉。類義語に「タツジン!」がある。
  • Wasshoi!
    • ニンジャスレイヤーの気合の雄たけび。スゴイカッコイイ。作者曰く、「日本人が困難を乗り越えるために叫ぶ言葉」とのことである。

pixivに投稿された作品 pixivで「忍殺語」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 499781

コメント