ピクシブ百科事典

忍殺語

にんさつご

アイエエエ! ナンデ!? 忍殺語ナンデ!?
目次[非表示]

概要

忍殺語とは、サイバーパンク・ニンジャ小説『ニンジャスレイヤー』に登場する、アメリカ的なオノマトペや独特すぎる日本観、そして直訳的な翻訳などが入り混じった実際独特な言葉づかいである。
ここではニュービー・ニンジャヘッズ向けにその一部を紹介する。

近年、ニンジャアトモスフィアの高まりによってネット界隈で目にする機会も多くなったが、忍殺と関係ない場面で使用する事は奥ゆかしさを欠くだけでなく、何も知らない一般モータルに深刻なニンジャリアリティショック(NRS)を生じさせる実際危険な行為なので、時と場所とカラテをわきまえて使おう。いいね?

また、記事を閲覧したニンジャヘッズの諸君には随時加筆・修正を推奨する。備えよう。

代表的な忍殺語

ア行

  • アイエエエ!
    • 情けない悲鳴。主にニンジャリアリティショック状態に陥った一般人が叫ぶ。「アイエエエ! ニンジャ!? ニンジャナンデ!?」
    • ネタとしての使いやすさから、頻繁に「ニンジャ」の部分を変更した改変が行われる。その場合、「ニンジャ」の部分を変更したワードに変え「○○リアリティショック」と呼ぶ事も。
    • 派生版として「アイエッ!?」「アイエエエ……」なども存在する。
  • アイサツ
    • 挨拶。ニンジャがイクサにおいて絶対の礼儀として重んじる行為。たとえ相手が憎悪の対象であっても(それこそ肉親の仇であろうとも)、アイサツは欠かせない。古事記にもそう書かれている。
    • ①相手と一定の距離を空ける→②合掌などによって攻撃の手が止まっている事を示す→③「ドーモ、○○(相手の名前)=サン。××(自分の名前)です」と名乗り、オジギをする……というのが基本的な流れ。
    • 初対面だったり、相手の名前がわからない場合は「ドーモ、××(自分の名前)です」だけでもOK。
    • 何らかの理由で喋る事ができなかったり、そもそも人型ではないニンジャも存在するが、きちんとオジギをしたり、ショドーを使ってアイサツの意を伝えるなど、「アイサツする意思」が相手に伝わるならばシツレイには当たらない。
    • アイサツはどちらが先に行っても構わないが、アイサツされた側は必ず自分も返礼として速やかにアイサツを返さなければならない。また、アイサツをした側も自分のアイサツが終わったからと言って即座に攻撃が許されるわけではなく、相手のアイサツをきちんと待たなければならない。ただし、相手のアイサツが終わった後でさえあれば、たとえ0.01秒後に攻撃を仕掛けてもシツレイにはならない。
    • アイサツ前のアンブッシュ(不意打ち)は一度だけなら認められている。また、アイサツ中の攻撃や相手のアイサツを待たずに攻撃を仕掛ける事は「スゴイ・シツレイ」とされる、極めて卑劣な行為である。
  • アカチャン!
    • 喘ぎ声の一種。歓楽街の猥雑な看板に記されていたり、オイランパープルタコ=サンのセリフなどでよく見かける。
  • アタシいま体温何度あるのかなーッ!?
  • アトモスフィア
    • 「雰囲気」の意味を持つ英語。何かと地の文で使用されているため、この言葉を入れるだけで普通の文章も忍殺語っぽいアトモスフィアを醸し出してしまう。
  • アッハイ
    • 作中であまりの狂気に触れた人物が返したぎこちない返事。ニンジャヘッズの間では翻訳チームの強引なアナウンスや、ネタへの返答などに使われる。
  • アバーッ!
    • なんらかの致命的ダメージを受けた際に出る悲鳴。「グワーッ!」に比べて遥かに深刻で、仮に一命をとりとめたとしてもニューロンが焼けていたり、内臓が破裂していたりなど大きな傷を負っている可能性がある。
    • ダメージの受け方によって「アバッ……」「アババババーッ!」など叫び方が違う時もある。
  • アブハチトラズ
    • コトワザの一つ。本来の日本語ならば「どっちつかず」「優柔不断」を意味する言葉なのだが、忍殺では「一石二鳥」または「一挙両得」と同じ意味の言葉となる。
    • しかし、時折本来の日本語の意味としての「虻蜂取らず」が出て来る時もあり、実際ややこしい。
  • アンブッシュ
    • 「待ち伏せ」「不意打ち」の意味を持つ英語。戦闘前のアイサツはニンジャ同士のイクサにおける絶対の礼儀だが、アイサツ前のアンブッシュは一度だけ認められている。
    • このアンブッシュで爆発四散するようなサンシタ・ニンジャは、アイサツをする実力すらない弱さの持ち主という事になる。
  • いいね?
    • 原作者インタビューで発せられた「ニンジャは実在しない。いいね?」という原作者のコメントが元ネタ。念押しや言い含めの際に使われ、ニンジャヘッズの間では概ねネタをゴリ押しする時に使われる。
    • たとえ、そのネタがどんなに無理筋であったとしても、された方は「アッハイ」と答えるのが礼儀である。いいね?
  • インガオホー
    • 因果応報。忍殺世界を貫く理念であり、作中でも地の文・セリフ問わず頻繁に使われる言葉。
  • インストラクション
  • インタビュー
    • ニンジャによって行われる暴力的尋問。特にニンジャスレイヤーこと主人公フジキド・ケンジが敵ニンジャに行うインタビューは「質問に答えなければ惨たらしく殺すが、答えれば比較的楽に殺してやる」というものなので、正直に答えようが答えまいが相手は爆発四散するのみである。
  • ウカツ
    • 文字通り「迂闊」を意味するコトダマ。大抵は「ウカツ!」と感嘆符付きで使われる。
    • セリフとしては発言対象によって意味が異なり、自分自身に対して言った場合は「しまった!」、敵が言い放った場合は「バカめ!」といった意味合いになる。
  • エーラッシェー!
    • 平安時代、「スシ儀式」に用いられたという伝統と信頼のパワーワード。これを耳にした者はたちまちスシへの期待と興奮に目を輝かせる。
  • おかしいと思いませんか?
    • メンタリスト=サンの決め台詞。作中での不気味な活躍でヘッズに強い印象を残し、実際改変もしやすかったので、ヘッズの間では主に相手への突っ込みとして定着した。
    • 「○○は××ですか? おかしいと思いませんか? あなた」
  • 奥ゆかしい
    • 一般的には穏やかで一歩引いたような人柄を表すが、ニンジャヘッズの間では「素晴らしい」とか「素敵な」という意味で使われる。作中では結構な頻度で多用され、しかも本来の意味での「奥ゆかしい」が使われることもあるので実際ややこしい。
  • オタッシャデー!
    • 主に別れのアイサツとして使われる。
    • 身体に重篤なダメージを負い、もはや死は免れないという状態を「オタッシャ重点」と呼ぶ事もある。
  • オハギ
    • 現実におけるおはぎと同様のものだが、この世界では違法食品。血液中に残留するアンコが一定以上の濃度になり、かつある程度減ってくると禁断症状を起こす。実際麻薬じみた食品ではあるが、結構流通している。合法オハギなるものも存在。
  • 俺は詳しいんだ
    • 情報通を自称するような人物が知ったかぶる時によく用いられるコトダマ。ヘッズの間では知ったかぶりアトモスフィアをわざとアピールする時や明らかに馬鹿げた予想をする時に使われる。
    • 「俺は事情通なんだ」「俺は知能指数が高いから解るんだ」など、バリエーションも豊富。

カ行

  • 改善
    • 改良を加えられた物品に付く接尾語。さらに新たな改良が加えられた場合は「再び改善」にグレードアップする。
    • 一度倒されたニンジャがパワーアップして復活したり、以前登場したニンジャの上位互換めいたカラテやジツを使うニンジャが登場した際にも用いられる。
  • 囲んで棒で叩く
    • 読んで字のごとく、相手を集団で取り囲んで攻撃する行為。つまりリンチである。
    • 古事記にはイカは仲間に囲んで棒で叩かれたために全身の骨を失った」という寓話が記されている。
  • カブーム!(CABOOM!、KABOOM!)
    • 爆発を表す擬音。アメリカン・ウキヨエ・コミックめいてアルファベットで表記される。
    • より規模が大きい爆発には「KRA-TOOOM!」を用いる。
  • カラテ
    • ①体術や人体能力を駆使した技全般。空手
    • オーラ的なエネルギー概念。こちらは「血中カラテ」などと表記され、主にジツを使用するために消費するMPめいた使い方をされる。
    • ニンジャのイクサにおける基本理念として、①の力量に劣る者がイクサを制する事はまずあり得ない。
  • カラテ・シャウト
    • 攻撃や技、ジツを繰り出す際、気合を入れるために叫ぶ掛け声。「イヤーッ!」が有名。
    • ほぼ全てのニンジャが使う掛け声であり、「イヤーッ!」「イヤーッ!」とこの台詞が繰り返される表現は、激しいカラテの応酬を示す何よりの証拠である。
    • その他「キエーッ!」、「サイゴン!」、「ゼツメツ!」など、キャラによってバリエーションは実際豊富。ポエット!
  • カワイイヤッター!
    • カワイイな事物に対して叫ぶチャント。劇中に登場するアイドルユニット・ネコネコカワイイに対するファンの定番コールだが、実生活でも実際使いやすい。
  • 欺瞞!
    • 悪役ニンジャの白々しい言動に対する地の文=サンのコメント。pixivでも欺瞞的キャプションやタイトルに対して、閲覧者=サンがコメントやタグで喝破している光景がよく見られる。
    • つまり、「嘘だッ!」「嘘を言うなっ!」とほぼ同義。
  • キンボシ・オオキイ
    • 大金星。大きな手柄・功績を意味するコトダマで、元々はオスモウ界隈の言葉。
    • 対ニンジャ戦闘中に「こいつを倒せばキンボシ・オオキイだ!」などと考えるのは作中でも代表的なデス・ノボリの一つ。
    • ヤッツケター! ……グ、グワーッ!?
  • グワーッ!
    • 攻撃を受けた時の叫び声。上述の「イヤーッ!」と対応して、戦闘中に頻繁に出てくる言葉。「イヤーッ!」「グワーッ!」「イヤーッ!」「グワーッ!」と、二つの叫びが繰り返されている場合、防御も出来ぬ一方的なカラテ・ラッシュがなされている事を示す。
    • 女性の場合は「ンアーッ!」、機械の場合は「ピガーッ!」となるが、稀に女性でも「グワーッ!」を使う者がいる。
    • さらに、解説めいた派生版として「グワーッ麻痺毒!」「脳グワーッ!」などが存在する。
  • ケジメ
    • ①失敗に対する責任として自らの指を切断する行為。失敗の度合いによっては、内臓など指以外の部位をケジメする場合もある。忍殺世界では様々な組織で行われ、制裁の意味で他者から行われる事もある。
    • ②人体の一部が切断された際の形容。
  • 研修
    • ニンジャヘッズの間ではどこかに学びに行く事ではなく、「洗脳」や「調教」の隠語として用いられる。「彼らの自我は研修済みなのだ」
    • もっとも、日本のブラックと呼ばれる一部の企業では後者の意味でも間違ってな研修研修研修研修研修アッハイまなびにいくこといがいのいみはありません。
  • ゴウランガ!
    • 「素晴らしい」とか「信じられない」といった意味の言葉。結構頻繁に使われるのだが、具体的にどういう意味なのか、どこの国の言葉なのかは誰も知らない。でも響きは非常に強そうである。
    • 原作者によれば、TMNTの「カワバンガ!」に近いニュアンスの言葉だという。
  • ここまでされる謂れは無い!
    • 犯罪行為または道徳的に許されない行為を働いた者が制裁を受ける時、過剰とも言えるほどに惨たらしい仕打ちを受けている際の表現。この表現が出される時は大抵「だが考えて頂きたい」という前置きが入る。
  • コトダマに包まれてあれ
    • 死にゆく者へ贈る、鎮魂の言葉。好きなキャラクターが死んでしまった時、「コトダマ」の部分をそのキャラに縁のある事物に置き換えて使う。
  • コトワザ
    • 主として平安時代の哲学剣士「ミヤモト・マサシ」が語った格言。例を挙げると「コウボウ・エラーズ」「同じ穴のラクーン」「環境に文句を言う奴に晴れ舞台は一生来ない」などなど、多種多彩である。
    • 中には「ゴジュッポ・ヒャッポ」や「アブハチトラズ」のように本来の諺とは正反対の意味になる場合もある。
  • 古事記にもそう書かれている
    • 古事記は当然ながら実在する書物だが、ここで言う古事記は「忍殺世界の民明書房」と考えた方がわかりやすい。
    • 同義語には、コトワザに対して使われる「平安時代の哲学剣士、ミヤモト・マサシの言葉である」がある。
  • コワイ!
    • 作中で頻繁に使われる感嘆詞の一つ。実際恐ろしい。

サ行

  • サツバツ
    • 殺伐。忍殺世界を貫く理念であり、作中でも地の文・セリフ問わず頻繁に使われる言葉。
    • ②ナラク・ニンジャが発するカラテ・シャウト。ナラクがフジキドの肉体を乗っ取った状態で用いられる。
  • サヨナラ!
    • ニンジャが致命的な一撃を食らって爆発四散する間際に放つ断末魔。力むと「サヨンナラー!」となる事もある。
    • 他にも「ヤラレター!」などがあるが、こちらは生存フラグである。主人公も叫んで吹っ飛ばされているし。
  • サラリマン
    • サラリーマンの事。エリート街道を突き進むカチグミから出世コースから外れたマケグミまで、その地位は様々。
    • マケグミは非人道的な扱いを受け、かと言ってカチグミのサラリマンも安泰というわけではなく、シキタリや周囲との人間関係を上手くやり繰りしないと、ムラハチの対象にされたりマケグミに転落する恐れがある。
    • 本作の主人公であるフジキド・ケンジも、普通の人間だった頃は中流サラリマンとして妻子を養っていた。
  • ◯◯=サン
    • 英語の「Mr.」や「Mrs.」に相当する言葉。全角(=)でも半角(=)でも特に問題はない。
    • どのような悪人であっても名前を呼ぶ時は基本的に付けるのが礼儀。ニンジャヘッズの間では、コメントに対する返信においてコメント者に対して付けられる。
    • あくまで個人名に付けられるので、「ミナ=サン」などのような不特定多数などに対する使い方は誤りである事に留意したい。
  • サンシタ・ニンジャ
    • 三下。『北斗の拳』に出てくるモヒカンのように、「チンピラめいた言動をし、かつ実力的にも大した事のないニンジャ」を指す。
    • 調子に乗って相手を挑発した結果返り討ちにあったり、仰々しく実力を誇示した直後に瞬殺されたりするところも概ね同じ。
  • ジツ
    • ニンジャの持つ特殊能力。中でも個人固有のものは「ユニーク・ジツ」と呼ばれる。
    • 荒唐無稽なフィクションである「ニンポ(忍法)」と違い、過去のリアルニンジャが心血を注いで作り上げた技である。
    • あればあったに越した事はないが、あくまでカラテの力量こそニンジャの戦いに必要なものとされており、絶対的な存在ではない。これを「ノーカラテ・ノーニンジャ」という。
  • 失禁
    • ニンジャリアリティショックの初期症状。
  • 実際
    • 一般的には「本当は」の意味で使われるが、ニンジャヘッズの間では「とても」や「凄く」という意味で使われる。作中でも実際たくさん出てくる、実際使いやすい言葉。
  • シツレイ
    • 無礼な行為。アイサツを待たずに攻撃を仕掛けたり、相手の名前をわざと間違えたりするのは第一級のシツレイである。
    • ニンジャであろうとそうでなかろうと、ちょっとしたシツレイが命取りになる事は往々にしてあるので、我々ヘッズも気を付けたいところ。
  • しめやかに
    • 一般的には気分が沈んで物哀しげな様子を表す言葉として知られるが、忍殺では単純に「控えめ」とか「静かに」という意味で使われる。
    • 時には「しめやかに爆発四散!」などという表現が登場する事も……。
  • 常人の三倍の脚力
    • 多数のニンジャが持つ特殊能力。ニンジャは基本的に生身で車と並走できるほどのスピードで動け、中にはチーター並みの速度で匍匐前進するニンジャもいるので、凄いのか凄くないのかはよくわからない。
  • ショッギョ・ムッジョ
    • 諸行無常。忍殺世界を貫く理念であり、作中でも地の文・セリフ問わず頻繁に使われる言葉。
    • 実際退廃美めいたアトモスフィアを醸し出すコトワザである。
  • ジリー・プアー
    • ジリ貧。徐々に不利になる様。
    • 作中では毎回「ジリー・プアー(訳注:徐々に不利)」と注釈が付く。
  • スリケン
    • ①ニンジャの基礎的な飛び道具。ニンジャはニンジャソウルの力でスリケンを生成する事ができる。バリエーションとしてエネルギーそのものをスリケン状にして放つ「エネルギー・スリケン」、ヘビ・ニンジャクランのニンジャが用いる「アフリカ投げナイフめいた邪悪なスリケン(正式名称)」などが見られる。
    • ②本編更新の合図としてツイートされる「◆◆◆」の記号。実際スリケンに似ているので、ヘッズはスリケンマークと呼んで親しむ。
  • セプク
    • 切腹。ケジメでも償いきれないミスを犯した者には、もはやセプクあるのみ。
    • 「ハラキリ」とは明確に区別される概念であり、こちらは人柱のような意味合いが強い。
  • 備えよう
    • 公式からのアナウンスでとしてたびたび使われる言葉。割と唐突に使われる。備えよう。

タ行

  • ダイジョブダッテ!
    • 相手の心配や不安を払拭するためにかけてあげる慰めのコトダマ。が、本編中でこれが出てくる状況はだいたい大丈夫ではない事が多い。
    • 「ダイジョブダッテ! チャメシ・インシデントダッテ!」
  • チャメシ・インシデント
    • 日常茶飯事。「日本のチャブにチャとメシが出てくるくらいいつも通りの事」という例え。
  • ちょっとやめないか
    • 立ち退きに対する抗議デモのプラカードに書かれていた言葉。そこから転じて、相手に対して自重を求める意味の言葉として登場するようになっていった。ヘッズの間では「おいやめろ」めいた意味で使われている。
  • ツキジめいた
    • 惨殺死体や死屍累々の光景を、マグロやその他海産物の死体が転がる漁港になぞらえて形容したコトダマ。
  • ドゲザ
    • 土下座。謝罪、降伏あるいは忠誠の意思を示し相手に慈悲を乞うための動作。ケジメやセプクのように命に関わるようなものではないが、一生の恥として残るためある意味ではケジメの方がマシとも言える。
    • どれくらいの恥かというと、「無理やり母親とファックさせられ、その光景を記憶素子に録画される」のと同じくらいらしい。

ナ行

  • ○○な
    • な止め言葉。作中では場面や時間の切り替わりや単語の体言止めなど、様々な場面で実際使われており、忍殺世界独特の文法表現の一つとなっている。
  • ナムアミダブツ!
    • 作中で頻繁に使われる感嘆詞の一つ。「嗚呼!」「Oh,My God!」という感じに、絶望的な場面に出くわした際のニュアンスとして使われる。類義語に「ナムサン!」「オオ、ブッダ!」などがある。
  • ニンジャクラン
    • ニンジャの流派。例えばニンジャスレイヤー=サンは「ドラゴン・ニンジャクラン」に属している。
  • ニンジャスラング
    • 遠い昔、当たり前に存在していたリアルニンジャたちが非力なモータルを脅しつける際に用いていたパワーワード。「シャラッシェー!」「ズガタッキェー!」「ダマラッシェー!」「ヒカエオラー!」などが存在する。
    • ヤクザスラングの先駆けとも言うべき存在で、か弱いモータルが聞けば命を落とす事は必至。
  • ニンジャヘッズ
    • ニンジャスレイヤーのファン。略称は「ヘッズ」。初心者は特に「ニュービー・ヘッズ」と呼ばれる。ニュービーには優しくするのがヘッズの嗜み。
    • 忍殺への愛が強すぎて忍殺に対する知識が実際豊富になった者は「重篤ヘッズ」に昇格する。
    • 一説によると、重篤ヘッズがさらにヘッズの道を究めるとニンジャソウルを宿したり、あるいはリアルニンジャへの道を歩み始めるらしい。俺は詳しいんだ!
  • ニンジャリアリティショック(NRS)
    • 表向き存在しないものとされるニンジャを目にした大多数の人間の反応。
    • モータルには遺伝子レベルでニンジャの恐怖が刷り込まれているため、精神的ショック症状を起こし失禁や気絶、重篤な場合は心停止まで引き起こす。モータルでも日常的にニンジャと接する機会が多い者、強靭な精神力を持つ者はニンジャリアリティショックを発症しにくい。
    • 転じて、ヘッズの間では何か非常に衝撃的な物を目にした際に「○○・リアリティショック」と改変して表現する事がある。
  • ニンポ
    • フィクションにおける架空のニンジャが使う超能力めいた技。「ジツ」とは明確に区別される概念である。
    • 街中でポーズを取って「ニンポを使うぞ! ニンポを使うぞ!」などと叫べば、狂人扱いされる事は必至。
  • ネギトロ
    • 人体がミンチのように破壊され、オーガニック・スシのネギトロのような状態になってしまう様。詰まる所がR-18Gである。コワイ!

ハ行

  • ハイク
    • 所謂俳句の事だが、特に「辞世の句」を指して使われる場合が多い。
    • ニンジャスレイヤーが敵ニンジャに向けて言い放つ決め台詞「ハイクを詠め」が有名だが、実際ハイクを詠む場面はそれほど多くない。「念仏でも唱えろ」とほぼ同意義だからであろう。
    • 忍殺世界でも五・七・五の定形は存在するようで、「字余り」という言葉も出てくる。しかし作中では定形を守ったハイクはむしろ少数で、季語に至ってはまず含まれない。ニンジャによっては自分の敗北を美化しようとする卑しい行為と断ずる者もいる。
    • 一応、辞世の句ではないハイクも文化の一つとして存在しており、カチグミ・サラリマンの間では出世に必須のスキルである他、サブカルチャーとしてダークなモチーフを詠み込んだ「暗黒ハイク」というものもある。
  • バカ
    • そのまま罵倒に使われるコトダマだが、ニンジャスレイヤーの世界では現実世界のそれよりも強烈な罵倒語として機能している模様。
    • また、これへの返し言葉ではないが「バカハドッチダー!」というこれまた強烈な罵倒に使われるコトダマが存在する。
  • 激しく前後
    • スゴイ・イヤラシイ意味を持つ言葉。「激しく前後に動く。ほとんど違法行為。激しく上下に動く。あなたは共犯者」という一文で全てを察するべし。
    • 発展系として、トイレなどでこっそり行う「秘密前後」、薬物やアルコールで相手の判断力を奪って行う薬物前後、女性を前後目的で拉致するのに用いられる前後ワゴン、もはや言いがかりに近い「正当防衛前後」など、パワー溢れるワードが続々登場している。
  • 爆発四散
    • ニンジャの末路。どのような倒され方をしても、最終的には「サヨナラ!」の台詞と共にしめやかに爆発四散する。
    • ニンジャに憑依しているニンジャソウルが重篤なダメージに耐えきれず暴走して起こる現象である。そのため、ニンジャでない人間が死んでも爆発四散はしない。
    • また、ニンジャであっても病死、衰弱死、肉体があまりに激しく損壊して死亡した場合は爆発四散しない事がある。
  • 遥かに良い
    • 薬物接種による酩酊状態にある事を表現するコトダマ。
    • 「アーイイ……遥かに良い……」
  • フーリンカザン
    • 「自然環境や周囲の状況を味方につけ、戦闘を有利にするべし」という教え。古代のリアルニンジャは自然界のエレメントと実際にコネクトし、ジツを用いていたとされる。
    • 例を挙げると「盛大に土煙を上げて敵の視界を塞ぐ」「長大な武器を持つ敵に対して室内戦を挑み、リーチを封じる」など。
  • フィーヒヒヒ!
    • 忍殺屈指の変態ニンジャ、モスキート=サンがハッスルした際に叫ぶ笑い声。劇中におけるモスキート=サンのヤバイ級変態アトモスフィアにあてられたヘッズ諸氏に愛用されており、カワイイ重点なキャラクターが「ンアーッ!」しちゃうような場面では紳士ヘッズに重点使用されている。
  • ブディズム
    • 仏教。忍殺世界の仏教は現実におけるキリスト教並みにメジャーな宗教で、反仏教を掲げる「アンタイブディズム・ブラックメタルバンド」や「スカム禅問答」など、文化面にも根強い影響がある。
    • 特に熱心な仏教徒は「ブディスト」「ボンズ」と呼ばれるが、官僚やヤクザ組織と癒着する腐敗ブディスト・腐敗ボンズも数多い。
  • 平坦
    • 貧乳」の奥ゆかしい言い換え。転じて、ヤモト・コキ=サンの愛称。
    • ニンジャ名鑑(公式キャラ紹介)で「唯一」と解説された挙句(※他の女性キャラは、作者の趣味志向が反映された世界観もありその殆どが豊満)、本編での「平らな胸の女の子が好きなんですぜ!」というセリフが書籍版ではわざわざ「平坦な胸の女の子が好きなんですぜ!」と書き直されたりと、公式からも弄られ放題。スゴイ・シツレイ!
  • ベイビー・サブミッション
    • 「赤子の手をひねる」。アカチャンに関節技をかけるのと同じくらいたやすい事である、という意味のコトワザ。
  • ヘッズスラング
    • 本編ではあまり使われないか、あるいはニンジャヘッズ間で用いられる二次創作めいたコトダマをネタや決まり文句として使用したもの。
    • ニュービー・ヘッズは忍殺語とヘッズスラングを混同しやすいので奥ゆかしいインストラクションを施す必要があるが、中には作中で実際使われている忍殺語もヘッズスラングとして輸入される事があり、実際ややこしい。
    • 例としては「オツカレサマドスエ!」「デスノボリ」などがヘッズスラングで、忍殺語と混同されやすいものとしては「アイエエエ!」「アッハイ」「俺は詳しいんだ」などが当てはまる。

マ行

  • マッポ
    • 警察官、もしくは警察そのものを指すスラング。捜査官は「デッカー」と呼ばれる。
  • マッポー
    • 末法。本来は仏教用語で、救いのない状態や、堕落・腐敗した社会などを意味する。
    • ネオサイタマ市民の退廃的な生活風景や、ニンジャによって引き起こされる阿鼻叫喚めいた暴虐に対し、「これもまた古事記に記されしマッポーの一側面だとでもいうのか?」という風に用いられる。
    • 黙示録を意味する「アポカリプス」とかけて「マッポーカリプス」とも。
  • 無軌道大学生
    • クラブに入り浸ったり、自サークルに勧誘した女子生徒と前後行為に及ぶなど、退廃的に日常を過ごしている大学生。センタ試験に合格し大学に行く事自体が一つのステータスであるため、必然的に学内における支配階級に位置する事も多い。
    • この手のフィクションのお約束として、大概ニンジャの犠牲になって死ぬ。
  • ムラハチ
    • 陰湿な社会的リンチで、現実世界で言ういじめパワハラに該当する行為である。組織の和を乱す者はムラハチの対象にされ、実際ムゴイ仕打ちを受ける事となる。
    • ムラハチは会社や学校だけでなく、犯罪組織の中にまで存在する。そのため、カチグミ・サラリマンなどの優れた人物でさえこのムラハチを恐れている。
  • ~めいた
    • 「~のような」といった意味。作中では「実際」に次いで頻繁に使われている。
  • メンポ
    • 面頬。ニンジャが身に着けるフェイスガード。ニンジャソウルの力で生成したり、自分で作ったり、マフラーなどで代用したりする。
    • ニンジャスレイヤー=サンの口元を覆う「忍」「殺」の文字が刻まれたメンポは、「ニンジャ殺しのニンジャ」のシンボルとして世に知れ渡っている。
  • モータル
    • ニンジャではない存在。ニンジャが一般人を指し示す蔑称。
    • 時間に縛られ寿命で死ぬ「死すべき定め(mortal)」の者という意味であり、ファンタジー作品に良く見られる概念めいたなんかである。
    • 年を取らず不死に近しいニンジャには、一般人など同じ生物として認識できない場合が大半なのである。

ヤ行

  • ヤクザスラング
    • 忍殺世界でヤクザが使用するスラング。「ザッケンナコラーッ!」「スッゾコラー!」「チェラッコラー!」「ルルァックァラー!」「ワドルナッケングラー!」「ワメッコラー!」「ドカマテッパダラー!」などなど、罪なき市民が聞いたら失禁必至の凶悪言語である。
    • 上記にもあるように、このコトダマのプロトタイプめいた存在として「ニンジャスラング」が存在する。
  • ヤバレカバレ
    • やぶれかぶれ。追い詰められた者が悪あがきする様子を表すコトダマだが、なぜかこう表記される。
  • ヤメロー! ヤメロー!
    • 強い拒絶を表すコトダマ。しかし、このセリフを発した登場人物は大抵惨たらしく殺されてしまうので、これを叫ぶのはデス・ノボリである。
    • 類義語に「ヤメテ!」が存在し、こちらはより切羽詰まった状況や命乞いをする際に使われる。
  • ヤラレター!
    • ダークニンジャ=サンがフジキド=サンのヒサツ・ワザを受け続けて敗北した際に放ったコトダマ。
    • 具体的には「グワーッ!」よりもダメージは大きいが、「アバーッ!」ほど重篤なダメージではなく、生存フラグの一種になる事が多い。
    • なお、書籍版及びアニメイシヨンでは「ヤ! ラ! レ! ターッ!」と表現されている。
  • ユウジョウ!
    • 互いに呼びかけあう事によりユウジョウを確認する行為。このやり取りを行わない者は、スゴイ・シツレイであるとしてムラハチにされる。
    • カチグミ・サラリマンやヤンクの間では実際一般的な行為だが、実質的には他人への牽制であり欺瞞に満ちている。しかしこれが上手いギャップとして働いており、ヤモト=サンとアサリ=サンのように真の友情を築いた者たちの間でユウジョウが交わされるシーンでは、多くのヘッズが目頭を熱くする。
  • ヨタモノ
    • ヤクザでもニンジャでもない悪者。不良グループ、強盗、通り魔など。
    • センタ試験を巡る過酷な競争からドロップアウトしたために不良化した若者が結成した「ヒョットコ強盗団」などが有名。
  • ヨロコンデー!
    • 「了解」の意を意味するアイサツ。

ワ行

  • ワザマエ!
    • 技術が優れている事を指す賞賛の言葉。類義語に「タツジン!」がある。
  • Wasshoi!
    • ニンジャスレイヤーがよく叫ぶ気合の雄叫び。スゴイ・カッコイイ。
    • 作者曰く、「日本人が困難を乗り越えるために叫ぶ言葉」との事である。
  • ンアーッ!
    • 「グワーッ!」の女性版。カワイイ人物がスゴイ・イヤラシイ事態に陥った時もこの叫び声を発する事が実際ある。


余談

「忍殺語」という表現は「『ニンジャスレイヤー』に登場する奇妙な言い回しを、ファン以外の人間が面白おかしく解釈する」というネタ的なニュアンスを含んでいるため、実際に重篤なニンジャヘッズ同士がこれらの言い回しについて評論しあう場合には「コトダマ」という語句を使用する事が推奨されている。

リレーティッド・タグ

ニンジャスレイヤー 忍殺

pixivに投稿された作品 pixivで「忍殺語」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2026078

コメント