ピクシブ百科事典

目次[非表示]

手裏剣とは、小形の刀剣様などの様々な形状を持つ武器である。

概要

「“手”の“裏”」という字で表されている通り、手に収まる程度の大きさの鉄製の刃の付いた板や、針状の細い鉄の棒などで、主に相手に投げ放って使う投擲武器の一種である。

そのルーツについては未だよく分かっておらず、一説には中国の投擲用短刀である暗器(ヒョウ)」を源流とするという話もある。
また暗器という特性上、毒を塗っておくこともある。

形状

形状については様々にあり、大きく分けて「平型」(車剣)と「棒型」の2種がある。
最も有名なのが平型手裏剣の「四方手裏剣」であろう。
その他、六方手裏剣・八方手裏剣・十字手裏剣・卍手裏剣・三光手裏剣・糸巻手裏剣などがある。
しかし、現実に多く使われていた手裏剣はむしろ棒型手裏剣であり、平型手裏剣は威力を削いで命中率を上げた改良品である。しかし稽古を積まなければ平型であっても標的に突き刺す事は至難であり、“金属の塊が高速で突き刺さる”という事もあって、平型でも殺傷力は十分にある。ただし飛翔音が発生し、隠密性は低い。

攻撃力

有効射程距離は7〜8mとに比べて非常に短い。
しかし、その威力は達人ともなれば棒手裏剣でを貫通する(37mm口径の大型拳銃並み)という凄まじいものとなる。現代での実験では、濡れた電話帳に深く突き刺さり、未開封のビール缶も貫通、さらに的に使ったスイカを貫通した際には内部の果肉がグチャグチャに破壊されるという検証結果が出た。

×投げる→○打つ

手裏剣で攻撃することを専門用語で「打つ」あるいは「打剣」という。
これは名前通り手裏剣は「剣」であるためというのが理由の一つとされている。
ただし、一般には聞き慣れない言葉であるため、小説などではあえて「投げる」「飛ばす」といった分かり易い表現・表記をすることが多い。
打ち方は先端を標的に向けて投げる『直打法』、先端を持って飛んでいく最中で先端を回転させる『反転打法』、車剣のように回転させながら放つ『回転打法』がある。

手裏剣=忍者?

手裏剣が忍者の武器として認知されて久しいが、実はそんなに頻回に使うものではなかったという。
その携帯性の高さから実際に使用していたようだが、携行したのはほんの数枚程度で、漫画映像作品のように大量に持ってばら撒いたりはしないらしい。そもそも忍者が手裏剣を使うときは不意打ちや足止めなどの牽制のときであり、隠密鬼道を身上とする忍者にとって、重荷となったり擦れて音の鳴る鉄製の武器を多量に持って歩くことは好ましいものではなかったという。なお、四方手裏剣などの平型はその構造ゆえに「容積が広い」という欠点があるため携帯にも向かない。

また手裏剣を扱うことは「手裏剣術」という立派な武術としても確立されており、近年になって扱われる手裏剣の扱いはこうした武術流派を参考資料とした影響が大きい。
なお、手裏剣の「ばら撒き殺法」を最初にやったのは昭和の時代劇『隠密剣士』で、番組プロデューサーが見栄えを重視して考案した演出なのだという。

どちらかと言うと忍者が携帯していたのは万能ナイフ、または工具的側面の強い苦無であったようだ。

関連タグ

忍者 武器 折り紙

pixivに投稿された作品 pixivで「手裏剣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 198493

コメント