ピクシブ百科事典

ロックマンX2

ろっくまんえっくすつー

ロックマンXシリーズの2作品目である。2011年12月27日にwiiのバーチャルコンソールでダウンロード配信をスタートした。
目次[非表示]

概要

カートリッジに特殊拡張チップ『CX4』を搭載しており、ワイヤーフレームによる描写ができるようになった。その為、OPデモや一部キャラクターはワイヤーフレームが使われている。
このチップの搭載の為か隠しコマンドで『CX4』のチェックモードを見る事ができる。ちなみにカートリッジの接触が悪い場合にエラーメッセージが出る事がある(おそらく拡張チップ自体がコピープロテクトの機能もある為と推測される)。
この拡張チップは本作と『ロックマンX3』のみに使われている。
今のところ、リメイクや他機種への移植(バーチャルコンソールを除く)の存在はみられない。
ステージ乱入型ボスの登場とその倒し方でその後の展開が変わる仕様が新たに追加された。


ストーリー

ロックマンXの事件から半年後。一度は減少したかに見えたイレギュラーは増加の一途をたどり、各地でイレギュラーハンターの基地が破壊されるという事件が起こっていた。その事件を起こしているイレギュラーは人工的に作られたイレギュラーであり、その制御チップには滅んだはずのシグマのマークが刻まれていた。
第17部隊の隊長となっていたエックスはそのイレギュラーを製造しているという基地の破壊に赴き、それに成功するが、さらに各地で特Aクラスのレプリロイドが反乱を起こした。その背後には、「カウンターハンター」と呼ばれる3体の謎のレプリロイドの姿があった。
一方、大破したゼロは頭脳チップが奇跡的に無傷であったが、ボディの修復はケイン博士にも不可能であり、基地にそのまま保管されていた。だが突如、首謀者であるカウンターハンターから通信が入り、「自分たちと一騎打ちを行え。もし、勝利したらゼロのボディを渡そう」という宣戦布告が行われた。
ゼロのボディの行方と、カウンターハンターの正体を突き止めるため、エックスは新たなる戦いに挑む。

登場キャラクター

エックス
ゼロ
ケイン博士
アジール
サーゲス
バイオレン
ブラックゼロ
シグマ
クリスター・マイマイン
バブリー・クラブロス
ワイヤー・ヘチマール
フレイム・スタッガー
マグネ・ヒャクレッガー
メタモル・モスミーノス
ホイール・アリゲイツ
ソニック・オストリーグ
ネオシグマ
シグマウィルス

関連イラスト



関連タグ

ロックマンX

pixivに投稿された作品 pixivで「ロックマンX2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100562

コメント