ピクシブ百科事典

チャクラム

ちゃくらむ

インド発祥の投擲武器の一種。 外側に刃の付いた金属製の「投げ輪」で、これを指に引っかけて飛ばす。 正式な投げ方については不明だが、切れ味は凄まじい。 インド神話の三大神の一柱・ヴィシュヌ神の使う神器でもある。
目次[非表示]

チャクラムとは、古代インドで使われていた投擲武器
別名「戦輪」「飛輪」「円月輪
投擲武器としては珍しい「斬る」事を目的とした武器でもある。

概要

全長10~30cm程度。中心に穴のあいた金属製の円盤の外側にが取り付けられており、輪の内部に主に人差し指を入れて回転させ、勢いを付けて投げるのが一般的とされている。
また、円盤を指で挟んで投げるという方法もあるが、実際には正しい投擲方法は不明である。
射程距離は大体30~50m程であり、その切れ味は30m先にある直径2cmのを切断する程である。
インド神話の三大神の一柱・ヴィシュヌ神もこれを自らの武器としている。

(参考)似て非なる物

チャクラムとよく混同される武器に、中国の乾坤圏(けんこんけん)がある。手に持って使う環状の投擲武器という点では同じだが、チャクラムが刃の付いた「斬る」武器なのに対して、乾坤圏は打撃(殴る)武器である。
紛らわしいが、仮面ライダー龍玄仮面ライダー鎧武)のキウイアームズはこちらに当たる。
詳細は各項参照のこと。

Shangxiang
Kiwi Arms



主な使い手

平滝夜叉丸落第忍者乱太郎)※メイン画像の人
コレット・ブルーネルテイルズオブシンフォニア
エウロパ聖闘士星矢Ω
シラットベルセルク
アクセルキングダムハーツ
中村剛太武装錬金

関連イラスト

猫盾
ティンカーベル



関連タグ

武器 暗器
手裏剣 投げナイフ 輪刀
ヴィシュヌ 神器
ウルトラスラッシュ/八つ裂き光輪

pixivに投稿された作品 pixivで「チャクラム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 158867

コメント