ピクシブ百科事典

ヴィシュヌ

ゔぃしゅぬ

ヴィシュヌ(Visnu,Vishnu)はインド神話に登場する神。
目次[非表示]

概要

ヴィシュヌは現在のヒンドゥー教において、シヴァと並ぶ最高神として崇められる存在。
トリムールティ(三神一体)の中で“維持、修復”を司る強力な神であり、助けを求める人々に救済をもたらす正義の神とされる。
ヴァイクンタを住居、ガルーダを乗騎、ラクシュミーを妻とし、神を鼓舞し魔を脅かすパンチャジャナ(法螺貝)、邪悪を弱め毒を中和するスダルシャナ(チャクラム)、不思議な力を持つカウモダーキー(棍棒)、太陽の矢を放つシャールンガ()、パドマナーバ(蓮華)、ナンダカ()を持つ。

ヴィシュヌの語源はvis(行きわたる、遍満する)という動詞で、『リグ・ヴェーダ』の頃の太陽の光輝を神格化した神としての性格を表す名である。『リグ・ヴェーダ』におけるヴィシュヌはを闊歩する神として描かれるが、特に重要な存在ではなく、その勢力を強めるのはブラーフマナ文献でシヴァと並んで言及されてからだという。
さらに時代が下って叙事詩やプラーナ文献が作られたことでヴィシュヌの最高神としての地位と民衆からの信仰は絶対的なものになる。
叙事詩の中でヴィシュヌはナーラーヤナ(宇宙の上を住居とする者)とクリシュナ(黒い神)と同一視されるが、前者からは世界の終わりの時、に浮かぶシェーシャ(ナーガの王)の上で眠り、覚醒と共に世界を再構成する創造神としての性格を、後者からは実在の人物がルーツとされるクリシュナを崇めるマトゥラー地方のヴリシュニ族の強力な信仰形態を吸収したことで、ヴィシュヌ信仰がインド全土に爆発的に広がる契機となった。

『マハーバーラタ』ではヴィシュヌとガルーダの出会いが記されており、アムリタを奪ったガルーダとヴィシュヌは交戦するも決着がつかず、ヴィシュヌはガルーダに“不死と高い地位を約束する代わりに自分のヴァーハナになる”という条件を出し、ガルーダはこれを受けてヴィシュヌの乗り物になったという。また、同叙事詩の第六巻に収録された『バガヴァッド・ギーター』として扱われる戦争前のアルジュナとクリシュナの対話のくだりでは、全宇宙を内包する絢爛と強壮に満ちた姿を持ちながら両軍の将兵を食らい尽くす大いなる時間、世界の終末を体現するヴィシュヌ(ヴィシュヴァ・ルーパ)の姿をクリシュナが幻視の形でアルジュナに見せている。

アヴァターラ

アヴァターラ(化身)思想もヴィシュヌ独特の性格である。
『バガヴァッド・ギーター』には「もろもろの善を行う者たちを守る為に、アダルマ(悪・不道徳)を行うものたちを滅ぼすために、ダルマ(正義・道徳)を打ち立てるために、私はそれぞれのユガ(世界期)に出現する」というヴィシュヌの発言がある。この言葉通り、ヴィシュヌは世界がアダルマに覆われそうになった時、自身の一部を様々な存在に化身させて顕現し、苦しむ人々を救うという。
アヴァターラの種類は最大で22種類が数えられるが、一般的なものは10種
1.]マツヤ(魚)
大洪水を予言し、賢者マヌを始めとする七人の聖者を救う。
2.クールマ(亀)
乳海攪拌の際に、万物をすり潰すマンダラ山の受軸を担う。
3.ヴァラーハ(猪)
大地が魔神・ヒラニヤークシャによって海底に沈められた時、大地を引き揚げて魔神を撃破する。
4.ヌリシンハ(人獅子)
三界を支配した不死身の魔神・ヒラニヤカシプを八つ裂きにする。
5.ヴァーマナ(小人)
神々から三界を奪ったアスラ・バリから、宇宙を三歩で横断することで支配権を奪い、バリを地界に封じ込める。
6.パラシュラーマ(斧を持つラーマ)
増長したクシャトリヤ族の王・カールタヴィーリヤを討つ。格闘技カラリパヤットの北派(ワダッカン)の祖ともされる。
7.ラーマ
地上を席巻したラクシャーサの王・ラーヴァナを撃破した叙事詩『ラーマーヤナ』の英雄。
6番目の化身であるパラシュラーマとの混同を避ける為「ラーマチャンドラ」と呼ばれる事もある。
8.クリシュナ
叙事詩『マハーバーラタ』では強壮な勇士として登場する。戦友アルジュナに自身の神としての本性を明かして説いた部分は『バガヴァッド・ギーター』と呼ばれ、宗派を問わず尊重される。
9.ブッダ(仏陀)
魔神や悪人達を間違った教えで唆し、ヴェーダの教えから遠ざけ地獄に落とした仏教の開祖。
他のアヴァターラに比べて、対立宗教へのネガティブキャンペーンの色が強い。
10.カルキ
アヴァターラの中で唯一「未来に出現する事を預言されている」存在。法・道徳が荒廃したカリ・ユガに顕現し、全てのアダルマ(不法)を滅ぼしてダルマ(法)を再興する。

また化身は、各地の神々や民間信仰の英雄・動物をヴィシュヌとして取りこむことにも一役買っている。
特に第八の化身クリシュナは、バクティ(神に対する献身的愛)による輪廻からの脱却、モクシャ(解放)の達成を確立した存在として絶大な人気を博すことになる。

女神転生のヴィシュヌ

シリーズを通して化身も含めてほぼ全作品に登場しており、“ヴィシュヌ”の名での初登場作品はFC版「女神転生Ⅱ」で、魔神種族の上位悪魔として扱われる。
クリシュナは前作『女神転生』の時点で既に登場しており、以後の作品でも“クリシュナの姿を取ったヴィシュヌ”として登場・解説されている。

能力では一歩譲ることもあるが、シヴァと双璧をなす最強の仲魔というポジションを保持し続けている。

物語に絡むこともあり、「真・女神転生」で東京水没後の都庁においてラーヴァナと相対し、主人公と協力または敵対したり、デジタルデビルサーガ2で世界の存続を賭けて主人公と死闘を繰り広げたりしている。

ドラマ版デビルサマナーでは重要な役割を持つ。

インド勢


ペルソナ」のヴィシュヌ

異聞録では皇帝のアルカナであり、上記のヴィシュヌと違って憤怒相の仮面を被った灰色のピエロ姿をしている。
pixiv内ではピアスの少年といっしょに描かれることも。

ぺるそな。


また、女神異聞録ペルソナではCMに登場しているし、



ソフトのプリント面には横顔がプリントされている

なお、女神異聞録ペルソナでヴィシュヌを召喚するために必要なアイテム<封神具>の名前が、アヴァターラと言う。

真・女神転生ⅣFINAL」のヴィシュヌ

直接の登場はしないが、多神連合を束ねる魔神クリシュナが、己の≪神殺し≫として拉致したフリンと一体化することで、ヴィシュヌフリンの姿を取る。
“ヴィシュヌ”と銘打たれているが、元となったフリンの容姿を持ちながら黒い神クリシュナの形質を反映するように金色と黒色のツートンカラーである。
言葉と人間の“観測の力”であらゆる事象を縛り支配するYHVHの影響が及ばない≪宇宙の卵≫の中で顕現したクリシュナ本来の姿であり、『バガヴァッド・ギーター』の全てを終末に導く苛烈な神性、カリ・ユガ(末世)に幕を引き世界を新生させる化身の一柱・カルキの如く激しい闘争の力を備える。
当初は異形ながらも蓮華を右手に携えた優雅な姿を取るが、主人公の猛攻を受けて殺意を漲らせ、四腕にそれぞれ光刃を握る攻撃的な形態へと変化する。

関連タグ

インド神話 太陽神 維持神
クリシュナ ガルーダ ラクシュミー 青面金剛

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴィシュヌ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135372

コメント