ピクシブ百科事典

時代劇

じだいげき

明治維新前後より前の日本が舞台の創作作品。
目次[非表示]

時代劇とは、創作におけるジャンルの一つである。

解説

主に【近世前後の日本を舞台とした物語】を指す。実写アニメ漫画演劇などを包括する。小説については時代劇ではなく「時代小説」と呼ばれることが多いが、このジャンルに包括して考えることができるであろう。

戦国時代明治維新辺り(特に文化・文政期の江戸幕末)を舞台としたものが多く、南北朝時代以前や明治時代中期以降を題材とした作品は時代劇というより『歴史ドラマ』とカテゴライズされることが多い。

『時代劇』に分類される物語に多く見られる特徴

  • 戦国時代明治維新前後までの日本を舞台としている。
  • 時代背景に沿った設定・シナリオで物語が動く。
  • 特定の人物よりも、集団や事件を中心に物語が進む。

……等々(無論、例外は数多くある)

作品一覧

実写

※原作は小説・漫画・演劇など他ジャンルのものであることが多い。


演劇

国定忠治

アニメ・漫画

※実写化されたものもある
あんみつ姫 犬夜叉 アッパレ戦国大合戦 シグルイ どろろ もののけ姫 無限の住人 へうげもの  赤胴鈴之助

ゲーム

鬼武者 がんばれゴエモン 戦国BASARA

特撮

仮面の忍者赤影 変身忍者嵐 快傑ライオン丸 風雲ライオン丸

テレビ時代劇・絶滅の危機

実写時代劇については、中心的視聴者層の高齢化、大道具・小道具等の制作や調達の困難化、開発による日本の景観破壊によりロケ地の確保が困難になったことなどから、時代劇の製作数は先細りの傾向にあり、「時代劇作りのノウハウが失われている」という声も多数存在する。

実際、時代劇に使用された舞台セットの制作技術・技法は非常に緻密かつ高度なものが多く、CG技術では補い切れないリアリティある質感を表現することが出来ることから、技術の喪失を惜しむ声は多い

さらに時代劇はフィルム撮影ならびにVTR撮影からハイビジョン撮影に移行する際に画質による違和感が出てくる事も散見された。これは前者が単にSD画質だからハイビジョンにそぐわないというわけではなく、むしろそのなのである。特に夜のシーンの撮影だとくっきりしすぎてしまう等リアリティや迫力に欠ける画になってしまうのである。
そこでハイビジョン化が進んだ現在では時代物ドラマではフィルム撮影の質感を再現する補正が加えていたりする。

近年、テレビ放送を前提とした新作時代劇は少なくなり、新作は映画へと移行する傾向がある。なお、アニメについては映像表現やロケ地等の制約がなく、若年層への訴求力が期待できるとあって、近年はアニメによる時代劇の制作がむしろ盛んである。

関連タグ

歴史 殺陣 
悪代官 山吹色の菓子
エンターテインメント作品のジャンル一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「時代劇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1889837

コメント