ピクシブ百科事典

大久保利通

おおくぼとしみち

明治維新の元勲、薩摩藩士。初代内務卿として明治初期の政治・外交・軍事を牛耳り、日本の近代国家としての基盤を築いた。
目次[非表示]

概要

文政13年(1830年)8月10日~明治11年(1878年)5月14日

明治維新の元勲であり、西郷隆盛木戸孝允と並んで維新の三傑と称される。旧名は一蔵。甲東と号した。初代内務卿として明治新政府の政治外交軍事を牛耳った辣腕ぶりが有名である。大久保の実行した急進的国政改革に反発する士族に襲撃を受け斬殺される。

薩摩藩士時代には西郷隆盛らと精忠組を結成し、実権を握る藩主の父・島津久光に藩政改革の建白書を提出して側近に抜擢され、小松帯刀らとともに久光に重用される。
文久2年(1862年)には公武合体]を目指し、京において岩倉具視らと朝廷工作を行い、一橋慶喜の将軍後見役就任、越前藩主・松平慶永の政治総裁職就任の運動を進めた。

慶応2年(1866年)、長州との同盟が秘密裏に結ばれたことにより、薩摩藩は第2次長州征討を拒否、幕府軍は高杉晋作率いる奇兵隊による奇襲攻撃と大村益次郎の軍略に苦戦、そうこうするうちに京において幕府軍の指揮をとっていた将軍徳川家茂が病死したことにより、幕府軍は長州より撤退した。
慶応3年(1867年)、小松帯刀とともに「四候会議」を主宰するも、将軍・徳川慶喜が会議を頓挫させたため、公武合体策をあきらめ武力による倒幕を決意。同年10月、倒幕の密勅(偽造されたものとの説もある)を得たことにより、西郷隆盛率いる新政府軍は江戸へと進軍、総攻撃を前に西郷と幕臣・勝海舟が会談、慶応4年(1868年)4月11日、将軍・徳川慶喜は寛永寺において謹慎、江戸城は無血開城し、ここに江戸幕府は滅亡した。

明治新政府では参議大蔵卿内務卿を歴任。木戸孝允と共に版籍奉還廃藩置県を敢行して新政府の基礎を固める。

明治4年(1871年)から明治6年(1873年)にかけて右大臣・岩倉具視率いる岩倉使節団に参加しヨーロッパ・アメリカに視察・滞在するが、この間国内にとどまった西郷隆盛ら留守政府による明治六年の政変が勃発。西郷らが推進する「征韓論」に太政大臣三条実美は追認することとなっていた。しかし、ここで岩倉具視・大久保利通、木戸孝允らが帰国、岩倉・大久保らは西郷らが主導する「征韓論」に反対し紛糾、採決の末、反征韓論派が勝利した。これにより、西郷らは敗れて下野し、大久保は政権を担って地租改正殖産興業を推進した。

明治7年(1874年)に新政府が行った台湾派兵では、清国イギリスの反発を招き、国際関係が緊迫したため、8月に大久保は勅命を奉じ、全権弁理大臣として北京に赴き清国政府と交渉して和議を成立させた。

明治9年(1876年)になると萩、秋月、佐賀、熊本で不平士族による反乱が頻発、新政府は故郷・鹿児島に帰って「私学校」を創設、教育事業を起こしている西郷に疑惑の目を向けて密偵を西郷のもとに放ったが発覚、密偵が「西郷暗殺」を目指していたこと(とされること)に激怒した私学校の生徒たちは政府が管理する武器庫を襲撃、これを引き金として、明治10年(1877年)3月、西郷は軍勢を率いて東京への進撃を開始し、半年に及ぶ西南戦争が始まった。

西郷軍は熊本城に籠もる谷干城に降伏を勧告するが、谷はこれを拒否し籠城戦が始まる。しかし、西郷軍が熊本城に手間どっている間に政府軍は福岡・大分・八代から西郷軍を攻撃、これらの攻勢に耐え切れずに西郷軍は瓦解、明治10年(1877年)9月1日、鹿児島の城山において西郷が自刃したことにより西南戦争は終結した。

西南戦争の翌年、明治11年(1878年)5月14日、紀尾井坂(東京都千代田区)にて暗殺される、暗殺直前、西郷からの手紙を読んでいたという。
墓所は東京都港区の青山霊園にある。

この時、ロンドンタイムスは「大久保利通氏の死は日本国の不幸である」と報じる。

余談

  • 西洋かぶれとして知られ,明治初期にあってはとても西洋風の生活をしていた。洋装を日常で着、オートミールとコーヒーの朝食を摂り,洋館に住んでいた。
  • 洋装をし、顎ひげを生やした写真を西郷隆盛に送ったが、似あわないからやめたほうがいい、と西郷にたしなめられたという。
  • 当時としては非常に家庭的な人物(家庭人)であり、子供や妻をいたわった。逆に公務に対しての冷血さではひときわ際立った。これは当時からも有名であった。
  • 明治政府の実権を握っていたことから、私腹を肥やしていたのだろう、と思われていたが、実際には借金だらけであり、死後、その事実が判明した折、このままでは残された家族が路頭に迷うから、学校建設に鹿児島県庁に寄付したものを回収して遺族に返したという。
  • 岩倉使節団からの帰国後、内政や台湾出兵問題をめぐって木戸孝允と対立し「口もきかない」と言われるほど不仲となったが、木戸の政治的識見の高さは認めていた。
  • 当時の日本軍の将軍などが大久保にモノ申そうと挑んでも、迫力と威厳の前にかなわなかった。
  • 故郷の鹿児島では神様的存在な西郷とは対照的に、人気は皆無に等しい。理由は様々で、明治維新に活躍した武士を士族と改めて扱いをないがしろにした、廃藩置県を断行した、親友の西郷を結果的に死に至らしめたなどである。

フィクションの中の大久保


るろうに剣心


京都編にて登場。内務卿として、剣心に斎藤一を通じて彼の力量を調べた上で政府転覆を狙う志々雄真実の暗殺を依頼すべく神谷道場に現れた。その場では結論が出ず、5月14日に最終的な返事を剣心から貰おうとしていたがその日に瀬田宗次郎によって暗殺されてしまう。薫達の視点から見ればやや独善的な人物に見えたようだが、その人物像は清廉かつ誠実。日本を国民が自分達の意志で自分達の進む道を選んでいく国家、すなわち国民国家(ネイションステイト)として生まれ変わらせるべく長期的な視野で日本という国の行く末を見据えていた。作者が幕末史において二番目にお気に入りの人物であったため(一番は土方歳三)、維新後の政府関係者はやや批判的に描かれることが多い中で、大久保だけは理想的な政治家として描かれている(劇中の斎藤に「大久保の死後は力不足のカスばかりが残った」と言わせているほど)。

翔ぶが如く(大河ドラマ)


司馬遼太郎の小説を原作としたTVドラマ。演じた俳優は鹿賀丈史。これまでドラマではどちらかと言えば嫌われ役であった大久保を西郷と同じ扱いのダブル主役という形でスポットを当て、西郷との友情と国家の狭間で苦悩しながら己が進む道を貫く人物として、全体的に好意的な印象で大久保という人物を描いている。鹿賀氏の名演技も手伝い、ドラマでの大久保利通を観るには決定版ともいうべきドラマ。

関連タグ

家庭人
翔ぶが如く 鹿賀丈史 紀尾井坂の変

牧野伸顕…息子。後に外交官となる。
麻生太郎大久保利通は高祖父に当たる。
山県有朋…同じ性質の辣腕政治家、ただし、清廉潔白な大久保とちがい、汚職事件を起こして西郷隆盛に救われた過去がある。総理大臣・内務大臣・参謀総長などを歴任し元老としても独裁的な権勢を誇った。 たぶんこちらは『家庭人』ではない。

pixivに投稿された作品 pixivで「大久保利通」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 503415

コメント