ピクシブ百科事典

伊藤博文

いとうひろぶみ

天保12年9月2日~明治42年10月26日。初代内閣総理大臣。幕末維新の志士、明治時代の政治家。長州藩士。従一位。大勲位。公爵。日本初の内閣総理大臣に就任し大日本帝国憲法の制定に際して中心となって活躍した。
目次[非表示]

旧姓は林、幼名は利助、のち俊輔と称し(春輔、舜輔)、春畝と号した。
天保12年9月2日生、明治42年10月26日没(満68歳)。
従一位、大勲位菊花章頸飾、公爵。イェール大学名誉博士。
配偶者は伊藤すみ子、伊藤梅子。
初代首相
少し前(昭和59年まで)の千円札の顔の人。

概要

長州藩の足軽であった伊藤(林)十蔵の子として生まれ、吉田松陰の松下村塾に学び、木戸孝允にしたがって尊王攘夷運動(皇室を敬い植民地主義を排斥しようとすること)に参加。品川御殿山の英国公使館焼き討ちに参加し、山尾庸三とともに塙次郎・加藤甲次郎を暗殺するなど、数多くのクーデター事件を起こす。

松陰の教えに忠実であることと尊王攘夷の意思が強いことを理由に武士の身分を認められ、文久3年、藩の命令により井上馨と共にイギリスに留学。

近代都市ロンドンの繁栄を目の当たりにした伊藤は「これからは国という単位でものを考えなくてはならない」と考え、攘夷論を捨てて開国を志すようになったという。
この留学中に関門海峡で長州藩がアメリカ船を砲撃する下関事件が起こったのを知った伊藤は、急いで帰国し、関係国との和平交渉にあたった。

明治維新後は参議工部卿、初代兵庫県知事などを務めた。
主に外交面で活躍し、明治4年、いわゆる岩倉使節団の一員として欧洲に渡った。
この時に、近代国家の骨格である憲法の必要性を痛感した伊藤は、明治15年、再び渡欧して各国の憲法や政治の実態を調査した。
そして明治18年には、内閣制度を創設して初代内閣総理大臣に就任し、明治政府の最高権力者となる。その後も要職を歴任し、4度組閣。

枢密院議長としても尽力し、明治22年、伊藤らが中心となって起草した大日本帝国憲法の発布を迎えた。

明治24年、来日中のロシアのニコライ皇太子が滋賀県大津市警官に斬りつけられる事件が起こったが(大津事件)、この時犯人の処分をめぐって、刺客を使って犯人を抹殺すべきだと発言した後藤象二郎逓信大臣に対して、伊藤は「苟も国家主権の存する、豈かくのごとき無法の処置を許さんや」と言い、犯罪者を私的に処分せず、国家として責任ある解決を目指すべきだという立場をとった。

明治27年に朝鮮をめぐって日清戦争が起こるが、清国に勝利した日本は明治28年、伊藤を全権大使として、清国の李鴻章と下関(山口県)の春帆楼にて講和条約交渉を行い、下関条約を結んだ。

伊藤は豊かな国際感覚をもった政治家であったが、明治42年10月26日、日露関係の調整のため訪れた満洲ハルビン駅で、日本による朝鮮半島保護国化に不満をもつ安重根に撃たれて亡くなった。

テロ事件に参加することで低い身分から身を起こし、維新後はテロを否定する法治国家を築き上げて初代首相にまで栄達を遂げた伊藤が、最後はテロで命を落としたのは歴史の皮肉であろうか。

pixivでは若かりし頃のお姿を描いたイラストの方が多い。

人物

よく同じ長州閥の山縣有朋と対比された。この二人は長州閥の中でも際立って低い身分の出自であり、政治姿勢は違っても仲が良かった。

私生活では女好きで有名。ジャーナリスト宮武外骨には同じく女好きとして有名な松方正義と並んでよくいじられていた。女遊びが過ぎて明治天皇に怒られた上に「恐れながら、皆はこっそりやってるだけであります。博文は堂々とやっているだけ潔いといえます」と抗弁したという。

憲法作成は伊藤をはじめ一部の人間が極秘裏に作成をしていたが、宿で作成中に酒宴で大騒ぎをして、夜に皆が眠った間に泥棒が侵入して憲法草案の入ったカバンを盗まれてしまった。しかし泥棒にはそれの価値がわからなかったらしく、翌朝伊藤たちが塩田に捨てられていた草案を見つけ回収できた。そのためそれからの作成は今まで以上に厳重なものとなった。

よく彼はビスマルクの指導下でプロシア憲法を学んで起草したビスマルク被れという意見があるが、これは大きな間違いであり、実際に憲法制定にあたって深く関わったのはエスラーというドイツ人学者で、彼は大のプロシア嫌いだった。また、英語が堪能だった伊藤はイギリス式の議院内閣制を志向したが、イギリスは議会中心主義で成文憲法が無かったため、モデルにできなかったという。

大日本帝国憲法起草に際し、伊藤は多くの外国人学者の助言を受けるが、日本の国体文化伝統に適さないものは断固として拒否し、1882年(明治15年)に憲法調査のためヨーロッパへ渡った彼は、ベルリン大学のハインリッヒ・ルドルフ・へルマン・フリードリヒ・フォン・グナイストと、ウィーン大学のローレンツ・フォン・シュタインから憲法を学び、「憲法は自国の歴史と文化に根ざした民族精神を体現したものでなくてはならない」と説く彼らに多大な影響を受けた。

また、欧州における国教をめぐる宗教戦争の歴史をよく知っていた伊藤は、シュタインの「国教を制定し、国家と国民の一体化を図るよう」という進言さえ受け入れず、国教の制定化よりも日本の自由で穏やかな多神教的風土に基づく信仰の自由の道を選んだ。

関連タグ

幕末 明治維新 明治 長州 松下村塾 内閣総理大臣

pixivに投稿された作品 pixivで「伊藤博文」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110701

コメント