ピクシブ百科事典

近親相姦

きんしんそうかん

近い親族関係にある者同士による性的行為。
目次[非表示]

近親相姦とは近親者で行う性行為の事。
だいたい三親等以内のことを指す。

シチュエーション

漫画小説などによく用いられるシチュエーションの一つでもある。
兄と妹姉と弟母と息子父親と娘などバリエーションは様々である。
BLでは組み合せが多いが、父と息子伯父叔父)となどの組み合わせもそれなりに存在する。
百合でも姉妹などのカップリングが存在し、数としては目立たないが母娘のカップリングもある。

特徴

奇形児等のリスク

よく問題視されるのは、近親相姦でできた子供は奇形児などが生まれやすいという点だが、実は一代限りで言えば、赤の他人との場合と比較しても、奇形児などが生まれる確率は殆ど変わらない。誤差の範囲である。
が、これが近親相姦でできた子供同士の近親相姦によってできた子供、という具合に二代、三代と重ねるごとに、奇形児などが生まれる確率はグンと跳ね上がる。
遺伝子の特性の中に「近くに似た配列の遺伝子が存在すると、くっついて文字が入れ替わり、本来の機能に障害が生じることがある」というものがあるのが原因のひとつかもしれない。
ただし、あくまで遺伝子一般の特徴であり、近親相姦と因果関係があるかどうかは明らかではない。

世間からの反応

近親相姦に対する世間からの風当たりは強く、その事実が露見した場合 社会的制裁は免れず、職場を追われたり、学生ならば退学、遠隔地への転居を余儀なくされる事がある。世間に知られなくとも、近親相姦をキッカケに家族間の信頼関係が崩れ、一家離散や絶縁などの事態に発展するケースもある。万が一、近親相姦で子ができた場合、その事実を伏せて養子などに出すことになるかもしれない。ただし、近親相姦が常に非難の対象であるという考えは一面的であり、成人の合意の上での近親相姦は道義上問題がないとする立場も少なからずある。そのような文脈では近親相姦はコンサングィナモリーと呼ばれる。デンマークのThomas Sobirk Petersen教授はドナー精子卵子の普及は初対面の恋人が生物学的な兄妹・姉弟だったという状況が発生する可能性を高めており、そのような状況は近親相姦に対する「昔のタブー」を再考する必要性を高めていると論じている。また、同教授は子どもを持ちたい兄妹夫婦はドナー精子や卵子を使用して遺伝的問題のある子供を持つことのリスクを減らすことができるとも言っている。

フィクションにおいても、近親相姦を扱ったシリアスな作品では、この世間体と愛情との板ばさみで苦しむストーリーが多い。また合意の上でない、強姦脅迫による性行為などが行われた場合は被害者にことに深い心の傷を残す。

法律的観点

近親相姦そのものは日本では違法行為ではない。三親等内での結婚法律で禁じられているものの、三親等内での性行為は、レイプや 相手が未成年などの場合を除き、法律で禁じられていない。

ただし、海外だと話は違い、明確に法律で近親相姦を禁止している国もある。また、日本ではいとこ同士など、四親等以上であれば結婚も可能だが、海外だといとこ同士でも結婚が禁止されている国もある。

余談だが、日本では三親等内の結婚が禁止されているが、これはあくまで血縁関係がある場合に限っている。よく勘違いされがちだが、実は養子同士・再婚による連れ子同士など、血縁関係の無い義理の兄妹姉弟なら問題無く結婚できる。

ただし、親子の場合だけは例外で、一度でも法的に親子関係(養子縁組含む)になった場合は、例えば妻の不倫による所謂「託卵」が後に発覚し血の繋がりが無いことが科学的に証明され親子関係の不存在証明をしても、養子縁組を解消した場合でも結婚できない。これは自分の配偶者にする為に親の無い子を引き取り、育てるという行為を防ぐためと思われる。

宗教的・霊的側面

ゾロアスター教では近親相姦は、「フヴァエトヴァダタ」と呼ばれ、七つの善行の二番目として、ゾロアスターの人間への十の戒めの八番目として、天国に至るための三十三の道の九番目として位置付けられている。最も完全な「フヴァエトヴァダタ」は、自身の兄妹姉弟や親子間の結婚であるとされる。

ユダヤ教シャブタイ派ではメシアの時代の到来によって近親相姦を禁じる制度がなくなり、上方世界で兄妹姉弟・親子が統合されることが説かれている。

キリスト教でも、自由心霊派カタリ派などでは親子や兄妹・姉弟の近親相姦が認められていた。

アラビア語説話集『千夜一夜物語』の兄妹相姦の物語は三島由紀夫に影響を与え、同じく愛し合う兄妹を扱った戯曲『熱帯樹』の原点となっている。

近親相姦と本能

一代限りなら殆ど影響が無いとはいえ、やはり近親相姦を重ねる事は生物にとって非常にリスクが高いため、多くの場合、近親相姦を回避する為の本能が組み込まれているという説がある。

人間でも、年頃の父親を嫌ったり(父親の体臭に嫌悪感を持つ)、母親が成長した息子の体臭を嫌うのは、近親相姦回避本能だという説があるが、遺伝学上は否定されている。

それらはあくまで幼少時より一緒に生活していたらという前提で成立するもので、生き別れの実の親子や兄妹が成人してから再会すると、恋愛感情を抱いてしまうというケースも往々にしてある。フィクションの近親相姦ものでは特に女性向け作品にこうした設定が多い。
逆に血の繋がりはなくても、幼少時より一緒に生活していると上記のような拒否反応が出るようになる。(幼いころから見知っている幼馴染が現実では恋愛対象になり辛いのはこの為と思われる。)

つまり、人間の近親回避本能の判別方法は血縁ではなく、幼少時の記憶によるものとの見方が強い。(まぁ普通は幼少時に一緒にいる存在は近親者である場合が圧倒的に多いので問題無いのだが…)

ただし人間以外の動物はこの本能が完全であるとは言い難く、飼育下の動物だと気をつけていないと近親交配が起きてしまうため、動物園等では繁殖期のみ引き離したり繁殖可能な段階まで成長した個体は分けて飼育するなどの措置がとられている。これは飼う人間側の気分や価値観の問題ではなく、上記の遺伝上の問題を防ぐためである。

また、上記とは全く逆の説もあり、離れて暮らしていた近親者の血縁の近似性が身体的特徴が好みであるという気持ちや心理的な親近感を感じさせ、遺伝的な近さが性的な魅力に繋がっているというジェネティック・セクシュアル・アトラクションという現象が報告されている。初めて会って意気投合した異性が実は兄妹・姉弟だったというケースがある。

フィクションにおける注意事項

近親相姦は創作物において度々採用される題材であり、三島由紀夫澁澤龍彦桜庭一樹など近親相姦自体、あるいは近親相姦の描写にある種の魅力を感じていた作家は少なくない。
フィクションにおける近親相姦と現実のソレは実はまったくの別物である。
実妹モノや実母モノに興奮しているからと言って、その人が実際に自分の妹や母親に欲情しているという事はまず無い。
近親相姦というシチュエーションに興奮する事と、自分の肉親に興奮する事はまったくの別次元の話なのだ。
なので、身の回りにこういう趣味の人がいたとしても、どうか誤解しないで欲しい。
そうはいっても「いくらフィクションでも引く」という人がいるのも無理からぬことなので、近親相姦フィクションの萌え語りは特に相手とTPOに配慮すべきである。

アダルトゲームにおいて

かつてアダルトゲームにおいては、コンピュータソフトウェア倫理機構ソフ倫)の規定により近親相姦描写がアウトだったため、攻略対象=本番シーンがある異性のキャラに関しては必ず血の繋がりが無い義理の関係である必要があった。
多くの場合はこの規制に従い、義理の関係にするか、もしくは血縁キャラで通す場合は攻略対象から外すか、攻略対象でもHシーンは無く、サービスショット止まりにするか、NTR等、血縁者以外の相手とのHシーンにするなどしていた。
しかし、中にはあらゆる涙ぐましい工夫をもって「義理の肉親」という一見矛盾する設定をこらしていたメーカーもあった。「従姉妹」「片方が養子で血縁が無い」「お兄ちゃんと呼んでくる幼馴染み」などが定番設定であったが、中には「実姉のを他人に移植」「死んだ実妹が魔術で別の肉体を得た」「前世の兄妹」「性転換によって、同性ならOK( ← 現実世界じゃより一層アカンと思うが)」「実妹の電脳空間でのアバター」等々…あげくはどうみても実の肉親なのに「認知していないから大丈夫!」「他人が実肉親の肉体を乗っ取り行為をしていたので精神的には他人同士の行為」「表向きには義理関係で実肉親と知らなかっただけ設定を申し訳のように付ける」などほぼ無理筋のものも多くあった。
2005年にソフ倫の規定が改定され、実の肉親の近親相姦描写も可能になった。

関連タグ

エディプスコンプレックス / エディプスオイディプス
近親愛 近親婚 いとこ婚 インセスト・タブー 近親交配 / インブリード コンサングィナモリー
フヴァエトヴァダタ

家族 親子 母子 兄妹 姉弟 兄弟 姉妹 双子
      実妹 息子 
伯父 叔父 伯母 叔母  
ヨスガる 血の繋がった夫婦 妹婚 レッツ背徳 血は水よりも濃い
母性は原初のエロス 母子相姦 ママショタ
兄×妹 兄妹恋愛 兄妹相姦 弟×姉 / 姉×弟 姉弟恋愛 姉弟相姦 伯父×姪 / 叔父×姪 甥×叔母 近親NL
兄×弟 / 弟×兄  父×息子 / 息子×父 父子相姦 
伯父×甥 / 甥×伯父  叔父×甥 / 甥×叔父 近親BL
姉×妹 妹×姉 姉妹百合

※この他にも近親相姦 に関係するタグがありましたら、紹介してください。

近親相姦を扱っている物語

弟×姉

兄×妹

父×娘

息子×母

父×息子

姉×妹


近親者内の複数CPあり


血縁のない義理関係で関係を持つ設定作品、いとこ設定、恋愛や肉体関係設定が明確でなく「いきすぎのブラコンシスコン」レベル止まり設定のもの、BLティーンズラブレディースコミック成人向け漫画エロ小説ピンク映画AVゲイビデオ同人誌二次創作ものなどの実肉親設定による近親相姦作品はあまりに多すぎてきりがないため省略。
また、合意に基づかない近親間の性的虐待を扱ったノンフィクション系、私小説的作品は本稿の趣旨と異なるため列挙しないことにする。

pixivに投稿された作品 pixivで「近親相姦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83466861

コメント