ピクシブ百科事典

性教育

せいきょういく

性に関する教育全般を示す言葉。
目次[非表示]

概説

に関連する知識や教養を身に付けるために行われる教育
学校においては「副教科」として保険科または家庭科の時間の一部を利用して行われる。

主に

といった内容が教えられる。

主な傾向

上記の記述はあくまで理想的なカリキュラムであり、残念ながら現代日本にそれらを忠実に実行している学校は無いに等しいと言っても過言ではない状況となっている。これは副教科ゆえの立場の低さもさることながら、日本特有の性事情が大きく関係している。

日本が近代的な学校教育を整えた明治時代、「先進国」たる欧米諸国はキリスト教に基づいた禁欲主義が支配的であり、性に対して開放的だった日本社会は「恥ずべき野蛮人の振る舞い」と見られがちであった。
そのため「性教育」とは「子供達の性欲を抑えて理性的一等国民に仕立て上げる手段」として理解され、半ば脅迫する形で性のマイナス面ばかりを伝える授業が普及していった
「そもそも知識があるから実践したくなる」という考えから、女子だけにわずかに月経の処理方法を教えた程度の学校も多く、そうした状況が戦争GHQによる改革を越えて平成に至るまで存置されたのである。


一方、その空白を補ってきたのが性に貪欲な民間発のポルノである。その中には「性教育物」もあったが、実態は「教師が『実技』と称して生徒を襲う」といった暴力的・反道徳的なストーリーばかりであり、誤った知識と嫌悪感を広めるのみであった。

改革の機運は過去に何度も生まれてはいるものの、こうした社会背景から変態」の烙印を押されて頓挫するのが常である。
戦後は保革対立の中でしばしば政争の道具にも用いられ、フェミニスト日教組洗脳手段であるとして「非国民」のレッテルさえ貼られる場面も出てきた。
欧米諸国が次々と禁欲主義を脱して現実に合わせた教育内容にシフトしてゆく中、本来宗教タブーを持たなかった日本が「伝統的」な教育を堅持し続けているという事は、まことに皮肉な結果であると言わざるを得ないだろう。


pixivにおいても「性教育=いやらしいもの」という認識による作品が圧倒的多数を占める。
一応、百科事典各記事では極力有用な記述をするよう心がけているので、それらを参照しながらあくまでもフィクションと割り切って閲覧するようにしていただきたい。

関連作品

受精とは?
怠



関連タグ

 教育 保健体育

pixivに投稿された作品 pixivで「性教育」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13331631

コメント