ピクシブ百科事典

聖戦の系譜

せいせんのけいふ

任天堂のSRPG『ファイアーエムブレム』シリーズ4作目。1996年にSFC用ソフトとして発売され、2007年にWii、2013年にWii U、2016年にNew3DSのバーチャルコンソールで配信されている。
目次[非表示]

概要

暗黒神を祀る帝国を滅ぼした十二聖戦士の子孫が支配するユグドラル大陸を舞台に、数奇な運命を辿る騎士シグルドと、父の志を受け継いだその息子セリスの二代に渡る戦いを描いた二部構成の作品。1999年には、第二部のストーリーの一部を派生・独立させた『トラキア776』が発売された。

これまでのシリーズにあった支援効果を昇華させた結婚システムや、兵士それぞれが独自の能力をもつスキルシステムなど、新たなシステムの追加が多い。また、マップ数が全12章と少ない代わりに1つのマップが広大で、複数の拠点を順に制圧することでストーリーが進行する。
親世代の7人の女性は自由に恋人を作ることができ、生まれた子供たちは第二部で親のスキルやアイテムを引き継いで登場する。誰を父親にするかは子供の性能を左右する死活問題であり、本作が「恋愛ゲー・お見合いゲー」とも呼ばれる所以である。
女性陣が独身、または戦死した場合は子供の代替ユニットが登場する。所持品などで不利な点が多いものの、何らかの恩恵を受ける隠しイベントがほぼ全員(フェミナジャンヌのみ択一)に用意されている。

固有名詞の多くが神話(特に北欧神話ケルト神話)に由来している。物語が他シリーズと比べて悲劇的であり、RPGの不幸な主人公としてシグルドの名が挙がることも多い。
生き別れのきょうだいが多い、血の繋がりがあると知らないなどの事情はあるが、近親愛要素が濃い。

キャラクターデザインを担当した小屋勝義氏による、SFC版のパッケージや取扱説明書のイラスト(親世代は自軍ユニットとその他の一部ユニット、子世代はセリスのみ)、同氏が手がけた、現在公式サイト「ファイアーエムブレムミュージアム」(下記リンク参照)に一部が展示されているTCGのイラスト、『トラキア776』のキャラクターデザインを手がけた広田麻由美氏による、設定資料集『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 TREASURE』収録のイラストと、キャラクターの設定画が複数存在する。それぞれ衣装に多少違いがあり、髪や目の色がゲームと異なるキャラクターもいる。

ストーリー

あらすじ

ユグドラル大陸の中央に位置するグランベル王国のシアルフィ公国は、かつて大陸を危機から救ったという聖戦士の血を受け継いだ国の一つである。その当主バイロン卿は息子シグルドに留守を任せ、東方の戦乱を鎮めるために王家や諸公たちと遠征中であった。そんなおり、同盟国であったはずのヴェルダン王国の大軍が突然王国内へ攻め入り、シグルドの幼なじみエーディンのいるユングヴィ城を包囲したのである。シグルドは、エーディンを助けるため出陣の決意をする。やがて訪れる運命も知らずに……。
(公式サイトより引用)

聖戦

グラン歴440年、暗黒神ロプトウスが大司教ガレに降臨した。ガレはロプトウスを崇拝するロプト教団を作り上げ、447年の十二魔将の乱により大国グラン共和国を滅ぼし、ロプト帝国を成立。子供狩りや人々の虐殺によって、恐怖の限りを尽くした支配を行い続けてきた。ガレやその子孫たちはロプトの血筋と「暗黒魔法ロプトウス」の加護で守られており、誰も帝国に対抗することが出来ず、ユグドラル大陸は闇に包まれていた。

そんな中、535年に当時のロプト皇帝の弟・マイラが反旗を翻し、各地に自由解放軍が興った。反乱は長く続くも時が経つに連れて解放軍は次第に追い詰められ、632年にダーナ砦に立て籠もり、もはや希望は尽きようとしていた。しかし解放軍の前に12人の神が降臨し、神々は解放軍の中から自分たちが選んだ12人に自らの血を飲ませ、彼らの持つ武器に神の力を与えた。こうして十二聖戦士が誕生した。
聖戦士の力を得た解放軍は、翌年打倒帝国を掲げて聖戦を開始、それから15年後の648年にロプト帝国を滅ぼすことに成功した。

戦いの後十二聖戦士は各地に散ってそれぞれ国を興し、神器はそれぞれ自らの血筋に受け継がれていった。またロプト皇帝の弟であるマイラは「聖騎士」と呼ばれ同じように英雄として語り継がれるも、ロプトの血がロプト教団の生き残りに利用されないようマイラの子孫たちは世界の何処かへ消えた。


用語

十二聖戦士

かつて聖戦で12人の神からそれぞれ神の血を授かった、ロプト帝国と対峙していた解放軍の12人の戦士。神の血と力を与えられた武器を用い、ロプト帝国を打ち破りユグドラル大陸に光を取り戻した。戦いの後十二聖戦士は七つの公国からなるグランベル王国と、それぞれ周辺国を興し、神器は彼らの子孫に受け継がれた。またロプト帝国の皇族でありながら帝国に反旗し解放軍発足のきっかけとなった聖騎士マイラも、十三番目の聖戦士として語り継がれている。十二聖戦士たちは現在のユグドラル大陸では神のような形で崇められている。

ロプトウスの正体はアカネイア大陸にいた古代の地竜。竜族の衰退と今後の世界は人間たちが担うことを受け入れられず、竜の力を求めてユグドラル大陸からやってきたガレに自らの血と力を込めた魔導書を渡し、ガレの精神を支配し人に対し非道の限りを尽くしていた。
そしてダーナ砦に降臨した12人の神の正体もアカネイア大陸の古代竜族たちであり、他大陸でのロプトウスの行いに気付いた時には状況は手遅れになっており、長のナーガは人間への直接的な関与の影響を恐れていたが、ロプトウスに対抗させるために止むを得ず他の竜族たちと共に血の契約を交わし十二聖戦士を生み出した。そしてナーガの危惧通り、巨大な力を持つ竜の血はその後のユグドラル大陸に大きな影響を与えてしまった。

神器には竜石が埋め込まれており、その竜石が対応する血と呼応し巨大な力を生み出している。ただし竜石以外は人間の手で生み出した物であるため、劣化は防げずその都度修理を必要とする。

Narga
始祖:聖者ヘイム
武器:神聖魔法ナーガ
継承:グランベル王国バーハラ王家

Baldo
始祖:聖戦士バルド
武器:聖剣ティルフィング
継承:グランベル王国シアルフィ公爵家

Ulir
始祖:弓使いウル
武器:聖弓イチイバル
継承:グランベル王国ユングヴィ公爵家

Neir
始祖:斧戦士ネール
武器:聖斧スワンチカ
継承:グランベル王国ドズル公爵家

Blagi
始祖:大司祭ブラギ
武器:聖杖バルキリー
継承:グランベル王国エッダ公爵家

Fala
始祖:魔法戦士ファラ
武器:炎魔法ファラフレイム
継承:グランベル王国ヴェルトマー公爵家

Tordo
始祖:魔法騎士トード
武器:雷魔法トールハンマー
継承:グランベル王国フリージ公爵家

Hezul
始祖:黒騎士へズル
武器:魔剣ミストルティン
継承:アグストリア諸公連合アグスティ王家→アグストリア諸公連合ノディオン王家

Odo
始祖:剣聖オード
武器:神剣バルムンク
継承:イザーク王国イザーク王家

Dain
始祖:竜騎士ダイン
武器:天槍グングニル
継承:トラキア王国トラキア王家

Noba
始祖:槍騎士ノヴァ
武器:地槍ゲイボルグ
継承:レンスター王国レンスター王家

Holsety
始祖:風使いセティ
武器:風魔法フォルセティ
継承:シレジア王国シレジア王家

Loputousu
始祖:大司教ガレ
武器:暗黒魔法ロプトウス
継承:ロプト帝国皇帝家

神々の系図

十二聖戦士が受け継いだ神の血は、子孫の中でも神器を使える聖痕を持つ「直系」と、神器を使えず聖痕を持たない「傍系」に分かれる(傍系にも成長ボーナスはある)。ロプトウスも含む神々の系図では、直系は光が強く傍系は光が弱く表示される。

  • 基本的に聖痕が現れ直系になるのはその直系の第一子が殆ど。稀に第一子でない子に聖痕が現れることもある。一度直系が生まれると、他の子どもは全員傍系になる。そのため聖戦士の血を受け継ぐ家系では、直系の血が何よりも尊ばれている。
  • 同世代の直系が必ずしもひとりだけとは限らず、同じ血の傍系同士、または片方が直系でもう片方が同じ血の傍系の場合であれば、子どもは全員直系と同じくらい血が濃くなり、聖痕が現れ神器も使える。しかし世間からは当然ながら近親婚は忌むべきものという認識が強い。
  • 両親から神の血を三つ以上受け継いでいても、系図では二つまでしか神の血は現れない。また別々の血の直系同士が子を成しても必ず片方だけしか直系にならず、もう片方は傍系として現れる。


バーハラの悲劇

760年、アルヴィスがシグルドと配下の将兵を疑いは晴れたとして招きいれ、首都バーハラ郊外で伏兵で包囲、殲滅した事件。
明白な騙し討ちであったが、クルト王子を殺害した反逆者シグルド軍を一掃したアルヴィスの武勲として喧伝され、グランベル国内でアルヴィスの支持は絶大なものとなる。
この事件によって主人公シグルドを含め、第一部のプレイヤーキャラクターの殆どが死亡・行方不明になり、第一部は主人公たちの敗北で幕を閉じた。無念の中で散った彼らの意志は、十数年後に彼らの子どもたちに受け継がれる事となる。


登場キャラクター(前半)

味方ユニット

名前兵種備考
シグルドロードナイトシアルフィ家公子
ノイッシュソシアルナイトシアルフィの騎士
アレクソシアルナイト同上
アーダンソードアーマー同上
アゼルマージヴェルトマー家当主アルヴィスの異母弟
レックスアクスナイトドズル家第二公子
キュアンデュークナイトレンスター王国王子
エスリントルバドールシグルドの妹でキュアンの妻
フィンランスナイトレンスターの騎士
ミデェールアーチナイトユングヴィの騎士
エーディンプリーストユングヴィ家第二公女
デューシーフ盗賊の少年
アイラソードファイターイザーク王国王妹
ディアドラシャーマン精霊の森の巫女
ジャムカボウファイターヴェルダン王国第三王子
ラケシスプリンセスノディオン王国王妹
ホリンソードファイターイザーク王家遠縁の剣闘士
レヴィンバードシレジア王国王子
シルヴィアダンサー放浪の踊り子
ベオウルフフリーナイト傭兵騎士
フュリーペガサスナイトシレジアの天馬騎士
ブリギッドスナイパー海賊に育てられたユングヴィ家第一公女
クロードハイプリーストエッダ家当主
ティルテュサンダーマージフリージ家第一公女


NPCまたはその他

名前兵種備考
アズムールなしグランベル国王
クルトなしグランベル王国王子
リングなしユングヴィ家公爵
バイロンマスターナイトシアルフィ家公爵
アルヴィスセイジヴェルトマー家公爵
アイーダマージファイターアルヴィスの部下
ヴィクトル故人先代ヴェルトマー家公爵
エスニャ登場せずフリージ家第二公女
バトゥなしヴェルダン国王
シギュン故人ロプト皇弟の末裔
エルトシャンパラディンノディオン国王
グラーニェ登場せずノディオン王国王妃
イーヴパラディンノディオンの騎士
エヴァパラディン同上
アルヴァパラディン同上
ラーナなしシレジア王国王妃
マーニャファルコンナイトシレジアの天馬騎士
マナナン故人先代イザーク国王
マリクル登場せずイザーク国王


敵ユニット

名前兵種備考
デマジオアクスファイターゲラルドの部下
ゲラルドアクスファイターガンドルフの部下でエバンス城主
ガンドルフウォーリアヴェルダン王国第一王子
キンボイスウォーリアヴェルダン王国第二王子
サンディマダークマージ暗黒教団の司祭
エリオットデュークナイトハイライン王国王子
フィリップジェネラルハイラインの将軍
ボルドージェネラルハイライン国王
ヴォルツフォレストナイトマクベスに雇われた傭兵
マクベスジェネラルアンフォニー国王
クレメントビショップマッキリー国王
ザインデュークナイトアグスティの騎士
ジャコバンフォーレストアグストリアの傭兵
パピヨンドラゴンナイトトラキアの竜騎士
シャガールバロンアグスティ国王
ピサールウォーリアブリギッドの元部下の海賊
ドバールウォーリア同上
クブリビショップマイオスに雇われた司祭
ディートバファルコンナイトマイオスの部下
マイオスバロンシレジア王国王弟
パメラファルコンナイトダッカーの部下
ドノバンジェネラル同上
レイミアソードマスターダッカーに雇われた傭兵
ダッカーバロンシレジア王国王弟
スレイダーグレートナイトドズルの騎士
アンドレイボウナイトユングヴィ家公子
ランゴバルトバロンドズル家公爵
マゴーネドラゴンマスタートラキアの竜騎士
ヴァハマージファイターレプトールの部下
レプトールバロンフリージ家公爵


登場キャラクター(後半)

味方ユニット

名前兵種備考
セリスジュニアロードシグルドとディアドラの息子
スカサハソードファイターアイラの息子
ラクチェソードファイターアイラの娘
ラナプリーストエーディンの娘
オイフェパラディンシアルフィ家遠縁の騎士
レスターアーチナイトエーディンの息子
デルムッドフリーナイトラケシスの息子
ユリアシャーマン記憶喪失の少女
フィーペガサスナイトフュリーの娘
アーサーマージティルテュの息子
ヨハンアクスナイトダナンの次男でヨハルヴァとは二者択一
ヨハルヴァアクスファイターダナンの三男でヨハンとは二者択一
シャナンソードマスターイザーク王国王子
パティシーフブリギッドの娘
リーフプリンスキュアンとエスリンの息子
フィン離脱時と同じレンスターの騎士
ナンナトルバドールラケシスの娘
アレスソシアルナイトエルトシャンとグラーニェの息子
ティニーマージティルテュの娘
リーンダンサーシルヴィアの娘
ファバルボウファイターブリギッドの息子
セティセイジフュリーの息子
コープルプリーストシルヴィアの息子でハンニバルの養子
アルテナドラゴンナイトトラキア王国王女だが実はキュアンとエスリンの娘
ハンニバルジェネラルトラキアの将軍


代替ユニット

名前兵種備考
ロドルバンソードファイタースカサハの代替
ラドネイソードファイターラクチェの代替
マナプリーストラナの代替
ディムナアーチナイトレスターの代替
トリスタンフリーナイトデルムッドの代替でイーヴの息子
フェミナペガサスナイトフィーの代替
アミッドウインドマージアーサーの代替でエスニャの息子
デイジーシーフパティの代替
ジャンヌトルバドールナンナの代替でイーヴの娘
リンダサンダーマージティニーの代替でエスニャの娘
レイリアダンサーリーンの代替
アサエロボウファイターファバルの代替
ホークセイジセティの代替
シャルロープリーストコープルの代替


敵ユニットまたはNPC

名前兵種備考
ハロルドジェネラルドズルの騎士
シュミットグレートナイト同上
ダナンバロンドズル家公爵
クトゥーゾフダークビショップ暗黒教団の司祭
ライザサンダーマージイシュトーの部下
イシュトーマージファイターブルームとヒルダの息子
ジャバローフォレストナイトブラムセルに雇われた傭兵
ブラムセルジェネラルダーナの領主
ムハマドジェネラルフリージの将軍
オーヴォマージナイト同上
ヴァンパファイアーマージブルームの部下
フェトラウインドマージ同上
エリウサンダーマージ同上
ブルームバロンフリージ家公爵
コルータドラゴンナイトトラキアの竜騎士
マイコフジェネラルトラキアの将軍
カナッツジェネラル同上
ディスラージェネラル同上
ムーサーマージナイトシレジアの騎士
ジュダダークビショップ暗黒教団の司祭
トラバントドラゴンマスタートラキア国王
アリオーンドラゴンマスタートラキア王国王子
リデールパラディンヒルダの部下
モリガンダークビショップ暗黒教団の司祭
ザガムダークビショップ同上
パルマークビショップシアルフィの宮廷司祭
アルヴィスエンペラーグランベル帝国皇帝
ロベルトパラディン帝国に雇われた傭兵
ボイスソードマスター同上
ロダンビショップ暗黒教団の司祭
ユフィールダークビショップ同上
フィッシャーグレートナイトブリアンの部下
ブリアンマスターナイトダナンの長男
ダゴンダークビショップ暗黒教団の司祭
スコピオマスターナイトアンドレイの息子
ヒルダクィーンブルームの妻
バランダークビショップ暗黒教団の司祭
メングファルコンナイトイシュタルの部下
ブレグファルコンナイト同上
メイベルファルコンナイト同上
イシュタルセイジブルームとヒルダの娘
マンフロイダークビショップ暗黒教団の大司教
ユリウスダークプリンスグランベル帝国第二皇子


関連イラスト

うけつがれるもの


せいせん
FE聖戦 代替キャラ



関連タグ

ファイアーエムブレム FE トラキア776
任天堂 インテリジェントシステムズ SRPG SFC バーチャルコンソール レトロゲーム
FE100users入り FE500users入り FE1000users入り
FE異性CP・コンビ一覧 FE同性CP・コンビ一覧

表記揺れ

FE聖戦 聖戦 FE聖戦の系譜 ファイアーエムブレム聖戦の系譜

外部リンク

Wii版VC公式ページ
Wii U版VC公式ページ
New3DS版VC公式ページ
ファイアーエムブレムミュージアム

他の記事言語

Seisen no Keifu

pixivに投稿された作品 pixivで「聖戦の系譜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6395719

コメント