ピクシブ百科事典

ポケモン

ぽけもん

株式会社ポケモンが販売しているゲームソフト、及び関連アニメやグッズなどの総称、およびそれらに登場するキャラクター(モンスター)の総称。
目次[非表示]

前置き&誘導

日本では『ポケットモンスター』が全名で、日本以外の多くの国では「Pokémon(読み:ポケモン)」と表記されている。ピクシブ百科事典では、「ポケモン」がゲームを、「ポケットモンスター」がアニポケ1期を扱っている。

本項では、おもにゲーム版『ポケットモンスター』について記述する。

アニポケ関連

アニポケ参照。

書籍関連

ポケモン派生作品を参照。

ポケモン/アニポケの看板

主に原作ポケモンのレッド(ポケモン)(イメージは赤)、サトシの旅シリーズサトシ(アニポケ)(イメージは青)が担当する。無論例外もある。
展開するゲームや書籍やメディアによって性格や強さも異なる。

赤



概要

ゲームフリークが開発し、任天堂が発売したゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター 赤・緑』(以下『赤・緑』)を始点とする、一連のシリーズの略称および通称。第1作目が発売されて、15年以上が経った今尚、世代や国境を超えて多くのファンがいる。

現在、ゲームソフト開発を除く『ポケモン』のほとんどの関連事業は株式会社ポケモンによって管理・運営されている。ゲーム本編の開発は、現在もゲームフリークが行っている。

今でこそポケモンは世界的な作品に成長したが、その生い立ちは決して順風満帆ではなかった。田尻智がポケモンの元となった『カプセルモンスター』の企画を立ち上げたのは1990年のことであり、それから第1作目の『赤・緑』の発売まで実に6年もの期間を費やすこととなった。
元々は1991年秋の発売が予定されていたが、製作が難航しその開発資金を得るために他のゲームを開発していったことによって度々開発が中断されたことで、更に発売が延期されていくことになったのである。

紆余曲折を経て1996年2月27日に発売された『赤・緑』は、この頃すでに時代遅れのハードとなっていたゲームボーイのタイトルということもあってか、当初はほとんど注目されることもなく、初回出荷本数は僅かに23万本であり、また2バージョンを同時に発売するという販売手法に批判の声もあったほどであった。
しかし、小学生を中心に口コミで人気が広がり、1997年にはテレビアニメの放送開始もあって大ヒットとなった。

今でもとりわけ小学生の間では根強い人気を誇っており、バンダイが毎年春に行っている「子供が好きなキャラクター」アンケートでも上位に入ることが多い。また、『赤・緑』が発売されてから15年以上が経過し、90年代後半に小学生だった世代が現在では20~30代になったこともあって、最近では大人を意識した商品開発や企画も積極的に行われている。

世界観

ゲームの舞台は、不思議な生き物「ポケモン」がいろんな場所に生息する、現代風の世界。主人公(プレイヤー)は、ポケモンを捕まえて育成し、ほかのポケモンたちと戦わせる「ポケモントレーナー」となり、「ポケモンずかん」の完成と一人前のポケモントレーナーを目指して、旅に出る。

どんなポケモンで攻略するか、ポケモンにどんな「わざ」をおぼえさせるかはプレイヤーの自由。 自由度の高いRPGとして遊べるだけでなく、好きなキャラ(ポケモン)であそぶこともできる、ある種のキャラゲーの一面もある。また、通信機能でほかのプレイヤーとポケモンの対戦や交換ができ、対戦ツール、コミュニケーションツールとしての一面も備わっている。

不思議な生き物「ポケモン」

たくさんの謎を秘めた不思議な生き物。現在確認されている種類は、700種を超えている。世界のさまざまな場所に野生のポケモンが生息しているが、人と仲良く暮らすポケモンもいる。

野生のポケモンは「モンスターボール」で捕獲して仲間にすることができ、一緒に冒険につれていくことができる。自分のポケモンを育てて、野生のポケモンや他のトレーナーのポケモンと戦わせる「ポケモンバトル」が、ゲームの中心となる。

ポケモンは、おもに戦闘で「けいけんち」をためてレベルアップさせることで強くなっていく。一定のレベル以上になるなどの条件を満たすと、姿が変化する「進化」がおこる場合がある。

用語

・ずかんNo.:ポケモンの種類の図鑑での番号。地方ごとの図鑑No.と全国総合の図鑑No.がある。
・ぶんるい:ポケモンの種類ごとにある「○○ポケモン」という呼称のこと。
・たかさ・おもさ:ポケモンの大きさ・重量を示す数値。種類ごとに決まっている場合が多い。
わざ:ポケモンが戦闘中にできる行動。レベルアップや「わざマシン」をつかうこと等で、1匹ごとに4つまで「わざ」をおぼえさせることができる。
タイプ:各ポケモンと各わざが持つ属性。タイプには相性があり、戦闘時のダメージの大きさに影響する。
・のうりょく:ポケモンの持つ、戦闘に影響するパラメーター。「HP」「こうげき」「ぼうぎょ」「とくこう」「とくぼう」「すばやさ」の6つがある。ポケモンの種類ごとに「のうりょく」の強さの傾向が異なり、同種のポケモンでも傾向の個性が存在する。ちなみに、初期のシリーズでは、のうりょくに「とくこう」「とくぼう」の項目は無く、代わりに「とくしゅ」という項目が存在した。
・せいべつ:多くのポケモンの種類には♂(オス)・♀(メス)が存在する。性比が偏った種類や、片方の性しか無い種類、性別不明の種類もいる。
とくせい:1体のポケモンが1つ持っている特殊な能力のことで、戦闘や移動中に効果を発揮する。「かくれとくせい」と呼ばれる、通常では見かけないとくせいを持つポケモンもいる。
・タマゴ:2体のポケモンを「ポケモンそだてや」に預けると、ポケモンの「タマゴ」が発見されることがある。てもちに入れておくと孵化し、ポケモンが生まれる。

対人戦ゲームとして

ポケモンバトルでは、タイプの相性によるダメージ量の補正が勝負を大きく左右するが、ほかにも「とくせい」や補助わざ、ポケモンにもたせている「どうぐ」の組み合わせによって多彩なコンボを決めることもでき、対戦型カードゲームに匹敵する程の戦略を練る事ができる、対戦ゲームとしての一面を持っている。

続編・派生作品

任天堂の携帯機で、本編の続編のゲームが定期的に発売され、そのたびに多数の新しいポケモンが登場している。また、派生作品としてポケモンバトルに特化したゲームや、『ポケモン不思議のダンジョン』のようにポケモンのキャラや設定を生かした別ジャンルのゲーム、その他ポケモンのキャラクターが登場する様々な関連ゲームが存在する。

このほかにも「ポケモンカード」としてトレーディングカードゲーム化されていたり、個性的な各種漫画版や攻略本などの書籍が各社から出版されていたり、ポケモンのグッズ関連のショップ「ポケモンセンター」の営業やアニメからの派生である映画事業のほか、近年ではポケモンゲーム・ポケモンカードゲームの公式の世界大会が行われていたりもする。

現状の『ポケモン』は、「株式会社ポケモン」で管理しなければならないほどの、巨大複合事業となっている。世界の様々な場所で、様々な形で愛されているため、ある種「ゲーム」という枠組みを離れ、「『ポケモン』はこの世に存在している」と言っても過言ではない状態となっている。

pixivでは

pixivでは、ゲーム、アニメ版、漫画版などを基にした二次創作が人気であり、ポケモンに関連したユーザー独自の企画も数多く存在する。

ゲーム内と同様に、人の、ポケモンの、そして人とポケモンの交流が描かれており、専らトレーナーを書く人、好きなポケモンをひたすら愛でる人、擬人化する人、獣人化する人、ネタに走る人など、色々な作品が投稿されている。また、ゲームの性質上、自分のポケモンは全世界で自分だけのものであるため、多くのユーザーが原型より少しだけ個性のある「自分の手持ちのポケモン」を持っている。

尚、R-18側でも全く同様に、人同士、ポケモン同士、人とポケモンの交流が描かれているが登場人物だけでなく、ポケモン自体のエロも当たり前のように存在するため、ケモノ耐性の無い人は、検索を多少工夫する必要がある。
詳しくはポケモン(二次創作)の記事を参照。

余談
……ちなみに、ポケモンのゲーム内で、こんなメッセージもある。
『ひとと けっこんした ポケモンがいた
 ポケモンと けっこんした ひとがいた
 むかしは ひとも ポケモンも
 おなじだったから ふつうのことだった』
 『シンオウ むかしばなし』

シリーズ

ポケモンシリーズ一覧を参照。

シリーズ略称名

世代 シリーズ リメイク 
第1世代RGBP (赤緑RGB) (第3世代):FRLG 
第2世代GSC (金銀GS) (第4世代):HGSS 
第3世代RSE (ルビサファRS) (第6世代):ORAS 
第4世代DPt (ダイパDPDpPt) なし 
第5世代BWBW2 (ポケモンBWポケモンBW2) なし 
第6世代XY (ポケモンXY) なし 


機種名
ゲームボーイ ゲームボーイアドバンス ニンテンドーDS ニンテンドー3DS 
NINTENDO64 ゲームキューブ Wii 
企業・その他・楽曲
任天堂 ゲームフリーク 株式会社ポケモン ゲーム ポケモンカード OLM ポケモン関連曲一覧 

登場キャラクター

ポケモンのゲーム本編で登場するモンスターや人物の一覧表。

ポケモン一覧

ポケモン一覧を参照。

人物一覧

ポケモントレーナー

主要人物主人公♂ 主人公♀ ライバル
全体ポケモントレーナー 一般トレーナー
トレーナーの関門ジムリーダー ポケモン四天王 ポケモンリーグチャンピオン
バトル施設サブウェイマスター フロンティアブレーン バトルシャトレーヌ
秘密結社 悪の組織ボス ロケット団 マグマ団 アクア団 ギンガ団 プラズマ団 フレア団 GR団 ゴーゴー団 ヤミヤミ団 ポケモンナッパーズ スナッチ団 シャドー 

サポートキャラ
第1世代赤・緑・青・ピカチュウ(第3世代ファイアレッド・リーフグリーン)
オーキド博士 マサキ ナナミ
第2世代金・銀・クリスタル(第4世代ハートゴールド・ソウルシルバー)
ウツギ博士 ミナキ HGSSヒビキ コトネ
第3世代ルビー・サファイア・エメラルド(第6世代オメガルビー・アルファサファイア)
オダマキ博士 エニシダ ORASルチア ギリー
第4世代ダイヤモンド・パール・プラチナ
ナナカマド博士 アヤコ ハンサム
第5世代ブラック・ホワイト(ブラック2・ホワイト2)
アララギ博士 マコモ
第6世代X・Y
プラターヌ博士 ジーナ デクシオ

ポケモン世界の地方

ポケモンの世界・地方を参照。

その他

世代バトル施設
第3・4世代バトルタワー トレーナーヒル バトルフロンティア
第5世代バトルサブウェイ ポケモンワールドトーナメント
第6世代バトルシャトー バトルハウス バトルリゾート 


ゲーム内用語
ポケモンバトル ポケモン図鑑 ポケモンリーグ ポケモンのタイプ一覧 わざ(ポケモン) モンスターボール きのみ きんのたま サファリゾーン ポロック ポフィンポケモンフーズも参照。) つりざお 特性 夢特性 ポケモン状態異常・状態変化 トレーナーカード どうぐ どうろ・すいどう(ポケモン) チャンピオンロード なつき進化 ベイビィポケモン メガシンカ 
ジムリーダー ポケモン四天王 ポケモンリーグチャンピオン フロンティアブレーン サブウェイマスター バトルシャトレーヌ
PDW ジョインアベニュー ポケモンワールドトーナメント 

ポケモンで使われる慣用句
伝説ポケモン(禁止級準伝説幻のポケモン)
厨ポケ 130族 600族 ポケモン御三家 ブイズ 
不遇ポケモン アニメ不遇ポケモン 
唯一王 唯一神 太陽神 ピンクの悪魔 
三鳥 三犬 4王 三湖 三闘 三猿 ゴキブロス レジワロス コピペロス
こうかはばつぐんだ! 4倍弱点
ポケモン廃人 
廃人ロード 育て屋 種族値 めざパ フロンティアクオリティ 
主な出来事
ポケモンショック ハピで止まります それはおじさんのきんのたまだからね! ラジオ塔脱衣事件
主な出来事BW編
観覧車密室事件 BW観覧車イベント ビクティニ道場 ゴメンネ(タブンネ狩り) やめたげてよぉ! プラズマ団仕事しろ
その他
ポケモンシリーズの都市伝説一覧 ポケモンにおけるみんなのトラウマ一覧


関連タグ

ゲーム ゲームフリーク 任天堂 株式会社ポケモン
ポケモン50users入り

外部リンク

公式サイト


ポケモンのファンサイト

pixivに投稿された作品 pixivで「ポケモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 676351252

コメント