ピクシブ百科事典

機動武闘伝Gガンダム

きどうぶとうでんじーがんだむ

「機動武闘伝Gガンダム」とは、サンライズ制作のオリジナルSFロボットアニメで、「ガンダムシリーズ」の1つである。
目次[非表示]

概要

機動武闘伝Gガンダム』は、1994年4月1日から1995年3月31日までテレビ朝日系で全49話が放送された。略称は「Gガンダム」または「Gガン」。
アナザーガンダム」と呼ばれる富野由悠季以外の手によって製作されたガンダムTVシリーズの第1作目である。

熱血格闘アニメ

主人公のドモン・カッシュが行方不明の兄を捜し、かつガンダムファイターとして4年に一度開催されるガンダムファイトで優勝を目指す物語という、それまでのガンダムとは一線を駕した熱血格闘アニメ。時間軸は「未来世紀」となっており、それまでのガンダムの年号である宇宙世紀とは関わりはないとされている(しかしその後……。)

従来の現実的な社会関係やSFリアリティを前面に押し出した富野流のガンダム世界とは全く異なる、キャラデザイン原案に熱血ギャグ&パロディな作風の漫画家・島本和彦を起用した少年漫画的なデフォルメ色の濃ゆいキャラクターや、ガンダムだらけな上に偏見まみれのブッ飛んだメカニックデザインには「別にガンダムでやらなくても…」「ガンダムではないガンダム」などと従来のガンダムファンから戸惑いの声があがった。

しかし、熱血主人公とその周囲を取り巻く個性豊かなサブキャラクター達や、要所で過去のガンダムシリーズのテーマである宇宙移民と地球住民の対立や人類と地球環境の関係、超常の力に目覚めたヒロインとそれを巡る兄弟関係等が尊重されたストーリーは従来のファンを引き付け、また新規層を獲得することにも成功し、結果的にはプラモデルなどの商業分野も成功し、一つの「ガンダムの作品」として定着した。奇しくもGガンダムが放映された1994年はファーストガンダム15周年の年でもあったため、節目だからこそ作る事が出来た異色作という解釈も出来る。
いささかこじつけ感のある部分も存在するが、ストーリーや世界観などはSFの範疇に入れても差し支えの無い十分な考察によって成り立っている。
なお、宇宙世紀作品では地球住民(アースノイド)は富裕層や特権階級の人々が中心だったが、本作の世界観においては「荒廃した地球に取り残された人々」となっており、立場と力関係が逆転しているところがポイントである。

前作機動戦士Vガンダムの制作過程で、自身の作家としての芸術性とスポンサー側からの商業主義の要請を両立させる苦悩からうつ病に見舞われた富野監督はガンダムの制作を降り、このGガンダムの監督今川泰宏に「今までのガンダムを全てぶち壊すような作品を」と頼んだらしく、どうせやるならせっかくだから登場ロボほぼ全てガンダムにしてはという、ある意味スポンサーであるバンダイに対する皮肉ともとれる発想からこのようなぶちぬけたガンダムが誕生した。

例えば「各国の代表選手が集う格闘技大会」という点は、バンダイ経営陣との衝突から富野監督が思いついた方針「次のガンダムではプロレス以外やるな!」と、当時ヒットしていた対戦格闘ゲーム「ストリートファイターII」シリーズから着想されたものらしい。
また、監督として指名された今川泰宏は元々けれん味の強い作風で知られており、スポンサーからの要求に応える力量を持つ人材としては全くの適任者であった。

また、宇宙世紀シリーズから続けてこの作品でもメカニックデザインを担当した大河原邦男は、ガンダムのデザインについて「毎週ガンダムのデザインを考えるのは大変だったが、こだわらずにヤッターマンのラインでやってくれと監督から要望された結果、ビックリするようなものが出来上がった」と評している。
これは、Gガンダムという作品が、ガンダムにおけるそれまでの「兵器」という概念から脱却し、単純明快な「ロボットもの」の作品になったということを端的に表している。

2010年に1/144HG(HGFC)でゴッドガンダムが発売され、続いてノーベルガンダムマスターガンダムシャイニングガンダムといった面子がリリースされている。

海外における「Gガンダム」の評価

2000年に北米で放送された『新機動戦記ガンダムW』の好評を受け、2001年に放送された『機動戦士ガンダム』に続くかたちで2002年8月に放送開始。ガンダムWほどのヒットはしなかったものの現地のアニメファンには大いに受け入れられた。

海外展開の際には、MS IN ACTIONでマンダラガンダムといった主要ガンダム以外のMFまでもがフィギュア化され、その後日本にも逆輸入された。アクションフィギュア大国ならではの展開力でほとんどのガンダムが立体化されることとなった。

ストーリー

未来世紀(FutureCentury, F.C.)60年、四年に一度開催されるという、各国コロニー間の覇権をかけてガンダムファイト第13回大会が始まった。ドモン・カッシュもその1人として、地球をリングにして他の選手たちと闘う。しかし彼の真の目的は、祖国ネオ・ジャパンを裏切ってアルティメットガンダムを奪い失跡した兄キョウジ・カッシュを探すことだった。

登場人物

新シャッフル同盟

ドモン・カッシュ(CV:関智一
チボデー・クロケット(CV:大塚芳忠
サイ・サイシー(CV:山口勝平
ジョルジュ・ド・サンド(CV:山崎たくみ
アルゴ・ガルスキー(CV:宇垣秀成

その他

東方不敗マスター・アジア(CV:秋元羊介
レイン・ミカムラ(CV:天野由梨
アレンビー・ビアズリー(CV:日高奈留美
シュバルツ・ブルーダー(CV:堀秀行
キョウジ・カッシュ(CV:堀秀行
キラル・メキレル(CV:麦人
ミケロ・チャリオット(CV:津久井教生
ジェントル・チャップマン(CV:中田和宏
アンドリュー・グラハム(CV:菅原正志)
ウォン・ユンファ(CV:橋本晃一)
ウルベ・イシカワ(CV:飛田展男
ストーカー(ナレーション)(CV:秋元羊介
風雲再起

各国代表ガンダム

ガンダムファイト出場機体は「モビルファイター(略称MF)」と称する。
シャイニングガンダム
ゴッドガンダム
ガンダムマックスター
ドラゴンガンダム
ガンダムローズ
ボルトガンダム
ライジングガンダム
ノーベルガンダム
クーロンガンダム
マスターガンダム
ガンダムシュピーゲル
デビルガンダム
ウォルターガンダム
ガンダムヘブンズソード
グランドガンダム
ガンダムヘッド
ファラオガンダムXIII世
ファラオガンダムIV世
ネロスガンダム
ジョンブルガンダム
ランバーガンダム
アラクノガンダム
テキーラガンダム
ミラージュガンダム
ミナレットガンダム
ガンダムマグナート
テムジンガンダム
コブラガンダム
ゼウスガンダム
ガンダムゼブラ
マンダラガンダム
バイキングガンダム
マタドールガンダム
マーメイドガンダム
ジェスターガンダム
ネーデルガンダム
アシュラガンダム
スカルガンダム
グランドマスターガンダム

Gガンダムに登場するモビルスーツモビルアーマー

ブッシ
ノブッシ
ファントマ
カッシング
バトラーベンスンマム
デスアーミー

前日談、後日談、外伝等

ヤマトガンダム
コウガガンダム
ガンダムフリーダム
ガンダムモスク
カイザーガンダム
シャッフルスペード
シャッフルダイヤ
シャッフルジョーカー
シャッフルハート
ハイパーゴッドガンダム

ガンダムダブルドラゴン
ボルトガンダムクラッシュ
ガンダムベルサイユ

その他

デビルガンダムJr.(ゲーム SDガンダムGジェネレーションシリーズ)
ガンダムゴッドマスター(ゲーム ガンダムトライエイジ)


主題歌

オープニングテーマ

「FLYING IN THE SKY」(1-27話)
作詞・作曲・歌 - 鵜島仁文 / 編曲 - 鵜島仁文 / 樫原伸彦

「Trust You Forever」(28-49話)
作詞・作曲・歌 - 鵜島仁文 / 編曲 - 鵜島仁文 / 岸利至

エンディングテーマ

「海よりも深く」(1-26話)
作詞 - 井上望 / 作曲 - 白川明 / 編曲 - 小西真理 / 歌 - 彩恵津子

「君の中の永遠」(27-49話)
作詞 - 池永康記 / 作曲 - 樫原伸彦 / 編曲 - 斉藤誠 / 歌 - 井上武英

関連タグ

機動武闘伝Gガンダム ガンダム 黒歴史
今川泰宏 島本和彦 レッドバロン
ガンダムファイト ガンダムファイター モビルファイター
世界三大恥ずかしい告白シーン
シリーズ
機動戦士Vガンダム ← → 新機動戦記ガンダムW

外部リンク

TVアニメ公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「機動武闘伝Gガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2335826

コメント