ピクシブ百科事典

東方不敗

とうほうふはい

東方不敗とは、『機動武闘伝Gガンダム』の登場人物。そして、その名を冠した武術流派の名称。
目次[非表示]

CV:秋元羊介

「この馬鹿弟子がぁ〜!!」

プロフィール

国籍ネオホンコン(出身はネオ大阪)
年齢49~50歳
生年月日F.C10年2月22日
星座魚座
身長193cm
体重85kg
血液型AB型

概要

主人公ドモン・カッシュの武術の師匠である、マスター・アジアの通名。流派東方不敗という拳法の創始者でもある。
ネオホンコン代表のガンダムファイターで、第12回大会の優勝者。

初登場は新宿、襲い来るデスアーミー素手で破壊する破天荒な登場シーンを披露した。その後、しばらくはデビルガンダム捜索のため、愛機のクーロンガンダムとともにドモンと行動する。

しかし、それは見せかけで、実際には裏でデビルガンダムと通じており、クーロンガンダムを密かにマスターガンダムに改造、チボデーやジョルジュら新シャッフル同盟を襲撃しDG細胞を植え付けようとするなど暗躍。
ドモンがデビルガンダムに辿り着くと本性を現し、ドモンと敵対することとなる。

その後、ドモンとは幾度となく敵として戦うが、物語の中盤過ぎに一度だけドモンと共闘。その際に最終奥義である「石破天驚拳」をドモンに伝授している。
そして、ガンダムファイト決勝戦でドモンと最後の決闘をする。お互いにハイパーモードを発動し、最終奥義を撃ち合う壮絶な戦いの末、自らを超えたドモンが真のキング・オブ・ハートであると認め、敗れる。

繰り返されるガンダムファイトの中で傷つき、やつれ果てていく地球を見過ごすことができず、東方不敗はデビルガンダムの意志である「地球汚染と環境破壊の原因である地球人類の抹殺」に賛同、デビルガンダムを自らの目的に利用しようとしていたのであった。
尚、彼自身がデビルガンダムの生体ユニットにならなかったのは既にその身が不治の病に侵されていたためであり、実際劇中でも度々咳き込むシーンがある。
(事実、彼の身体にDG細胞は感染していなかった)
最期は自らが悪に染まっても守ろうとした地球の美しさ、そしてその自然の理を崩そうとした自らの過ちをその身で悟りつつ、ドモンの腕の中でその生涯を閉じた。

見よ、東方は赤く燃えている……

大会終了後

本格的な野心を剥き出しにしたウルベ・イシカワによる、デビルガンダムの完全復活と地球圏の恒久支配がネオジャパンから各コロニー国家に宣言され、レイン・ミカムラを救うためにゴッドガンダムに乗ったドモンをウォン・ユンファウォルターガンダムが襲い掛かるが、東方不敗の意志を継いだ愛馬・風雲再起が援護に駆け付け、「人の恋路を邪魔する奴は、馬に蹴られて地獄に落ちろ!」と、セリフの通りに軽々撃破。

また、デビルガンダム最終形態に苦戦するドモンの前に幻となって現れ、ドモンの決意を促すなど、死してなおドモンの支えになっている。

機動武闘伝Gガンダム・完

今川監督のテンションが上がり過ぎて完結までにまだ数話残しているにも関わらず東方不敗の死亡回絵コンテに『機動武闘伝Gガンダム・完』と筆文字でデカデカと書き込んでしまったというのは余談である。


作品のベースを貫く「荒唐無稽」さ、そして武侠的世界観を大真面目に体現してみせる人物であり、その登場によって良くも悪くも『機動武闘伝Gガンダム』という作品の方向性を決定付けた非常に印象に残るキャラクター像から、本作品の登場人物の中でも屈指の人気を得ている。
公式のガンダムアニメシリーズ内で素手でMSサイズの機動兵器を破壊するという前代未聞の偉業(?)を果たした人物である。



乗機

マスターガンダム
クーロンガンダム
シャッフル・ハート

スーパーロボット大戦

能力の高さもさることながら、生身での強さもしっかり再現されており、MS機械獣などを相手に無双しまくる彼に衝撃を受けたプレイヤーも多かった。
スパロボシリーズに生身・等身大ユニットとしての概念を取り入れた先駆的存在といえよう。

基本的に「中盤までは敵だが、条件を満たすと味方になる」事が多く、
加入後はパイロット能力、マスターガンダムの高性能さに加え、ドモンとの合体攻撃と、隠しに相応しい性能となっている。

ワシは地球人ではない!」発言が物議をかもした(むしろ身体能力的にそうあって欲しいが)。

A

基本的に原作と同じ。
自然環境保護の観点から四ツ谷博士と親交がある。
なお、エピローグではドモン曰く「遠くへ行ってしまわれた」との事であるが、これが文字通りの意味なのか、冥府へ旅立ったのかは不明。

R

Gガンダム本編終了後であるため既に死亡している。
しかしデスピニスによって植えつけられたDG細胞によって無理矢理蘇生させられ、デビルガンダムの生体コアにさせられる。
条件を満たせば助け出され、ゲッター線によりDG細胞を取り除かれて復活、仲間となる(条件を満たしていない場合は再びドモンによって石破天驚拳を受け、完全消滅する)。

64

ジャイアントロボに登場する十傑集の一人、衝撃のアルベルトと長年の宿敵同士であるという設定が追加。
スパロボなのに生身同士で戦闘シーンを行うムチャぶりを見せた
監督同士が同じで、中の人も同じだからこそのネタ。

J

終始敵として登場。今作では生身でアークエンジェルのイーゲルシュテルンを破壊した後、ナデシコに飛び移って攻撃を仕掛けるという超人技を見せ、ナタルに「化け物」呼ばりさせた。

ACE3

シナリオには関らないがプレイヤーキャラクターとして使用可能。
ドモンとの特殊コンビネーション攻撃があるが、ギム・ギンガナムターンXとも特殊コンビネーション攻撃がある。(一方、ドモンは東方不敗以外のキャラとの特殊コンビネーション攻撃は無い)

スピリッツ

ボスキャラクターとして登場。
CM映像のアニメでダンクーガの断空剣を受け止めた。

シュウジ・クロス

本名。若かりし頃の師匠である。
第7回ガンダムファイトにおいて、ヤマトガンダムとともにネオジャパン代表として出場した。
その活躍は『機動武闘外伝ガンダムファイト7th』に描かれている。入手困難だけど。

キング・オブ・ハート



その他-元ネタ関連

  • 映画・スウォーズマンシリーズの登場人物から名前を取っている。
  • スウォーズマンシリーズ第三作目の原題「東方不敗 風雲再起 The East is Red」は、例の流派東方不敗の掛け合いの「東方は赤く燃えている」という言い回しの元ネタになっている。
  • その映画の元になった金庸の武侠小説「笑傲江湖」では秘剣習得のために自ら去勢し宦官として登場する。正攻法では最後まで倒せなかった最強キャラであり、金庸作品中では「独孤求敗」と共に最強の名を欲しいままとしている。
  • 奇しくも90年代香港武侠映画ブームの中で作られた映画において「東方不敗」と「独孤求敗」を演じたのは奇しくも凛とした美貌に名高い「ブリジット・リン」。


流派・東方不敗

流派!東方不敗は!
王者の風よ!
全新!系裂!
天破侠乱!
見よ!
東方は赤く燃えている!

関連イラスト

東方不敗
東方の師弟


布を構えた師匠
無題



関連タグ

機動武闘伝Gガンダム マスター・アジア 流派東方不敗 マスターガンダム ドモン・カッシュ 風雲再起 スウォーズマン

pixivに投稿された作品 pixivで「東方不敗」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1520750

コメント