ピクシブ百科事典

ジャイアントロボ

じゃいあんとろぼ

横山光輝作のSFロボット漫画作品である。
目次[非表示]

概要

原作漫画版の「ジャイアントロボ」、特撮版の「ジャイアントロボ」、
OVA版の「ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日」と、それを元にした漫画版「ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日」「バベルの籠城」、
テレビアニメ版の「GR-GIANT ROBO-」が存在する。

pixivでは

OVA版の「地球が静止する日」のイラストが多い。
タイトルこそ「ジャイアントロボ」だが、主にかっこいい変態親父が大活躍するアニメである。
あまりにも超人揃いなので肝心のロボが空気になりがちであり、「ロボットアニメ」の範囲に収めていいのかを疑う作品となっている。

監督は過去に機動武闘伝Gガンダムミスター味っ子などのぶっ飛んだ演出を世に産み出した"原作クラッシャー"今川泰宏。
大作役に山口勝平を始め、島本須美、家弓家正、若本規夫・・・と、声優もこれでもかというくらい豪華。
音楽は天野正道、ポーランドのワルシャワ・フィルによる演奏。『交響組曲GR』の題で邦人作曲者の吹奏楽曲でも人気は高い。
このような豪華さゆえ、資金繰りに煮詰まり完結に2年の空白を含む6年間を費やした大作である。
これだけの内容でありながら、複数章に跨る作品の一部に過ぎないと定義されている。
この構想は今も生きているらしく、漫画版に引き継がれた「バベルの籠城」も、続きを匂わせる形で終了した。

サニーちゃんのパパを始めとした熱いオヤジ達が名を連ね、村雨健二や十常寺ら死なない男がゾロゾロと現れるわ、諸葛亮孔明の奇策が冴えるわと、
東方不敗クラスの横山漫画キャラがダース単位で出てくるロボットアニメのため、別名:スーパー横山光輝大戦とも。
「自分の作品のアニメ・ドラマ化は、作ってもいい」と言ってできた作品(ゴットマーズとか鉄人28号FXとか)について「なんだあれは」という事が多かった横山氏であったが、この無駄に豪華すぎる作品に関しては、「面白い」と語っていた。

ジャイアントロボ

特撮版

GR1


ビッグファイア団が築き上げた巨大ロボット。数奇な運命に導かれ草間大作少年の守護者となった。大作少年の命令しか聞かず、特に細かい指示がなくても物事に対処してくれる高性能な電子頭脳の持ち主。全身に兵器が搭載されたスーパーロボットである。
ツタンカーメンのようなデザインが特徴的である。最後は地球諸共自爆しようとしたギロチン帝王を抱えて宇宙に飛び立ち、大作少年の命令も振り切って爆発してしまった。

OVA版

鋼鉄の巨神


BF団が草間博士に作らせた原子力を動力源にしている巨大ロボット。GR計画の一環として生み出された存在であり、息子である草間大作少年に託された。特撮版のジャイアントロボをよりはったりのきいたプロポーションにアレンジしている。「地球が静止する日」には巨大ロボットと素手で渡り合える人間が跋扈しているため、主役ロボットと言うより登場人物の一人のようなポジションである。特撮版と同じく原子力で動くスーパーロボットである。ただし、原子力を使用している理由は「ロボの破壊=核爆発」という敵対者に対する脅しが目的の非常に物騒なものである。劇中で描かれたシズマドライブが機能しなくなる特殊なフィールドの影響を受けないという利点は想定外の副産物でしかない。

関連項目

十傑集 衝撃のアルベルト
諸葛亮孔明
ゼプツェン

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャイアントロボ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3811899

コメント