ピクシブ百科事典

RGBP

れっどぐりーんぶるーぴかちゅう

『ポケットモンスター』シリーズにおける総称の一つで、『ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウ』のこと。
目次[非表示]

概要

『ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウ』は、任天堂から発売されたゲームボーイ用のRPGソフト。第一世代として分類される。
『赤・緑』は1996年2月27日、『青』は通信販売限定で同年10月15日からで一般発売は1999年10月10日に、『ピカチュウ』は1998年9月12日に発売された。

総称について

赤(Red)・緑(Green)・青(Blue)・ピカチュウ(Pikachu)からRGBPと略される。
ただし、かつては攻略本などを中心に用いられていたが内容に大幅な変更もないためか、近年ではRGBのみでピカチュウ版をも含む略称として扱われる機会が多かったりする。
またピカチュウ版の英題が『Pokémon Yellow』であることからRGBYと略されたり、さらに言えば青・ピカチュウ版も赤・緑版のマイナーチェンジであることやリメイク版『ファイアレッド・リーフグリーン(FRLG)』と区別して赤緑と呼ばれることも多々ある。また俗称として初代と呼ばれたりも。
なお、現在はRはルビー(Ruby)、Gは金(Gold)、Bはブラック(Black)、Pはパール(Pearl)、Yは『XY』のYが存在するため、混同しないように注意する必要があるのが悲しいところ。

ゲーム内容

プレイヤーはマサラタウンに住む少年となり、旅をしながら多くのポケモンを捕まえてポケモン図鑑を完成させることが目的である。
赤・緑・青版ではオーキド博士から提示されたポケモン、ヒトカゲゼニガメフシギダネの3体のうち1体を、ピカチュウ版ではピカチュウを受け取った主人公はポケモントレーナーとなり、カントー地方の様々な町を旅する。
モンスターボールで捕まえたポケモンを他のポケモントレーナーと対戦することで育成し、ジムリーダーに勝利することでもらえるジムバッチを集めてポケモンリーグに挑戦する。
また、道中ではライバルとの対戦やポケモンを使って悪事をはたらくロケット団を倒すことになる。

冒険の舞台

上記の通り、舞台はカントー地方であるが、当時はまだカントーという名前が無かった。
※のちにジョウト地方と区別をつけるために付いた。
また、当時は付録として取扱説明書と一緒にカントー地方のリアルタウンマップが入っていた。

バージョンごとの違い

いずれもシナリオ、ポケモンの種類数(150体+1)は同じである。

赤・緑

『赤・緑』の片方にしか出現しないポケモンがいる。『赤』のストライク、『緑』のカイロスなど。
ゲームコーナーでコインと引換に手に入るポケモンや、景品交換に必要なコインの枚数が異なっている。

シリーズ初めてのマイナーチェンジ版。
『赤・緑』のどちらかにだけ出現した一部のポケモンが出てこない代わりに、入手手段が交換しかなかったルージュラを野生で捕獲可能。また、ポケモンのグラフィックやその他フィールドグラフィック、交換してもらえるポケモンの種類、ポケモン図鑑の説明文が異なっている。
ちなみに、このバージョンは元々小学館の学習漫画雑誌による限定品として発売されていたため、通常のゲーム店では購入出来なかった。しかし、予想以上に人気だったため(中古販売で定価以上の値が付いたこともある)、発売の約2年後に一般店でも販売された。限定販売版と一般販売版は商品管理用バーコードの有無の違いがパッケージにあり、前者にはバーコードが記載されていない。

ピカチュウ

アニメ版『ポケットモンスター』をモデルとしており、アニメの設定を逆輸入したものとなっている。
アニメ同様、初めのポケモンは必ずピカチュウでライバルは必ずイーブイとなる。さらにアニメで主人公のサトシが3体とも仲間にしたことに倣って旅の途中で上記のフシギダネヒトカゲゼニガメの三匹も手に入れる事が出来る。

基本的なストーリーは上記三作と全く変わりないが、最初に貰えるピカチュウもアニメの設定通りモンスターボールに入るのを嫌い、外に出てきて主人公の後をついてくる。
後ろについてくるピカチュウには話しかけることも可能で返事をしてくれ、機嫌を尋ねることができる。ちなみにその機嫌はバトルの勝敗、更に場所によって異なる。
声はこちらもアニメ版と声優の大谷育江
表情も多種多様で、なつき度や状態異常時などそれぞれに応じて違った態度を見せたり、ポケモンタワー内で話しかけると怯えている姿などが見られた。
また、「かみなりのいし」を使って進化させようとしてもピカチュウが顔を横に振って拒否をするため進化できない(別のカートリッジに送れば可能だが、当然ながら二度と後ろをついてこなくなる)。
この連れ歩きシステムは後に発売されるHGSSで再び採用された。

他にも、登場するトレーナーもアニメ版の設定が取り入れられて手持ちや技構成が変更されているなどの違いがあり、タケシカスミの服装がアニメに近い服装になっていたり、ムサシコジロウと思われるロケット団員が出てくるなど、全体的にアニメを意識したバージョンと言える。

ムサシ&コジロウ



これまでのバージョンではトキワの森にピカチュウが出現していたが、当バージョンでは出現せず、図鑑でも生息不明となっていた。
ちなみにトキワの森にはアニメ通りにピジョンが出る。
(主人公のパートナーになるピカチュウ自身は1番道路で遭遇し、オーキド博士が捕獲した後に手渡される。)
また、イベント配布などにてなみのりピカチュウそらをとぶピカチュウが登場。前者についてはNINTENDO64ソフト『ポケモンスタジアム』では一定の条件をクリアするとピカチュウに「なみのり」を覚えさせることも可能だった。
この「なみのり」を覚えたピカチュウがいないと遊ぶことが出来ない専用のミニゲームが存在した。
前述のようにピカチュウが1体しか手に入らず、そのピカチュウは(別のデータに送らない限り)ライチュウに進化させられないので、このバージョン単体では、ライチュウを入手できない。
似た例はFRLGのエーフィやブラッキー(時計機能がないため)、HGSSのジバコイル、ダイノーズ(テンガン山に相当する場所がないため)がある。

余談

当初はIDによって出現するポケモンが異なる仕様をとるはずだったが、プログラムの複雑化となる為二つのバージョンの仕様に落ち着いた。
非公認だが、実はセーブデータは基本的にどのバージョンでも互換性がある為バックアップメモリーに書き込む手段があれば問題なくプレイ可能。

通信に関してはゲームボーイの通信は速度が遅い為、データを移動ではなくパラメータ等の情報書き換え方式となっている。

ポケモンボックスのボックス番号を切り替える際セーブするのは実はボックスのデータを圧縮・解凍を行っている。

バグが多く当時プレイヤーだった小学生の間でもそのことが広く知られていたため、通常では捕獲出来ないミュウを出現させる他、けつばん、アイテム増殖法などのバグ技が行われていた。これらのバグは製作陣の努力によるバージョンアップによって解消されている。
見えないアイテムを探すダウジングマシンは反応はするもののいくら探しても見つからない現象が一部の場所にあったがこれもバグで実際はその場所には隠しアイテムは存在しない。これはピカチュウバージョンで該当する所で試すと反応しないように修正されている。

赤、緑、青バージョンはトレーナーのポケモンも全て自然に覚えるわざしか覚えていない。その為、相手がレベルの高いポケモンを繰り出しても「にらみつける」や「しっぽをふる」といった最低レベルの技を使ってくる(特に石進化に多い)。
ただしジムリーダーや四天王、最後のライバル戦の切り札となると話は別。ジムリーダーの切り札は倒した時にもらえるわざマシンの技(バブルこうせんや10まんボルトなど)を、四天王はカンナのラプラスがふぶき、シバのカイリキーがじわれ、キクコのゲンガーがどくどく、そしてワタルのカイリューがご存知バリアーを使ってくる。
ライバルの切り札の方はリザードンはだいもんじを、カメックスはふぶきを、フシギバナはメガドレインを覚えている。なお、ピカチュウバージョンはジムリーダーや四天王の技は軒並み強化されている。

また、相手のポケモンが使う技はPP切れにならない点も注意。そのため、はかいこうせんやハイドロポンプなど元々のPPが5しかないわざだろうと、一回の戦闘で9発以上撃ってくる事も十分ありうる。

登場人物

主人公
レッド(初代主人公)

ライバル
グリーン

サポートキャラクター
オーキド マサキ

ジムリーダー
タケシ カスミ マチス エリカ ナツメ キョウ カツラ サカキ

四天王
カンナ シバ キクコ ワタル

敵対組織
ロケット団

ポケモン

ポケモン一覧

御三家
フシギダネ ヒトカゲ ゼニガメ

伝説のポケモン
フリーザー サンダー ファイヤー
ミュウツー

幻のポケモン
ミュウ

ソフト情報

バージョン赤・緑ピカチュウ
機種ゲームボーイ同左同左
ジャンルRPG同左同左
発売日1996年2月27日(火)通販:1996年10月15日(火)1998年9月12日(土)
一般:1999年10月10日(日)
価格(税別)3,900円(当初)3,900円→(末期)3,000円3,000円
販売元任天堂同左同左
発売元任天堂同左同左
開発ゲームフリーク同左同左


20年の時を経て

2015年11月13日に行われたNintendo Directにおいて、『ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウ』の4タイトルが3DSのバーチャルコンソールとして配信予定であることが発表された。
配信日は2016年2月27日で、ポケモン最初のソフト『赤・緑』の発売日からちょうど20周年にあたる。
さらに、バーチャルコンソールとしては特別にワイヤレス通信を使った通信交換・対戦に対応することも合わせて発表された。
発売を記念して初代の4タイトルのパッケージを再現したダウンロードカードが発売されることが告知されている。価格は各1,111円(税別)。また、パッケージデザインを再現した箱・ソフトカートリッジ型のマグネットと取扱説明書風シール・タウンマップがセットになった『特別版』も発売予定。価格は1,389円(税別)
初代の当時の環境をそのまま再現しているので、ゲームボーイ版をプレイした人にとっては懐かしいことだろう。
因みにセレクトバグもそのまま引き継いでいる模様。

また、バーチャルコンソールながらポケモンバンクに対応しており、捕まえたポケモンを第7世代アローラ(や以降の世代)に連れて行ける事をダイレクトの放送中に発表され、『ポケモンバンク』の2017年1月のアップデートで対応した。

バンク解禁時の情報によると、バンクに移したポケモンが、生まれつきの能力が高い&夢特性所持と言う廃人大喜びの性能にグレードアップするのである


関連イラスト

初代
マサラタウンでつかまえて


初期の子達
RGBY Trio



関連タグ

ポケモン ポケモンシリーズ一覧
ピカチュウバージョン
ポケットモンスター

その他のシリーズのタグ

第1世代RGBP (赤緑RGB)……リメイク(第3世代):FRLG
第2世代:GSC (金銀GS)……リメイク(第4世代):HGSS
第3世代:RSE (ルビサファRS)……リメイク(第6世代):ORAS
第4世代:DPt (ダイパDPDpPt)
第5世代:BWBW2 (ポケモンBWポケモンBW2)
第6世代:XY (ポケモンXY)
第7世代:SM (ポケモンSM)

pixivに投稿された作品 pixivで「RGBP」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 986097

コメント