ピクシブ百科事典

レベルファイブ

れべるふぁいぶ

「レベルファイブ」とは日本のゲーム会社である。
目次[非表示]

概要

福岡市に拠点を置くコンシューマーゲームソフト開発会社。
レイトン教授シリーズイナズマイレブンシリーズなどが有名。

元はデベロッパー(ゲームの開発を専門に行う会社)として、主にSCEIの下請けとしてダーククロニクルなどを開発していた。その開発力にDQシリーズ生みの親である堀井雄二が目をつけ、ドラゴンクエストVIIIの開発を行ったことで一躍有名になる。

レイトン教授シリーズからは自社ブランドでの販売を開始。レベルファイブブランドの作品はそのほとんどが社長である日野晃博によってシナリオが手掛けられている。
シナリオの評価は細かい部分で粗があるものの、世界観と全体の雰囲気は良く、イナズマイレブンなどでは熱い展開が評価を得ている。

近年ではゲームと同時にアニメや漫画等でもメディア展開を行っていく「クロスメディアプロジェクト」という手法を採ることが多い。これがイナズマイレブンがヒットし、遂には映画化にまで漕ぎ着けた理由の1つとされている。

レイトンシリーズ、イナズマイレブンシリーズなどでヒットを飛ばし、現在では妖怪ウォッチが爆発的なヒットとなるなど、近年急速に注目が集まっているゲーム会社の1つ。
だが、実は2016年現在非上場企業であり、株主の間では話題に上りにくい。

2015年10月に「LEVEL-5 abby Inc.」をアメリカに設立し、海外展開を開始した。
設立以前は海外に拠点を有してないため、海外でも発売されているレイトンシリーズや妖怪ウォッチは任天堂が代理店となり、任天堂ブランドとしてリリースされていた。

主な作品

レイトン教授シリーズ

ジャンル:アドベンチャー
キャラクターデザイン:長野拓造

puzzle solvers in a little town


レベルファイブが開発・制作のみならず販売も手掛けることとなった初の作品。
当初は三部作の予定だったが、謎解きアドべンチャーが人気を博しセカンドシーズンが発売。
「超文明Aの遺産」でエルシャール・レイトンシリーズが完結し、新たにエルシャールの娘・カトリーエイルの物語が開始される模様。
2009年に公開されたアニメ映画「永遠の歌姫」も好評を博した。
逆転裁判とのコラボレーションソフトも発売。

  • レイトン教授と不思議な町(2007年2月15日/DS)
  • レイトン教授と悪魔の箱(2007年11月29日/DS)
  • レイトン教授と最後の時間旅行(2008年11月27日/DS)
  • レイトン教授と魔神の笛(2009年11月26日/DS)
  • レイトン教授と奇跡の仮面(2011年2月26日/3DS)
  • レイトン教授と超文明のAの遺産(2013年2月28日/3DS)
  • レイトン教授と死鏡の館(2008年10月28日/モバイル)
  • レイトン教授VS逆転裁判(2012年11月29日/3DS)
  • レイトンブラザーズ・ミステリールーム(2013年5月23日/モバイル)
  • レイトンミステリージャーニー カトリーエイルと富豪王の陰謀(2017年7月20日予定/3DS・スマートフォン)

→『レイトン教授シリーズ
→『レイトン教授VS逆転裁判

イナズマイレブンシリーズ

ジャンル:超次元サッカーRPG
キャラクターデザイン:長野拓造

スタンド
GO


ファンタジー並の派手な必殺技演出と個性的なキャラクターたちが人気を博した超次元サッカーシリーズ(あくまで超次元サッカーであり普通のサッカーではない)。
キャラデザはレイトン教授シリーズでも同じみの長野拓造氏がつとめているが、雰囲気はかなり異なる。
元は男児を対象にした作品だったが、アニメ化により女性人気も高くなったためpixiv内でもタグの件数は上位に位置する。
円堂世代のシリーズを終え、10年後が舞台の天馬世代が始動(ただし、円堂を含め旧シリーズのキャラクターは天馬世代でもストーリーに関わってくる)。
天馬世代のシリーズ終了後は再び円堂世代に戻り、2期以降のパラレルワールドとして新たな物語が展開する模様。
ちなみにゲーム1の対戦相手にはレイトン教授シリーズのキャラクターで構成されたチームが登場している。
シリーズのOPは毎回T-Pistonz+KMCが担当している。

  • イナズマイレブン(2008年8月22日/DS)
  • イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ファイア/ブリザード(2009年10月1日/DS)
  • イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー(2010年7月1日/DS)
  • イナズマイレブン3 世界への挑戦!! ジ・オーガ(2010年12月16日/DS)

  • イナズマイレブンGO シャイン/ダーク(2011年12月15日/3DS)
  • イナズマイレブンGO2 クロノ・ストーン ネップウ/ライメイ(2012年12月13日/3DS)
  • イナズマイレブンGO ギャラクシー ビッグバン/スーパーノヴァ(2013年12月5日/3DS)

  • イナズマイレブン アレスの天秤(発売日未定/機種未定)

  • イナズマイレブン ストライカーズ(2011年7月16日/Wii)
  • イナズマイレブン ストライカーズ 2012Xtreme(2011年12月22日/Wii)
  • イナズマイレブン ストライカーズ 2013(2012年12月20日/Wii)
  • イナズマイレブン フューチャー(没作/モバイル)

→『イナズマイレブン
→『イナズマイレブンGO
→『アレスの天秤

ダンボール戦機

ジャンル:プラモクラフトRPG
キャラクターデザイン:無印、W/園部淳 ウォーズ/椎野央子

The Little Battlers


強化ダンボールのフィールドで戦う小型ロボ玩具「LBX」を題材とした作品。
ゲーム・アニメ・漫画・プラモデル・カードゲームとのメディアミックス展開を行っており、ゲームに先行する形でアニメが放映され、プラモ同梱でゲームが発売した。
公式のゲームPVには凄まじいネタバレがあるのでアニメ派の人は要注意(その中にはかなり強烈なミスリードも存在する)。
イナズマイレブンに登場するキャラクターの若かりし頃の姿が登場するがイナダン映画によるとパラレルの模様。
無印編完結後はこれまでの主人公の山野バンに加え、新たに大空ヒロを加えたW主人公制となった。
W完結後の続編ウォーズではこれまでと変わって、あらかじめ名前がついた特定の人物をプレイヤーキャラクターにするのではなく、20種の容姿(男女10ずつ)、16種のボイス(男女8ずつ)を選んで主人公とする「アバターシステム」を採用している。

シリーズのOPは毎回リトルブルーボックスが、作曲は近藤嶺氏が担当している。

  • ダンボール戦機(2011年6月16日/PSP)
  • ダンボール戦機 ブースト(2011年11月23日/PSP)
  • ダンボール戦機 爆ブースト(2012年7月5日/3DS)
  • ダンボール戦機W(2012年10月18日/PSP・PSVita)
  • ダンボール戦機W 超カスタム(2013年7月18日/3DS)
  • ダンボール戦機ウォーズ(2013年10月31日/3DS)

→『ダンボール戦機
→『ダンボール戦機W
→『ダンボール戦機ウォーズ

妖怪ウォッチ

ジャンル:RPG
キャラクターデザイン:長野拓造、田中美穂

本日発売!


2013年発売の、妖怪ファンタジーアドベンチャー。
2014年よりテレビアニメが放送中。基本的に1話完結のギャグアニメ。身近にいるが普通は見えない「妖怪」を腕時計型の道具「妖怪ウォッチ」で探してともだちになっていく、という仕組み。
現在、小学生などの間で爆発的な流行を見せているタイトル。前述の『イナズマイレブン』シリーズや『ダンボール戦機』シリーズ同様のクロスメディア展開をとり大成功。その人気は凄まじく、Mステで小学生相手に好きな曲のアンケートを行ったところ、「女々しくて」やAKB48の楽曲などを抜いてアニメOPである「ゲラゲラポーのうた」が1位になるほど。
一部のネタは親世代にしか分からないものも多く、親子2世代で楽しめる作品であることを重視している。2015年以降は天野景太未空イナホのW主人公になった。
またゲームの内容をアニメに合わせて変更することが非常に多い。(そのため新作がでるたびに何かしらの設定変更が必ずある)

  • 妖怪ウォッチ(2013年7月11日/3DS・2016年秋予定/スマートフォン)
  • 妖怪ウォッチ2 元祖/本家(2014年7月10日/3DS)
  • 妖怪ウォッチ2真打(2014年12月13日/3DS)
  • 妖怪ウォッチバスターズ赤猫団/白犬隊(2015年7月11日/3DS)
  • 妖怪ウォッチバスターズ月兎組(2015年12月12日/3DS)
  • 妖怪三国志(2016年4月2日/3DS)
  • 妖怪ウォッチ3スシ/テンプラ(2016年7月16日/3DS)
  • 妖怪ウォッチ3スキヤキ(2016年12月14日/3DS)

→『妖怪ウォッチ
→『妖怪ウォッチ2
→『妖怪ウォッチバスターズ
→『妖怪三国志
→『妖怪ウォッチ3

ローグギャラクシー

ジャンル:RPG
キャラクターデザイン:長尾圭二、森永二郎

ローグギャラクシー


2005年に発売されたRPG。しかし・・・
日野晃博氏のシナリオと長すぎるダンジョン、更には過剰な程の宣伝とビッグマウスにより2005年度のKOTYで大賞を受賞したある意味レベルファイブの代表作。
このゲームの失敗で、一時期レベルファイブの経営が傾いた。
ローグギャラクシー

二ノ国

ジャンル:RPG

二ノ国好きー!


2010年に発売されたファンタジーRPG。キャラクターデザイン、アニメーションはスタジオジブリが制作協力に当たっている。

  • 二ノ国 漆黒の魔導士(2010年12月9日/DS)
  • 二ノ国 ホットロイトストーリーズ(2010年12月9日/モバイル)
  • 二ノ国 白き聖灰の女王(2011年11月17日/PS3)
  • 二ノ国II レヴァナントキングダム(2017年予定/PS4)
→『二ノ国

GUILD01

2012年に発売された4人のクリエイターによるオムニパス形式のゲーム。後にゲーム単体で発売された。パッケージが怖い。
遊べるゲームは以下の4つ。

解放少女

百年後の日本を舞台にした3Dシューティング。クリエイターは須田剛一氏。
CVに花澤香菜氏と成田剣氏が出演している。PS3で続編のアドベンチャーゲームが発売(発売元は5pb.に変更)。

レンタル武器屋deオマッセ

RPG世界の武器屋を舞台にしたRPG?クリエイターはアメリカザリガニ平井善之氏。シナリオライターは小峰徳司氏が担当。

AEROPORTER

空港を舞台にしたシミュレーションゲーム。クリエイターは斎藤由多加氏。
余談だが、レベルファイブの人気投票にて飛行機が1位、ロゴキャラクターのポーターさんが9位になるという珍事が発生した。後に発表された壁紙は違和感無くハマっていたりする。

CRIMSONSHROUD

テーブルトーク風のRPG。クリエイターは松野泰己氏。

現在開発中の作品

スナックワールド

ジャンル:RPG
2017年に発売予定の、クロスメディアプロジェクト第4弾。
ファンタジーの世界にスマートフォンやコンビニなどの現代カジュアルを融合したハイパーカジュアルファンタジーをコンセプトに展開。
2017年4月よりテレビアニメが放送開始。

  • スナックワールド トレジャラーズ(2017年7月13日/3DS)
→『スナックワールド

メガトン級ムサシ

→『メガトン級ムサシ

その他の作品

タイムトラベラーズ
うしろ

制作に関わった社外作品

ガンダムシリーズ

機動戦士ガンダムAGE ガンダムトライエイジ

タイムボカンシリーズ

タイムボカン24

ドラクエシリーズ

ドラゴンクエスト8 ドラゴンクエスト9

関連タグ

ゲーム 日野晃博 長野拓造
イナズマイレブンGOVSダンボール戦機W
アメリカザリガニ - イベントの進行やいくつかの作品に声優参加などをしている。
松野泰己 - 一時期、レベルファイブに所属していた。
T-Pistonz+KMC リトルブルーボックス

公式ホームページ

レベルファイブ

pixivに投稿された作品 pixivで「レベルファイブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 583975

コメント