ピクシブ百科事典

バター犬

ばたーけん

バター犬とは、オナニーの補助として利用されている犬のことである。
目次[非表示]


この項目はR-18に該当する内容が含まれます。




概要

女性(稀に男性も)が乳首性器バターを塗り、犬に舐めさせて快感を得る行為。を用いることもあるが、猫のはやすり状に毛羽立っているため、刺激が強くなりすぎて犬と同等の快楽は得づらいと考えられている。
生物をつかったオナニーは、獣姦の一種と扱われることがある。多くの場合、動物の意思にかかわらず、奉仕を強制されるものである。動物愛護の観点からも批判が向けられており、動物愛護団体によって悪質な動物虐待として告発されている現状にある。しかし、この行為は密室で行われることがほとんどで、社会問題として顕在化しない。
つうかぶっちゃけオススメし難い行為である。噛まれても知らないよ?男性は尚更危険、形状が似てるし、最悪去勢されるかもしない。

余談だが、めいけんチーズの名前がバターじゃなくて本当に良かったと思っている。

余談

今でこそ自慰行為の一環として扱われる行為だが、古代においては拷問のひとつとして用いられていた。最も用いられたのはヤギであるが。
罪人を縛り上げて足の裏に塩を塗布し、それをヤギに舐めさせると言うもので、ヤギの舌は猫のそれ以上にざらざらしている為、舐め続ける内に皮膚が裂け、肉や骨が露わになると言う苛烈な拷問であった。

また江戸時代の日本では、キツネ憑きの除霊に同様の方法が用いられている。こちらはキツネ憑きの症状を示す人間の全身に魚のすり身を塗りつけて、(キツネが苦手とする)犬をけしかけると言うもの。

関連タグ

獣姦 オナニー バター

pixivに投稿された作品 pixivで「バター犬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 565849

コメント