ピクシブ百科事典

惣流・アスカ・ラングレー

そうりゅうあすからんぐれー

惣流・アスカ・ラングレーとは、『新世紀エヴァンゲリオン』の登場人物。
目次[非表示]

概要

pixivでのタグは基本的にアスカを用いられることが多いようである。

基本的特徴

CV:宮村優子
ドイツ3/4、日本1/4の血を持つクォーター。国籍はアメリカ
口癖は「あんたバカァ?」。

アスカ・ラングレー


生年月日は2001年12月4日。容姿端麗な美少女で、14歳にして大学を卒業している天才
セカンドチルドレンであり、EVA弐号機のパイロット。
血液型は初期はO型だったが、後に庵野の意向でA型に変えられたのは有名な話。

思考と性格の傾向

 勝ち気で負けず嫌い、異常なまでにプライドが高く、自意識過剰ぎみな所がある。
エヴァのパイロット、適格者であることに誇りを持つ。その性格は、幼少期のトラウマに起因している。
アスカは幼少時、EVA接触実験の失敗の後遺症で精神を病み、人形を娘と思いこみ自分を全く見てくれなくなった母親を振り向かせようと努力を重ねた。しかしその努力も報われることなく、母が娘だと思い込んでいる人形と一緒に自殺してしまう。
そのことがきっかけで、誰かの人形ではない、自分で考え自分で生きることのできる強さを持った人間になる決意をし、他人に見てもらえる自分になることで母から得られなかった承認欲求を満たそうとする。
そのために、その後もパイロットとしてだけでなく勉学などにおいても様々な努力を重ね、結果を出してきたが、「もう誰にも負けられない」「他人から必要とされる自分でなくてはならない」という強迫観念にとらわれ、承認欲求と拒絶の入り混じった、心の闇と脆さと紙一重な勝ち気でプライドの高い性格が形成されることになった。
 

容姿についての特筆

企画段階ではブロンド(金髪)であったとされているが、セル画に描写した際に黄色では見栄えが悪かったために赤毛にされたという。ただその他の公式スピンオフ作品によっては美しい金髪に塗られたイラストも公開されているため、彼女のイラストを描くときは金髪でも正解なのかもしれない。
金髪の彼女と赤毛の彼女、pixivユーザーの皆さんはどちらがお好みだろうか?

パイロットとしての能力


エヴァのパイロットとしての能力は、シンクロ率に於いては当初はトップだったものの、戦闘が進むにつれて次第に摩耗していき、最終的にはエヴァそのものの稼働すら困難な状況に追い込まれていった。しかしそれでも暴走させた回数は一度もなく、また、戦闘技術においても格闘・射撃に於いて武器を十二分に駆使して戦うスタイルは主要パイロット三人の中でも際立って行ったと言えるだろう。
むしろ絶望的に信頼性の低いエヴァンゲリオンという兵器で、使徒に効果の薄い兵器を十分に駆使して頑健に抵抗した姿は兵士として讃えるに値すると言える。


戦績


※単独・・・パイロット単独にて敵を行動不能にしたもの
※共同・・・彼女を含む複数のパイロットと共同にて敵を撃破したもの
※被撃破・・・彼女が撃破されたもの

TV版
第6使徒(共同)、第7使徒(共同)第8使徒(単独)、第9使徒(共同)、第10使徒(共同)、第13使徒(被撃破)、第14使徒(被撃破)、第15使徒(被撃破)

旧劇場版
戦車及び航空機多数、EVA量産機(9機:総て単独)


総計
単独撃破10、戦車、航空機多数。
共同撃破4。
生涯総撃破数14。

特記
戦闘時における暴走事故なし、また、エヴァパイロットで唯一のダブルスコア保持者であり、因みにあと一体単独撃破すれば、トリプルスコアだった。当然三人の中ではトップエースである。

他の人物たちとのかかわり

ネルフでの彼女

加持リョウジに憧れを抱いていたが、エヴァパイロットとして日本に来日してからは同居人でEVA初号機のパイロット、碇シンジにしだいに惹かれていく。だが、エヴァのシンクロ率をシンジに追い抜かれてしまい自信を失っていき、度重なる使徒への敗北で自らの存在価値を見失う。
初号機の凍結中に起こった第15使徒アラエルとの戦闘で、使徒による精神汚染攻撃を受け、自らの辛い過去を晒される。
さらにはその時のNERVの対応から、自らが綾波レイより軽視されていると感じ自己を見失う。
エヴァの起動すら不可能になったアスカは、シンジの口から加持の死を知らされ完全に精神を病み、寝たきりの廃人となる。
シンクロ率が追い抜かれた頃より、シンジには愛憎入り混じった非常に複雑な感情を向けるようになる。
旧劇場版ではシンジに対し「あんたが全部あたしのものにならないなら、あたし何もいらない」など、シンジに対する強い執着、独占欲を露わにしている。
公式資料集「エヴァンゲリオン・クロニクル」によると、シンジはアスカに好意とは呼べるが曖昧な感情を持っており、アスカの明確な想いとは温度差があり彼女は傷ついてしまった
彼女はシンジを異性として意識し、愛情と敵意と呼べる振れ幅の大きいものになってしまったが、「あんたが全部私のものに」の発言に気持ちは集約されているとのことである。難解なエヴァンゲリオンという作品の中で彼女のみがシンジへの恋愛感情(愛情)が明言されている異性というのは特筆すべき点であろう。
その愛憎劇が旧劇場版のクライマックスとなり、旧劇場版後のビデオ版以降にアスカがユニゾン頃からシンジに惹かれ、キスして抱きしめるなどの愛情を求めていることを示唆するシーンが説明的・伏線的に追加されている。
レイのことは、最初こそ仲良く(表面上だが)しようと試みたものの、レイの薄い反応や、母親関連のトラウマを彷彿とさせるレイの人形っぽさ、シンジとレイの親密さから毛嫌いするようになる。

学校での彼女

友人たちに関する描写はあまり描かれているとはいえない。ただ、無二の親友とも言える人物にクラス委員長である洞木ヒカリがいる。また男子では鈴原トウジ相田ケンスケ碇シンジの三人を纏めて“三バカトリオ”と纏めてよく口喧嘩をしていたようである。ある意味において、彼女の学校生活や人間関係の賑やかさは、彼女が戦局が悪化する前の当作品の明るいトーンそのものだったとも言えるかもしれない。
尚、脚本集である、EVANGELION ORIGINAL第2巻によると、学校での口喧嘩の合間にヒカリのトウジに対する好意を感じ取るという描写があったが、割愛されてしまったようである。制作サイドは、彼女がそう言った細やかな情を感じ取ることができる繊細な少女であると考えていた証左であろう。

旧劇場版での扱い

冒頭から主人公碇シンジにオナネタにされるなど(彼女本人の気持ちは別として)残念な目に合う。
弐号機搭乗時にEVA弐号機内の母親の魂が自分を見守ってくれていることに気づいて復活を果たし、量産機9体に対し圧倒的な力を見せるが、S2機関を搭載した量産機は時間をおいて復活。ロンギヌスの槍に目を貫かれ、活動限界が訪れたところを量産機9体によって内臓を捕食されるなどのグロシーンの中敗北した。
その後、人類補完計画により一度は補完されたものと思われる。シンジの願いにより他者との境界が曖昧となった際、精神世界において上述のようなシンジへの執着と拒絶を前面に押し出した。補完計画が進行して人類がLCLに還元された際も彼女は補完を拒否
 唯一シンジとともに元の世界へ戻ってきた。
「自己」を強く持っている彼女ゆえに、他者との融合を拒否しLCLの海から人の形を取り戻したものと思われる。
 
この補完の件やラストシーンの「気持ち悪い」などについては、様々な考察や憶測がされている。

新劇場版

新劇場版では、「式波・アスカ・ラングレー」と名前を変えて、「破」から登場した。
「Q」では眼帯を着用し、例の赤い大佐の如く大暴れを見せる。

ちなみに、新劇場版監督の鶴巻和哉氏からはアスカ派である事を公言されている。

その他の“公式”スピンオフ作品での彼女の設定

基本的には勝気な天才美少女という、スタイルが崩されることは少ないが・・・作品によっては親友の洞木ヒカリ顔負けの良妻ぶりを発揮している作品もあった。確認されているだけでもシンジの幼馴染だったり、ほかに男が居たり、レイ同様に公式のセールスプランに振り回されているキャラであろう。因みに、ウエディングドレスを着たフィギィアもかつて販売されていた。余談であるが胸のサイズが不安定という評もある。ただ、エヴァンゲリオンANIMAでは見事に成長した彼女を見ることができる。

ゲーマーとして

意外なことにゲームをする描写がほかの登場人物がほぼ皆無なのに比べ、彼女は二度ほど描かれている。テレビ版ではセガサターン、新劇場版ではワンダー・スワンをプレイしていることが確認できる。いずれも現在からは少々古い型だが、そう言った面ではゲーマーにも親しまれやすいキャラなのかもしれない。因みに育成ゲームである綾波育成計画withアスカ補完計画ではPS2がイベントにて出現している。
 

関連イラスト

編み物
アスカ


asuka...
ご機嫌まぁまぁアスカ


生涯アスカ推し
アスカ



関連タグ

作品
新世紀エヴァンゲリオン エヴァンゲリオンANIMA 綾波育成計画withアスカ補完計画

個別タグ
式波・アスカ・ラングレー アスカ EVA弐号機 あんたバカァ?
黄色いワンピース

グループタグ
LAO LAS カヲアス 

その他
稲垣早希 ※コスプレ芸人。
ハンス・ウルリッヒ・ルーデル ※ドイツ第3帝国が誇る異能生存体。 
エーリヒ・ハルトマン ※ドイツ第3帝国が誇る異能生存体其の2。
惣流・キョウコ・ツェッペリン ※アスカの母。前述の通り、彼女のトラウマの元凶ともなった。

砂姫明日香 ※アスカの名前のネタ元。

pixivに投稿された作品 pixivで「惣流・アスカ・ラングレー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9731558

コメント