ピクシブ百科事典

聖地巡礼

せいちじゅんれい

聖地を訪ねること。 ここでは、本来の意味の聖地巡礼とアニメ・漫画などの舞台や有名人の出身地を訪ねる聖地巡礼の両方を扱う。
目次[非表示]

本来の意味での聖地巡礼

本来の聖地巡礼は、宗教聖地を訪ねることをいう。

世界的にはキリスト教徒によるエルサレム巡礼、カトリック教会のローマバチカン)またはサンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)巡礼、イスラム教徒によるメッカ巡礼などが有名。これらの巡礼は単独の目的地を目指すものがほとんどで、目的地一帯を除き、そこまでのコース自体には宗教的意義は特にないのが基本である。
日本においては、仏教各宗派の本山や古代以来の著名なを参拝する、外国にもよくあるパターンも多い。善光寺参りや、伊勢神宮に参拝するお伊勢参りなどが有名。
また、お互いに遠く離れた複数の目的地をめぐるコースがあり、コース自体に宗教的意義を持つものも多い。弘法大師空海ゆかりの寺をたずねる四国八十八箇所巡り、一般的に言うお遍路や、熊野詣でが特に有名。ご近所にもあるかもしれないので、年配の方に聞いたり、図書館やネットで調べるのもよいだろう。
更に、アイドルミュージシャンなどといったアーティストの出身地や故郷の名所(ファン的な意味で)を巡る旅も彼(女)等の中でこう呼ばれる。

もうひとつの意味で“聖地巡礼”

pixivにおいては、圧倒的にこれを指すことが多い。

和歌歌枕を求める旅はさて置いても、ファン心理から大衆文化の舞台を訪ねる行為は江戸時代にはすでに始まっており、小説映画ドラマなどの舞台に観光客が訪れることは珍しくなく、特にヒット作は町おこしにしばしば用いられてきた。
そんな中、インターネットが普及することによってアニメ漫画などの舞台となっている場所が特定されるようになり、それらの場所を訪ねる行為が盛んになり、「聖地巡礼」が定着した。

聖地巡礼が定着することによって、町おこしの材料に使われることも多くなった一方、マナーの悪さが問題視されることも多くなった。
アニメ化された『銀の匙』はエンドロールで、モデルになった場所(※農業関係)への聖地巡礼を衛生上の問題から控えるよう注意書きを出している。

そこを本当に“聖地”と思っているのならば、節度を持って臨んでいただきたい。

2012年3月7日NHKクローズアップ現代で聖地巡礼の特集が組まれて放送され、番組内では経済効果や問題点、アニメ事情などが紹介された。

主な聖地巡礼の対象

北海道東北

北海道

青森県
宮城県

関東甲信越

茨城県

群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
富山県
石川県
福井県
長野県

中部近畿中国

岐阜県

静岡県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
鳥取県
岡山県
広島県

四国九州沖縄

高知県

福岡県
長崎県
熊本県
鹿児島県
沖縄県

海外


珍しい聖地になった例

名鉄小牧線小牧駅 (ToHeart2愛知県)最初は単純に登場キャラ小牧愛佳(こまきまなか)の名前つながりだけだったが、後に中部圏鉄道用ICカードmanacaが登場した為、本格的にファンの聖地化。

かつては聖地扱いされていたが、廃れてしまった例

新潟県西蒲原郡黒埼町(現・新潟市西区)ときめき東/西(ときめきメモリアル1997年新潟交通電車線に「ときめき駅」が設置された際、名前つながりということで全国からファンが来訪。駅ノートに同作の登場人物が大量に描かれたり、持参したポスターをバックに記念撮影したり(新潟交通も半ば黙認していた模様)するなどの盛り上がりを見せた。しかし、その後同線は1999年に廃止。しばらくは駅施設はそのまま残っていたが、それも2010年頃までに解体撤去されてしまい、現在はその面影を窺い知ることはできない。

外部リンク

舞台探訪アーカイブ

関連イラスト

【聖闘士星矢】地上の歩き方 聖域【聖域巡礼本】
くまモンのぶらり旅~人吉~



関連タグ

聖域 聖地探訪

pixivに投稿された作品 pixivで「聖地巡礼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 744358

コメント