ピクシブ百科事典

僕だけがいない街

ぼくだけがいないまち

三部けいによるサスペンス漫画およびアニメ作品。ヤングエースにて連載された。
目次[非表示]

概要

2012年7月号よりヤングエースにて連載していたサスペンス漫画。既刊は7巻。
3月4日発売のヤングエース4月号(44話目)にて完結。

時を遡る能力(リバイバル)を持った主人公が、過去に戻って選択肢を変えることで現在(未来)を変えようと格闘する姿を描く「ループもの」スリラー。 過去に子供たちを次々と殺害した真犯人は誰なのか?

このマンガがすごい!2014』オトコ編第15位。
『マンガ大賞2014』第2位。『マンガ大賞2015』第4位。
2016年1月にはアニメ版が放送開始、3月には実写映画が上映された。

あらすじ

2006年5月。 売れない漫画家の藤沼悟は、時を遡れる「再上映(リバイバル)」という特殊能力を持っていた。この能力に不満を持ちながらも日々のアルバイトに勤しんでいたが、ある事件を境に、彼の周囲は大きく変化していく。

登場人物

CV:満島真之介(本来)/土屋太鳳(「再上映(リバイバル)」状態)

◇


本作の主人公。北海道出身。1977年3月2日生まれ。2006年5月時点では29歳。
漫画家でデビュー後はなかなか成功せずピザ屋でアルバイトをしている。人付き合いはあまり上手くない。
時を遡れる「再上映(リバイバル)」という能力を持っている。決まって直前に悪いこと(事件や事故など)が起きる際に発動する。自分の意思とは関係なく発生する上に、能力を発動した結果「マイナス」だったことが「プラマイ0」になる(悪いことが発生しなくなるだけ)、もしくは自分にとって「マイナス」になる(未然に防ごうとした結果、自分が労力を使う…など)そのためこの能力に不満を持っているが、損することだと判っているのに関わってしまうお人好しな一面を持つ。リバイバルは通常なら短い時間間隔に起きるものだが、ある日の事件を境に、意識が2006年と1988年を往復するようになる。
 

CV:赤﨑千夏

片桐愛梨はさみ


17歳の女子高校生。悟と同じピザ屋でアルバイトをしている。
悟のことは「尊敬できる友人」と認識している。

CV:悠木碧

雛月加代


小学生時代の悟のクラスメイトで、悟と同じ誕生日。オセロが強い。
母子家庭で、母親から虐待を受けていた。

CV:高山みなみ

妖怪


悟の母親。2006年5月の時点では52歳。
元テレビ石狩の報道部アナウンサーで洞察力が高い。また、うっかり口を滑らせたときは「冗談に決まってるべさ」という口癖がある。
とても52歳とは思えない若々しい見た目をしていることから、悟は「妖怪」と比喩している。

CV:水島大宙
小学生時代の悟の近所の青年。1988年の時点では23歳。
お人好しな性格で、ひとりぼっちでいる子供を見かけるとほっとけず声をかけたり一緒に遊んだりしている。悟が幼き頃によく遊んでくれた相手で、彼を「ユウキさん」と呼んでいた。

CV:宮本充

八代先生


小学生時代の悟の担任の先生。勘がよく誠実な性格で、生徒・父兄たちから人気が高い。

【僕だけが】賢也くん【いない街】


CV:大地葉
小学生時代の悟のクラスメイト兼アジト仲間。

1988年のクラスメイト。アジト仲間。ファイナルファンタジーが好き。外見は女の子のようだが、男の子である。

  • カズ
声 - 菊池幸利
1988年の悟のクラスメイト。アジト仲間。シューティングゲーム好き。

  • 修(おさむ) / オサム
声 - 七瀬彩夏
1988年の悟のクラスメイト。アジト仲間。ドラクエ好き。

  • 柳原 美里(やなぎはら みさと)
声 - 木野日菜
1988年の悟のクラスメイト。気が強く悟や加代をからかう。加代の一件でクラスでは浮いた存在になっていた。

  • 浜田 コウイチ(はまだ こういち)
声 - 吉田麻実
1988年の悟のクラスメイト。悟のライバル。アイスホッケー部のレギュラーで、全国優勝の実力者。

声 - 金子彩花
悟らが通う小学校の隣にある泉水小学校の生徒。ピアノ教室に通っている。
趣味は読書で母が薦めたシェイクスピア・リア王を読んでいる。

  • 高橋店長(たかはしてんちょう)
声 - 竹内栄治
悟と愛梨が勤めているピザ屋の店長。事故に遭った悟を気遣う様子を見せるが、悟が連続誘拐殺人の容疑者になってからは信用できず冷たい態度をとることがある。

  • 澤田 真(さわだ まこと)
声 - 大川透
佐知子の元同僚でテレビ石狩に務めていた記者であり、2006年時点では退職してフリージャーナリストとなっている。
とある事件を追っているが、元同僚という間柄ということもあり事件を通して意見を交換し合うなど佐知子とも退職後も交流がある。

テレビアニメ

2016年冬アニメとしてノイタミナ枠で放送される事が、パンチラインCM内で速報された。

2月25日深夜に放送されたいらこんにて、ファンアート募集が行われる事が告知された。詳細は、下記項目にて。

主題歌

オープニング・テーマ「Re:Re:」

作詞 - 後藤正文 / 作曲 - 後藤正文・山田貴洋 / 編曲・歌 - ASIANKUNG-FUGENERATION
第1話ではエンディングテーマとして使用。

エンディング・テーマ「それは小さな光のような」

作詞・作曲 - 梶浦由記 / 編曲 - 江口亮 / 歌 - さユり
第1話では未使用。

「僕だけがいない街」イラストコンテスト

いらこんのテーマとして、ファンアートコンテストが行われる事になった。ノイタミナが題材になるのはすべてがFになるに続いて2回連続となる。

「僕だけがいない街」イラストコンテスト開催【テレビ番組いらこん】



詳細は、僕街イラコンor上記の募集要項を参照の事。

関連イラスト

Re:Re:
全力で守ってみせる


仲間
友達


関連動画



関連タグ

マンガ ヤングエース 藤沼悟 雛月加代 【腐】ぼくまち
2016年冬アニメ 実写映画化

イラスト・漫画users入り

僕街100users入り僕街500users入り僕街1000users入り僕街5000users入り

外部リンク

KADOKAWA内の公式サイト
TVアニメ公式サイト
TVアニメ公式Twitterアカウント

pixivに投稿された作品 pixivで「僕だけがいない街」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8078345

コメント