ピクシブ百科事典

アルバイト

あるばいと

働き方の一形態で、実働時間が正規就業者よりも短い時給制のパートタイム雇用を指すことが多い。低賃金の労働形態というイメージがある。

アルバイトとは、雇用形態・就業形態のひとつである。パートと同様、正規就労者よりも実働時間が短く、時間単位で就労する(給金が時給制であることがほとんど)ものを指す(職場によっては正社員同様にフルタイムで働いたり、サービス残業があったりもするが)。

語源はドイツ語の「Arbeit」(労働、働くこと)である。
略して「バイト」ともいう。

日本におけるアルバイトとパートタイムのイメージ

アルバイトは、法律上ではパートタイムと同一の雇用・就業形態である。
しかしながら、日本では一般的に以下のイメージが定着している。

  • アルバイト 高校生大学生などの学生が学業の傍らに行う。または、他に職業に就いている者が、副業として行う。アルバイトの目的は、本業であまり稼げない人(売れない漫画家俳優など)が生活を成り立たせる補助としてや、生活費以外の小遣いを稼いだり、働くことで社会との交流を継続したりすることである。
ただ、就職難のためにアルバイトのみで生計を立てざるを得ない人々(フリーター)や、病気でフルタイムで働けない人がアルバイトで短時間働くという形態も多くなっており、正社員になれずに貧困に苦しむ人々、というイメージも強くなっている。退職した高齢者が年金が出るまでの間アルバイトをする、ということも一般化している。

バイトリーダーに関しても記述しておく。主に飲食業でバイト達をまとめる役割を持っている立場の人間。しかしながら、正社員の役職でも無いために履歴上の加点とななり辛い。就職活動のPRのために目指す大学生も多いが、全くの無価値で逆に採用担当者に嫌がられてマイナスのポイントとなるケースも多い。就職活動において、基本的にサークルとアルバイトの話はNGである。

参考リンク
「バイトリーダー」「潤滑油タイプ」etc. そんな学生が「無い内定」なわけ
就活面接、受かる1割の学生の共通点とは?バイト、サークルの話はNG、無意味なES
就活生よ、「リーダー経験」だけを語る自己PRはもう聞き飽きた!

パートタイムの目的は、子供の教育費の足しにしたり、生活のための収入を得る事である。

先に述べたように、アルバイトとパートの差はあくまでイメージ上のものであり、実質上の違いはない。本来パートタイムとは正規雇用の8時間労働より短い労働条件で働いている人のことをさすが、「パート」の身分でフルタイムで働いている場合も多い。

pixivに投稿された作品 pixivで「アルバイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 347440

コメント