ピクシブ百科事典

飯田線

いいだせん

JR東海が運営する鉄道路線。
目次[非表示]

愛知県豊橋駅から、静岡県浜松市天竜区にある中部天竜駅を経て長野県辰野駅を結ぶ、全長195.7kmの鉄道路線。

概要

 この路線の前身は、豊橋駅 - 大海駅間を敷設し、国有化後名古屋鉄道に合併された豊川鉄道、大海駅 - 三河川合駅間を開業していた豊川鉄道の系列会社であり同様に名古屋鉄道に合併された鳳来寺鉄道、三河川合駅 - 天竜峡駅間を開業した電力会社を親会社とし、国有化後は「三信航空機器」となったが戦後解散した三信鉄道・当初「伊那電車軌道」として路面電車を運行していたが、大正時代鉄道に変更し、その後南に路線を伸ばしたものの、国有化により解散した天竜峡駅 - 辰野駅間を開業していた伊那電気鉄道の4つの会社の所有路線をを戦時買収の際国有化し、電圧等を統合した「鉄道省飯田線」である。
 その後、運輸通信省国鉄を経て、現在はJR東海の管轄となっている。
 また、昭和30年代、沿線に存在する天竜川ダム設営のため一部路線が水没することとなったため、その部分の路線を敷設しなおしている。その際、掘削中のトンネルが崩壊寸前になったため破棄し、川に「川を渡るため」ではなく「川沿いの斜面を回避するため」のカーブしたを架橋したり、出口付近が崩壊しかけたためトンネルをY字としたりしている。
 元が私鉄路線かつ基本的に旅客営業を主としていた路線であるため、駅数が非常に多く、かつ駅の区間が短いところが存在するのが特徴( 最短駅間は0.6km )であり、頻繁に停車を繰り返しながら進むため、直通普通列車で飯田線全線を走りぬくには、6~7時間を要する( まあ直通列車があるだけましだが )。
尚、ほとんどの列車は、辰野駅以遠の岡谷駅や上諏訪方面まで足を延ばしている。
豊川駅および後述の区間を除き途中駅で他の路線と基本的には接続しない。かつては本長篠駅から鳳来寺山・海老などを経由して設楽町田口へ向かう田口鉄道が豊川鉄道および鳳来寺鉄道と一体運営されていたが、この路線は買収されず、戦後豊橋鉄道が併合し、田口線としたものの、一体運営不能および木材輸送のため集落から離れていたことによる不振、および水害により廃線となった。また、名古屋本線からの路線の乗り入れをスムースにするための支線である小坂井支線が存在したが、これは豊川線の全通により不要となり、廃止となった。
 また豊橋駅-平井信号場間は名鉄名古屋本線との共用区間であり、この区間にある船町駅と下地駅はあくまでもJR東海の単独駅であり名鉄の列車は停車しない。これは豊川鉄道が名古屋鉄道の源流のひとつである愛知電気鉄道とともに敷設したためであるが、飯田線の普通列車でもこの2駅を通過する列車が存在している。
 なお以下の理由である。共用区間の信号・電気・運行管理は現状では上下線ともJR東海が行っており、基本的に飯田線列車の運行が優先され、名鉄の列車は1時間に最大6本に制限されており、制限速度も85km/h以下に抑えられている。これは名鉄の前身である愛知電気鉄道の豊橋延長に際し、豊川鉄道と線路共用を行う協定が結ばれたことによるものであり、名鉄の普通列車が豊橋駅まで来ず一つ手前の伊奈駅止まりとなるのもこのためである(なお、伊奈駅~豊橋駅間の電車は急行2本のみ。)。

「究極超人あ~る」における飯田線

 ゆうきまさみ原作の漫画究極超人あ~るの作中で、この路線は光画部夏休み旅行の際に良く登場する事は、読者には良く知られている所である。
 また、ドラマCDアニメで使用されている「飯田線のバラード( 歌:山本正之 )」は歌詞こそ「言い出せない」→「言い出せん」→「飯田線」というダジャレを使用しているが、切ない恋模様を描いた名曲なので、機会があったら是非、聴いて欲しい
 「出てくるのはアニメの方で、マンガには一切言及が」と言われる方もおられようが、豊橋( アニメと違うー )から秘境駅をめぐりまくり飯田駅( アニメのじゃないい )に至る間に、「天竜峡」なる「N県昇天峡」のような所が存在するのでご容赦くだされ。

その他

飯田線内には「東上駅(愛知県豊川市)」が存在し、同じJR東海管内の太多線には「小泉駅(岐阜県多治見市)」が存在する。
つまりこの2駅を発着する乗車券を発券すると字は違えど・・・?

関連イラスト

飯田線


 平成24年までの主力電車、119系213系などに置き換えられた。一部は魔改造され福井の地で走り続けている。

一応特急


 豊橋-飯田間には、特急「伊那路」も運行されている。

伊奈谷を走った古豪達 その1


 昭和58年に119系などに置き換えられるまでは、旧型国電の宝庫としても有名であった。

現在運行中の車両

  • 213系:119系の置換え用としてトイレを設置の上神領区から転属。元は関西本線で走っていた。
  • 313系:1700番台・3000番台が運用されている。1700番台は115系(JR東海車)の置換えとして登場。そして、3000番台は119系の置換え用として神領区から転属してきた。以前は300番台も運行されていたが、119系の定期運用離脱と同時に(原則として)飯田線運用から撤退した。
  • 373系:特急伊那路として運用中。
  • 211系:( JR東日本車 ):中央東線篠ノ井線から乗り入れてくる。しかしオールロングシートのため、JR東海の車両と比べると見劣りしてしまう。

かつて使用された車両

  • 119系:飯田線用に開発された近郊型電車。2012年全廃。
  • 115系:( JR東日本車 ):中央東線・篠ノ井線から乗り入れてきたが、2014年3月ダイヤ改正で211系に置き換えられた。
  • 313系300番台:朝のラッシュ時の応援運用が豊橋-本長篠間で設定されていたが2012年3月の119系定期運用撤退と同時に飯田線運用を終了した。と思ったら213系の事故長期離脱期間中に代走運用で姿を見せることがあった。
    • 313系5300番台:2012年3月から9月まで213系が事故で1編成運用を離脱しており、その代走として姿を見せていた。検査でこの編成が運用を外れると上記の300番台が代走していた。


  • EF58:122号機と157号機が「トロッコファミリー号」牽引車の他、霜取りや工臨などで運用されていた時期が存在。現在はJR東海自体が電気機関車の運用を行っていないためこのようなことは行われない。

駅一覧

駅名快速みすず乗り換え路線
豊橋
  1. 東海道本線/東海道新幹線
  2. 名鉄名古屋本線
  3. 豊橋鉄道渥美線/東田本線
船町
下地
小坂井
牛久保
豊川名鉄豊川線(豊川稲荷駅)
三河一宮
長山
江島
東上
茶臼山
三河東郷
大海
鳥居
長篠城
本長篠
三河大野
湯谷温泉
三河槙原
柿平
三河川合
池場
東栄
出馬
上市場
浦川
早瀬
下川井
中部天竜
佐久間
相月
城西
向市場
水窪
大嵐
小和田
中井侍
伊那小沢
鶯巣
平岡
為栗
湯田
田本
門島
唐笠
金野
千代
天竜峡
川路
時又
駄科
毛賀
伊那八幡
下山村
切石
飯田
桜町
伊那上郷
元善光寺
下市田
市田
下平
山吹
伊那大島
上片桐
伊那田島
高遠原
七久保
伊那本郷
飯島
田切
伊那福岡
小町屋
駒ヶ根
太田切
宮田
赤木
沢渡
下島
伊那市
北伊那
田畑
北殿
木ノ下
伊那松島
羽場
伊那新町
宮木
辰野中央本線
川岸
岡谷中央本線


関連タグ

佐久間レールパーク 小和田 373系 鉄道 天龍
究極超人あ~る
下山ダッシュ:上記作品で有名になったワープ走行

pixivに投稿された作品 pixivで「飯田線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45731

コメント