ピクシブ百科事典

165系

ひゃくろくじゅうごけい

国鉄が製造した直流用急行形電車。
目次[非表示]

国鉄 165系電車

国鉄日本国有鉄道)が1963年から設計・新製した直流急行形電車

近郊形電車における113系115系、特急形電車における151系(※)と181系の関係と同様、東海道本線山陽本線系統の急行列車を主たる投入先として開発されていた153系をベースとして、勾配や寒冷地への対応のための装備を付加したものである。

  • ※160番台系列の先頭である161系は、151系の歯車比を変更して157系相当にしたMT46形式であるため、163系(165系に対するMT54搭載の平坦線仕様車だが165系への統一が図られ計画中止・サロ163のみ製造)以降のCS15・MT54系列とは事情が異なる。

本来の投入先である上越線信越本線中央本線中央東線)方面の他、運用の変化により153系の代替という形で東海道本線山陽本線系統等にも進出した。なお、派生系列として修学旅行列車向けの167系、信越本線の碓氷峠区間におけるEF63形との協調運転に対応した169系がある。

国鉄分割民営化時にはJR東日本JR東海JR西日本の三社に承継された。この時点で既に昼行急行自体がほとんど消滅しており、JR化時点での165系使用の定期昼行急行は「東海」(東京~静岡、1996年に373系に置き換えて特急に昇格、2007年廃止。)と「富士川」(静岡~甲府、「東海」と同様の経緯で1995年に「ふじかわ」に改名して特急に昇格。)「赤倉」(長野~新潟、1997年長野新幹線開業と同時に485系特急「みのり」に。その後何度かの変遷を経て、現在の特急「しらゆき」。)のみであった(夜行急行「ちくま」「くろよん」にもJR西の165系が使われていたが、2002年に廃止。)。
JR化後は新潟地区飯田線紀勢本線の普通や夜行列車に使われ、特に天王寺から新宮へ向かう紀勢線の夜行列車(通称太公望列車)や、「大垣夜行」が有名だったが、前者は2000年9月に廃止、後者は1996年に「ムーンライトながら」になった。
その一方、田町新前橋三鷹宮原などの都市部に近い車両基地に配備された車両は専ら波動輸送や「ホリデー快速」などといった臨時列車用に使われ、特にJR東は90年代にこれらの車両をジョイフルトレインにしたり、ライトを換装したりしていた。

しかし、老朽化等により後継車両への置換が進められ、JR東海では1996年(但し飯田線に入ってくるJR東長野地区の車両があったため、完全にいなくなったのは2001年のこと)に、JR西日本では2002年に、そしてJR東日本では2003年新潟地区を最後として全廃された。

また、中小私鉄へ譲渡されたものも存在する。

中小私鉄への譲渡例

秩父鉄道3000系


1992年秩父鉄道へ譲渡された編成は改造の上3000系と名前を変え、線内の有料急行秩父路」や臨時列車で運用されたが、いかんせん老朽化が激しくなり、更新工事にもかなりの費用がかかるため新車に置き換えた方が安上がりだということで2006年に全廃、6000系に置き換えられた。

富士急2002F ラストラン


ジョイフルトレインパノラマエクスプレスアルプス」に改造された6両(3両編成×2本)はそっくりそのまま富士急行へ譲渡され、富士急行2000系と名を変え「フジサン特急」として運用を開始。

しかし、老朽化のため、まず2014年小田急電鉄20000形(ロマンスカーRSE)を購入し、2000系のうち1編成が「パノラマエクスプレスアルプス」時代のカラーにに変更されて引退した。さらにJR東海371系の導入(富士山ビュー特急用の8500系へ改造)が決まり、もう1編成の2000系の引退も決定。2016年2月に引退し、直流急行型電車というカテゴリに属する車両が消滅した。ちなみにこの2000系の元になったパノラマエクスプレスアルプスのうち、第2編成に連結されていたクモロ2202・モロ2102の種車であるクモハ165-123・モハ164-846は急行かわぐち号用に製造された車両で、製造費を利用債で賄ったが、その利用債の引き受け元は何と富士急行である。何とも数奇な巡り合わせである。

関連タグ

急行 ビュフェ/ビュッフェ
急行形車両の仲間達:153系 455系 457系 475系 キハ58系 キハ65 169系

pixivに投稿された作品 pixivで「165系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19034

コメント