ピクシブ百科事典

RSE

るびーさふぁいあえめらるど

ポケットモンスターシリーズにおける総称の1つ。正式名称は「ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド」。その他の用法については曖昧さ回避を参照のこと。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. かつて小田急電鉄が運用していた特急型車両(ロマンスカー)の1つ、20000形の愛称。Resort Super Expressの略。
  2. ポケットモンスターシリーズにおける総称の1つ、「ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド」の略称。

ここでは2について扱う。

ソフト情報

バージョンルビー・サファイアエメラルド
機種ゲームボーイアドバンス同左
ジャンルRPG同左
発売日2002年11月21日(木)2004年9月16日(木)
価格4,800円+税4,571円→廉価版3,619円(いずれも税別)
販売元任天堂同左
発売元株式会社ポケモン同左
開発ゲームフリーク同左
CERO全年齢対象同左


概要

『ポケットモンスタールビー・サファイア・エメラルド』は、ホウエン地方を舞台とした物語である。
ルビー(Ruby)・サファイア(Sapphire)・エメラルド(Emerald)の頭文字を取り、略称は「RSE」。
九州がモデルのためかカントージョウトとは離れており、
いわゆる「過去作品」の話がこのシリーズには全く出てこない(ある施設で地方名が出てくる程度)。

システムが同じ『ポケットモンスタールビー・サファイア・エメラルド』及び『ファイアレッド・リーフグリーン』を
纏めて便宜上「第3世代」と言ったりもする。

ルビー・サファイアは対応機種がゲームボーイアドバンスとなった初のポケモンタイトルであるが、ゲーム機本体(ゲームボーイゲームボーイアドバンス)そのものが第4世代以降のような旧世代ハードとの連動が出来る様な設計ではなかったため、唯一「過去作(RGBPGSC)との連動がない」作品である。

また他シリーズ通して型破りな点も多く存在する。詳しくは後述。

長らくファンからリメイクが望まれていた作品であったが、2014年5月には遂に3DS向けのリメイク作となる『オメガルビー』・『アルファサファイア』が発表され、発売からちょうど12年の2014年11月21日に発売された。

本作の特色

本作は、現行のポケモンのシステムの基礎を作り出した作品であり
このシリーズで作られたシステムが以降のシリーズ全ての基礎となっている。

前よりも増えたポケモンのバリエーション

進化すると成虫抜け殻の2つに分かれるツチニン
天候によって姿の変わるポワルンなど
以前のポケモンでは想像できないような進化や能力を持つポケモンが数多く登場する。

「とくせい」

4つの技とは別に、ターン毎や防御時に効果を発揮するなどの性質を司る「とくせい」がすべてのポケモンに追加された。
水属性の攻撃を無効化しHPを回復する「ちょすい」や
接触技を受けると一定の確率で攻撃側が麻痺する「せいでんき」等、
ポケモンの個性を多様化するさまざまな特殊能力が付与された。
それに伴い、ヌケニンケッキングなどとくせいが極めて重要な効果を持つポケモンも追加された。

ポケモンバトルの新形式「ダブルバトル」「マルチバトル

それまでのシリーズではポケモンを1匹だけ出すことができたが、このシリーズから特定のトレーナー、施設に限りポケモンを場に2匹出すことができるようになった。
これが新形式ダブルバトルである。
もちろん通信対戦でも行うことができ、更に通信対戦ではトレーナーが4人集まって2VS2に分かれて戦うマルチバトルも実装された。

ひみつきち

ひみつきちの記事を参照。

ポケモンコンテスト

今作から、ポケモンバトル以外にも楽しみが増えた。
アクセサリーの着こなしポケモンの運動能力技の出来栄えによる演技の順で、
ポケモンの美しさを競っていき、優勝した証にリボン贈呈と会場に肖像画が飾られる。

バトルフロンティア

クリア後に挑戦できるテーマパークで、様々な状況下でポケモンバトルができる。
テーマパーク内では、Lv50の部・オープンレベルの部で挑戦でき、
連勝を重ねると各施設を取り仕切るフロンティアブレーンに挑戦できる。
経験値と賞金の変わりに獲得できるバトルポイントで、家具やアイテムなどを購入する事が出来る。
ルビー・サファイアではバトルタワーのみ入場可能。

他シリーズとの相違点

モチーフとなった地形が回転している
他の地方はモチーフとなる地形をちょっと形を変えただけだが、ホウエンだけモチーフとなっている九州地方が左に90°回転している。
理由についてはホウエンの項を参照。

街の名前に法則性がない
カントージョウトは色、シンオウは大和言葉、イッシュは文様名が由来となっているが、ホウエンだけは法則性がなく、「シダケ」・「トクサネ」など広辞苑に載っていない造語も多い。

街と道路をつなぐゲートが皆無
他の地方では全てではないが街と道路の間にゲートが有るが、ホウエンには一切ない。

ライバルが自由に名づけ出来ない
いわゆる御三家を選ぶライバルは今まで最初に名づけ出来たが、この作品では固定されている。
その後、BWでまた名づけられなくなり、その続編のBW2ライバルを最後に自由に名づけができるライバルは登場していない。

ライバルとは再戦不可能
他シリーズは殿堂入り後でも何度も対戦できるが、
この作品では御三家ライバルはミナモシティを最後に戦えなくなる。

ライバルが御三家を最終進化形態にしていない
最後のミナモシティ戦でも手持ちの御三家は1進化形態であり、最終進化までさせていない。なお、リメイクでは殿堂入り後のエキシビションマッチイベントが追加され、最終進化及びそのメガシンカを確認できるようになった。

ダブルバトルを仕掛けてくるジムリーダーがいる
フウとランを参照。ダブルバトルでは交代ができないためか、第4世代以降ではストーリー中ダブルバトルを仕掛けるジムリーダーはいない。
また、第5世代にもストーリーでダブルバトルを仕掛けるジムリーダーはいない(余談だが、第5世代で登場したトリプルバトル・ローテーションバトルをストーリーで仕掛けるジムリーダーも、2015年2月現在登場していない)。

ジムリーダーとの再戦はすべてダブルバトル
『エメラルド』のみジムリーダーと再戦できるが、前述のフウとランに合わせたためか全員ダブルバトルを仕掛けてくる。
第4世代以降では再戦はすべてシングルとなっている。

2回目以降の四天王・チャンピオンが強化されない
FRLG以降、2回目以降は手持ちが変更されたり、ただ単にレベルが上がるなど四天王とチャンピオンが強化されるが、この作品(とDP、XY)では一切強化されない。

研究員が勝負を仕掛けてこない
マップ上には研究員はいるものの、トレーナーとして勝負を仕掛けることはない。

チョイワル系トレーナーが皆無
暴走族スキンヘッズのようなチョイワル系のトレーナーが一切いない。
その反面、ポケモンコレクター昆虫マニア遺跡マニアオカルトマニア怪獣マニアなどのオタク系トレーナーは全員登場している。

悪の組織が二つある
マグマ団アクア団を参照。現時点で悪の組織が二つあるのはこのシリーズのみ。
また、ルビーでのアクア団、サファイアでのマグマ団は悪事の描写がなく、敵対組織を止めるために活動しているような印象である(とくにえんとつ山)。

600族が2体いる
ボーマンダメタグロスの2体。その他のシリーズは1体ずつとなっている。

登場人物

主人公・ライバル
男主人公 女主人公 ミツル

ジムリーダー
ツツジ トウキ テッセン アスナ センリ ナギ
フウとラン RSミクリ/Eアダン

ポケモンリーグ四天王
カゲツ フヨウ プリム ゲンジ

ポケモンリーグチャンピオン
RSダイゴ/Eミクリ

敵勢力
マグマ団 アクア団

フロンティアブレーン
リラ ヒース ダツラ アザミ
コゴミ ウコン ジンダイ

ポケモン

ポケモン一覧記事の第三世代(ルビー・サファイア・エメラルド)を参照

御三家
キモリ アチャモ ミズゴロウ

伝説のポケモン
4王(レジ系):レジアイス レジロック レジスチル (レジギガス
禁止伝説:グラードン カイオーガ レックウザ 
準伝説:ラティアス ラティオスラティ兄妹
幻のポケモンジラーチ デオキシス

関連イラスト

ホウエン
いざホウエン!


赤いこと青いこ
トリプルビート!ADV


リメイク!
それぞれの物語



関連タグ

ポケモン ポケモンシリーズ一覧
アドバンスジェネレーション AG

その他のシリーズのタグ

第1世代:RGBP (赤緑RGB)……リメイク(第3世代):FRLG
第2世代:GSC (金銀GS)……リメイク(第4世代):HGSS
第3世代RSE (ルビサファRS)……リメイク(第6世代):ORAS
第4世代:DPt (ダイパDPDpPt)
第5世代:BWBW2 (ポケモンBWポケモンBW2)
第6世代:XY (ポケモンXY)
第7世代:SM (ポケモンSM)

pixivに投稿された作品 pixivで「RSE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5458432

コメント