ピクシブ百科事典

JR東日本

じぇいあーるひがしにほん

東日本旅客鉄道に関するイラストにつけられるタグ。
目次[非表示]

正式名称は「東日本旅客鉄道株式会社」
主に東北関東甲信越を営業エリアとしているJRグループの一社である。

日本の鉄道会社では最大の路線網を持ち、売り上げでは世界最大の金額を誇っている。

英語名は“East Japan Railway Company”
国内向けの出版物や車両に入れるロゴなどでもこの表現を好んで用いているほか、1990年代半ばからは車両の型式名にも“E”の文字を入れるものを正式名としている。ただしE電」は黒歴史である。

エリアの広さと利用者の多さから、趣味的な注目度も極めて高い。

経営姿勢

首都圏の潤沢な乗客と資産を継承した事から、「金持ち喧嘩せず」という傾向が強い。
競合他社への対抗にはあまり熱心ではなく、むしろ棲み分けと囲い込みに力を注いできた。
駅ビルの増改築、ホテルレンタカー旅行業等の拡充、電子マネーSuica」の導入など様々なサイドビジネスに手を出しており、民営化から20年足らずで戦前から多角経営を行ってきた大手私鉄各社を凌駕するほど。
特に「駅ナカ」は大成功しており、冗談抜きに日常生活程度ならば改札すら出ずに成り立たせられるレベルである。反面、ターミナル駅の構造が「ダンジョン」とか「要塞」と揶揄されるほどに複雑化して初見殺しになってしまったが・・・

こうした背景から、本業の鉄道の輸送改善には消極的ですらあり、所要時間が国鉄時代とさほど変わらないといった事も珍しくない(したがって熾烈な競争が起こりにくく、首都圏の鉄道全体が同様の傾向となっている)。
その一方で首都圏の人口は増加の一途を辿ったため、必然的に「質より量」という傾向が強く見られる事も特徴である。
極端なまでのコストカットで国鉄時代を下回るプレハブじみた仕上がりとなった209系や、ひたすらに詰め込みを図った結果オール2階建ての新幹線というイカれた代物になったE1系などはその代表例である。
仕舞いに車両を自給自足し始め、東急系だった工場をグループに取り込んでしまう始末。今では日本有数の鉄道車両メーカーにまで成長し、逆に東急電鉄以下周辺各社に売りに行くほどである。
間接的に同業他社のシェアを奪ったと考えれば、ある種の手の込んだ手抜きと言えるかもしれない。

ただし、サービス水準は相次ぐ苦情や言い逃れできない故障の多発を受けて改善に向かっており、
東急東横線への対抗と三大副都心へのアクセス改善のために新設した湘南新宿ラインや、高速新線のつくばエクスプレス開業に対抗して(元々特急街道で地上側は対応済みであったが)最高時速130km/hのE531系を投入した常磐線など、状況次第では大規模な改革も辞さない姿勢はある。


“E”の文字や湘南新宿ラインの命名が示すように、良くも悪くもミーハーで海外かぶれな傾向もある。
初代成田エクスプレスは悪い例の代表で、欧米基準にこだわって日本ではとっくに一般化していた方向転換機能が無い座席をフランスから輸入した挙句、結果的に廃車を早めるほどの不評を買っている。
走行に関わる技術であっても例外ではなく、海外からの輸入も、海外への輸出も、さほど抵抗を示さない。そうした姿勢は鉄道自体が日本を代表するブランド品と考えるJR東海らの主張に真っ向から反するものであり、同社とは犬猿の仲であると言われる。

もっとも、だからと言って日本の伝統に冷淡だというわけでもなく、鉄道博物館の建設や東京駅の復元などの事業は内外から高く評価されている。
工業デザイナーの育成にも積極的で、いわゆる「水戸岡デザイン」ブームに対抗し得る数少ない勢力の一つとなっている。近年では車両そのものをアートにする例まで出てきた。
あくまでも鉄道は事業の一つと割り切っているのである。


他方で、こうしたビジネスライクな姿勢によって地域との軋轢を生みやすい側面もある。
地方に首都圏の運行理論を持ち込んで官民跨いだ大バッシングに発展した701系や、信越本線の恣意的な分割に端を発する並行在来線問題などが代表例で、この会社が引金を引く形となった社会問題も少なくない。
最も悪質な例では川の水を違法に取って水力発電をしていた事まであり、しばしば収益に見合うだけの還元ができていないと批判されてもいる。

管轄する路線

新幹線

東北新幹線
上越新幹線
北陸新幹線(東京駅〜上越妙高駅間)

新幹線直通特急(ミニ新幹線)

山形新幹線
秋田新幹線

在来線

主な路線。
東海道本線(東京駅~熱海駅間他)
東北本線
中央本線(神田駅~代々木駅・新宿駅~塩尻駅間)
奥羽本線
羽越本線
信越本線(直江津駅~新潟駅)
総武本線
山手線
常磐線
高崎線
上越線

車両形式

主な形式。

国鉄から承継

在来線車両

115系
185系 189系
205系
211系
415系
485系
583系
キハ35系 キハ40系 キハ52 キハ58系
ED75 EF58 EF65 EF81
DD51 DE10

JR東日本で設計・新製

在来線車両

107系 E127系 E129系
209系(901系含む) 215系 E217系
E231系 E233系 E235系
251系 253系 255系 E257系 E259系
E351系 E353系
E501系 E531系
651系 E653系 E655系 E657系
701系 719系 E721系
E751系
キハ100系 キハ110系 キハE120形 キハE130系
キハE200形 HB-E210系
HB-E300系
EV-E301系

新幹線車両

E2系 E3系 E4系 E5系 E6系 E7系

ほかのJRグループから移籍

キハ141系

同業他社から移籍

209系(3100番台、元東京臨海高速鉄道

引退・廃車済み

在来線車両

101系 103系 105系 201系 203系 207系900番台 301系
113系 401系 403系 417系 715系 717系
165系 167系 169系 451系 453系 455系 457系
183系 483系 489系
E331系
EF510JR貨物のライセンス生産)

新幹線車両

200系 400系 E1系

関連タグ

東日本
JR JR北海道 JR東海 JR西日本 JR四国 JR九州 Suica
ジェフユナイテッド千葉
SUPERBELL''Z…ここの線を舞台にした楽曲「MOTER MAN(秋葉原~南浦和)」のヒットで知られる。

関連人物

赤星憲広 十亀剣 吉田一将 小坂誠 攝津正・・・・元社員のプロ野球選手。社会人野球「JR東日本硬式野球部」に赤星・十亀・吉田が、「JR東日本東北硬式野球部」に小坂・攝津が在籍。
高森奈津美

pixivに投稿された作品 pixivで「JR東日本」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1428531

コメント