ピクシブ百科事典

小坂誠

こさかまこと

元プロ野球選手。ロッテ、巨人、楽天に所属した守備の名手。 現在は北海道日本ハムファイターズの2軍内野守備コーチである。
目次[非表示]

選手として

1996年千葉ロッテマリーンズに入団。驚異的な守備範囲で知られた遊撃手でゴールデングラブ賞を4回受賞。
盗塁王も2度獲得している。

後に、読売ジャイアンツにトレード。二塁を守ることが多かった。その後、2009年に東北楽天ゴールデンイーグルスに金銭トレードされた。
守備要員として、又、チームの精神的支えととなり球団初のクライマックスシリーズ出場に貢献
したが、2010年に戦力外通告を受け引退した。

プレースタイル

「足があって守備は良いが、長打力に欠ける」を代表するような選手であったが、川崎球場プロ野球最終試合となったオープン戦では「1イニング2本塁打」(公式戦では1年に1回もない記録)を記録した事がある(元々球場が狭く、この試合だけで両軍合わせて10本塁打、26得点という乱打戦であったが)
小坂は何と言ってもその圧倒的な守備範囲が語り継がれる選手である。小坂は守備はショートであるのだが、ショートの守備範囲はおろか左半分の守備をほぼカバーしてしまう事が多々あり、他球団ファンから憧れとほんの少しの妬みも含めて小坂ゾーンという名前が付いた。城島健司は「小坂さんがいると、毎試合ヒットを1本損する」と語っている。

関連タグ

千葉ロッテマリーンズ 読売ジャイアンツ 東北楽天ゴールデンイーグルス
遊撃手 俊足
初芝清 酒井忠晴

pixivに投稿された作品 pixivで「小坂誠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4401

コメント