ピクシブ百科事典

E217系

いーにいちななけい

E217系電車(E217けいでんしゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の直流近郊形電車。
目次[非表示]

概要

横須賀線総武快速線で運用されていた113系の置き換えを目的として、1994年8月に量産先行車(1次車)となる基本編成11両+付属編成4両の第1・2編成が落成し、同年12月3日より営業運転を開始した。

1995年11月以降には量産型となる2次車の落成が始まり、以降1999年11月落成の8次車までに基本編成51本、付属編成46本となる計745両が製造された。JR東日本が「新系列車両」として開発した209系と同じ設計思想に基づいており、事実上、兄弟車両と言える。首都圏の通勤輸送に対応するため、近郊形電車としては初の4扉車両となり、2階建てのグリーン車も登場した。

大船電車区(現・鎌倉車両センター)と幕張電車区(現・幕張車両センター)に投入されたが、2006年3月18日のダイヤ改正より全編成が鎌倉車両センターへ配置になった。
その後、一部の編成が国府津車両センター(横コツ)に転属し、東海道線に転用されたが、E217系の機器更新(後述)時の予備車確保と横須賀線の増発に伴い基本・付属各2編成が鎌倉車両センターに再び転属している。

本系列の後、近郊形電車の生産は「一般形電車」として統一されたE231系近郊タイプに引き継がれたが、同系列の車体の基本構造や内装デザインに大きな相違はない。

本系列も2007年時点で13年が経過し、電子機器の劣化を考慮して主要な機器類について装置一式を更新することとなった。施工は東京総合車両センターで実施している。
2012年6月に機器更新を受けたY21編成をもって、全編成の更新工事が完了した。

この機器更新の際、鎌倉車両センターに配置されている予備編成が不足することから、E233系3000番台基本10両+付属5両編成1本を国府津車両センターに配置し、捻出されたE217系1本は制御装置の更新を施行した上で鎌倉車両センターに再配置した。全編成の更新工事終了後、2012年に1本が国府津車両センター所属に戻る。

2015年3月14日のダイヤ改正で、本系列の東海道本線での運用は終了した。

運用路線

  • 鎌倉車両センター


横須賀線 総武快速線
成田線(千葉~成田空港)(成田~佐原(付属編成のみ))
内房線(蘇我~君津) 外房線(千葉~上総一ノ宮)
総武本線(千葉~佐倉)(佐倉→成東(付属編成のみまたは基本編成のみ))
鹿島線(佐原~鹿島神宮(付属編成のみ))

  • 国府津車両センター(運用終了)

東海道線(東京~熱海)

関連イラスト

夏だよーっ
うんとこどっこいしょ



関連タグ

JR東日本 湘南新宿ライン
スカ色 湘南色
113系 211系 215系
209系 E231系 E233系 E235系
183系 185系
251系 253系 255系 E257系 E259系

JR四国5000系 -グリーン車の5100形は本系列のグリーン車をベースとしている。

pixivに投稿された作品 pixivで「E217系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30031

コメント