ピクシブ百科事典

近郊形電車

きんこうがたでんしゃ

電車の用途別区分の一つ。
目次[非表示]

概要

電車の用途別区分の一つ。

日本国有鉄道国鉄)・JRグループにおいてはおおむね都市圏・都市間の中距離輸送に対応した車両がこの区分となっている。
国鉄時代は片側3扉でセミクロスシート/トイレ装備が標準となっていたが、国鉄末期頃からは扉数が異なるものや転換クロスシートあるいはオールロングシート装備の車両も出現してきている。

形式号について

厳密には国鉄時代の形式号は3ケタで、先頭が電源方式(1~3:直流用、4~8:交流用または交直両用、9は例外で技術的な試作車全般につけられる)、2ケタ目が用途(1~3:一般用、5~7:急行用、8:特急用、9:試作・試験車)、3ケタ目は形式の固有の番号のために使われる。というようになっている。

しかし首都圏の直流用近郊型電車として111系/113系/115系が大増備されたため、慣習的なものとして2ケタ目を1としていた。

一方、交直両用では当初50Hz用と60Hz用を分ける必要があったことと、新性能の近郊型電車としての登場が先から、401系、421系と付番されていた。後に50Hz/60Hz両用型の415系が登場するが、この際401系・403系を直流用に合わせて411系・413系と改番する計画があった。415系が当初空番の410~413の形式号を飛ばして付番されたことや、共用となるTc車のみクハ411形となったのはこのためである。
しかし、実際には改番は実施されず、JR化後も15年近くまで経って淘汰されるまでこのままだった。
なお、急行型の格下改造で実際に登場した413系は上記の計画によるものとは全くの別物で、引き通し線ジャンパが異なるためそのままでは415系とは併結できないが、交直流急行形とはバラ単位で併結できる。

JR化後は用途号1が一杯になってきてしまったため、JR北海道JR西日本では2も使われるようになった。JR東日本では、E231系以降形式としては一般型として通勤型と統合されたため(実際には仕様が異なり区分番台で分けている)新たな近郊形は登場していない。JR東海では電源号3に空きがあり、JR九州は電源号8がまだ使われていなかったため、それぞれ311系811系からスタートし事実上国鉄の慣習を受け継いでいる。JR四国は形式号規定そのものが全く変わっている。

また、田町区の165系全廃に伴って空いた急行型用の5~7について、JR西日本では一般用途の電車に割り当てるとしている(JR東日本とJR北海道では特急形に割り当てている)。

関連タグ

113系 115系 117系 119系 121系 123系
211系 213系 215系 E217系 221系 223系 225系 227系
311系 313系
401系 413系 415系 417系419系 421系
521系
711系 715系 717系 719系 721系
811系 813系 815系 817系
近郊 インターアーバン 快速 新快速
通勤形電車 一般形電車 特急形電車

pixivに投稿された作品 pixivで「近郊形電車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4618

コメント