ピクシブ百科事典

221系

にひゃくにじゅういちけい

JR西日本の近郊型電車。
目次[非表示]

JR西日本で運用している鉄道車両の系列の一つ。

性能


概要

1989年から1992年にかけてJR西日本が新製・投入した直流近郊形電車。同社として初の在来線用新形式車両である。3扉転換クロスシート車両。

本形式の最大の特徴として、異なるユニット方式の混在が挙げられる。通常、形式内のユニット方式は一種類であるが、221系はMM'方式と1M方式の両方が採用されている。MM'方式は「221」、1M方式は「220」の形式を使用している。最高速度は120km/hであるが、初期グループの一部は681系開発のため、湖西線で160km/h試運転を実施した実績もある。

製造開始から5年後に130km/h性能の223系が登場して以降、定期運用では新快速から撤退し、アーバンネットワーク内各線において快速・普通列車に広く運用されるようになっている。223系に比べると車両のバリエーションや改造も少なく、塗装も登場時より変わっていない。なお、JR西日本の鋼製車で行われている塗装単色化については、221系については今の所は行う予定がないことがJR西日本から発表されている。

運用

当初は混雑が激しくなっていた東海道山陽本線系統の新快速等に投入され、117系を置き換えた。同時期に関西本線(大和路線)の快速大和路快速にも投入され、113系の運用を置き換えた。

変わった運用としては登場初期に夏場の紀伊・山陰方面への臨時急行にも充当されていた(いわゆる「遜色急行」だが、当時まだ山陰方面で残っていたディーゼル急行よりは速度も速く、騒音も少なく座席の質は良かった)。

体質改善工事

JR西日本221系 体質改善工事施工車


これまで国鉄型車両を対象に施行されてきたJR西日本の体質改善工事だったが、2012年末より自社オリジナル車である本系列にも施行されることになった。

工事内容は213系に施行されたものとほぼ同じ要領だが、ヘッドライトがHIDランプ4灯(左右各2灯)になった点が最も注目を浴びている。ただし制御方式はVVVFインバータ制御ではなく直並列組合せ抵抗制御界磁添加励磁制御のままである。

他にドアチャイム・ドア上へのLEDの設置・正面の行先LED・トイレの大型化・立席スペースの拡大と同スペースの椅子の補助椅子化などが行われ、吊り革も225系と同様のものに変更されている。また、単独運用にしか使用しない編成を除き、順次先頭車両の先頭部に転落防止ホロを装着している。

関連イラスト

天王寺駅
221



関連タグ

JR西日本 近郊形電車
311系 721系 811系 :JR他社における同世代・同構造の電車。

pixivに投稿された作品 pixivで「221系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48706

コメント