ピクシブ百科事典

489系

よんひゃくはちじゅうきゅうけい

国鉄が製造した交流直流両用特急形電車。
目次[非表示]

国鉄489系

交直流両用特急形電車の標準形である485系に、信越本線碓氷峠区間(横川駅~軽井沢駅間)における電気機関車EF63との協調運転機能を追加した車両形式である。同区間では単純にEF63側に動力を委ねていた従来車両と異なり、より多くの車両を連結して運転できるようになり輸送力増強に貢献した。

EF63形と連結される上り方のクハ489形500・600・700番台は、連結器カバーが省略され、ブレーキホース(500番台のみ)と協調制御用KE70形ジャンパ連結器が設置された。これによりクハ489形はクハ481形と異なり、片渡りで方向転換ができない構造となったため、上り方と下り方で番台区分を変えている。

協調運転装備を追加した結果、付随車についてもすべて489形となり485系の付随車(481形)とは別形式となった。なお、協調機能は失われるが、基本設計が共通の485系と混結することは可能である。

485系のデザイン過渡期と同時期の1971年1974年1978年1979年に製造されたため、それぞれに対応する区分番台が誕生している。ボンネット型先頭車にキノコ型カバーのAU12形クーラーを備えた0・500番台、貫通型先頭車に小ぶりなカバーのAU13形クーラーを備えた200・600番台、貫通型先頭車を非貫通に改めた300・700番台、グリーン車のみの1000番台がある。

1972年より主に信越本線を経由する特急白山」・「あさま」にて運用された他、協調運転機能を使わない限りは485系と共通運用可能であったことから北陸本線系統の特急列車にも運用された。1987年の国鉄民営化後に、JR東日本が485系から本系列へ2両改造したため、最大で180両が存在した。

1997年長野新幹線開業に伴う碓氷峠区間の廃止とともに本来の用途からは撤退。さらに、2010年3月のダイヤ改正で最後まで定期運用されていた急行能登」が臨時列車化され定期運用が無くなった。2012年4月時点では、波動輸送用に9両編成1本が残存していたが5月に金沢総合車両所へと回送され、保留車のクハ489-1と小松市に譲渡されたクハ489-501(小松駅付近で静態保存)を残して中間車はすべて解体された。2015年にはクハ489-1(京都鉄道博物館で静態保存)が除籍されたため、正真正銘489系は廃系列となった。

現在

寝台特急の「トワイライトエクスプレス」や「北斗星」用の食堂車24系「スシ24形」の一部は489系のサシ489形からの改造車であった。そのトワイライトエクスプレス北斗星の客車も除籍されたため、現在は「サハ489-5」として製造され、のちの改造で485系となったジョイフルトレインきらきらうえつ」の先頭車「クハ484-702」が、489系として登場した車両の唯一の生き残りである。

関連イラスト

雪原に現れた鷹


特急はくたか代走時のもの。

関連タグ

日本国有鉄道 JR東日本 JR西日本 北陸新幹線 信越本線 北陸本線
485系 189系 169系 24系

pixivに投稿された作品 pixivで「489系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135489

コメント