ピクシブ百科事典

北斗星

ほくとせい

北斗星は、JR東日本およびJR北海道が運行していた寝台特急の愛称。
目次[非表示]

北斗七星の別称、あるいはそれに由来するJR東日本及びJR北海道が上野駅~札幌駅間で運行する寝台特急の愛称。
本項目では寝台特急「北斗星」について説明する。

寝台特急「北斗星」

1988年3月13日、青函トンネルを含む津軽海峡線の開業と同時に運行を開始した。運行開始以来現在まで客車は24系客車(食堂車は485系・489系電車から)の改造車両が使用されている。

A個室寝台車「ロイヤル」や食堂車(グランシャリオ)、ロビーカーを連結した豪華編成での運行が好評を博し、その後の「トワイライトエクスプレス」や「カシオペア」の登場の素地を作った。

最盛期は毎日3往復が運行されたが、2008年3月以降は青函トンネル北海道新幹線の線路敷設工事開始に伴い、夜間の工事に響くとのことで、毎日1往復の運行になっている。
1号車~6号車がJR北海道所属車、7号車~電源車がJR東日本所属車の混結編成になったのもこのころである。
2010年7月より、上野駅~青森信号場間の牽引にJR東日本が新製したEF510形電気機関車が投入された。なお、列車番号は「1・2」。2014年の時点では客車列車としては全JR線で唯一のトップナンバーであった。

国鉄時代のブルートレインのイメージを吹き飛ばした次世代ブルートレインとして時代の寵児であった北斗星であったが、北海道新幹線開通のための工事時間の確保や客車の老朽化を理由に、2015年3月14日限りで定期運用を終了した。
その後、8月まで臨時北斗星として定期運用の時と異なる編成で運行。上野発は8月21日出発分、札幌発は8月22日出発分で運行終了となった。現役最後のブルートレインだった。

本来のルートは東北本線IGRいわて銀河鉄道線ー青い森鉄道線ー津軽海峡線函館本線室蘭本線千歳線であるが、災害時には違うルートをとることもあった。(後述)

バリエーション

定期列車以外にも、かつては同じ車両を使って「北斗星」の名前を冠して様々な臨時列車が運行された。

・夢空間北斗星

夢空間+α


夢空間」車両を連結して運行した列車。下記の臨時列車にも連結して運行したことがある。
・北斗星トマムスキー
北海道側の始発・終点をトマム駅にした列車。冬季のみの運転。
東京側は当初は上野駅だっだが、のちに横浜駅や品川駅、新宿駅になった。
経路は横浜駅から大宮駅まで横須賀線山手貨物線東北貨物線を経由(つまりは湘南新宿ラインのルート)し、大宮~沼ノ端は定期列車と同じルートを走る。そして沼ノ端からは室蘭本線をそのまま走り、追分駅から石勝線に入ってトマムまで走った。
・北斗星トマムサホロ
トマムスキー号を延長して始発・終点を新得駅にした列車。
・北斗星ニセコスキー
上野~札幌間を函館本線(山線)経由で走り、ニセコ、倶知安、小樽駅を経由して運行した列車。
・北斗星小樽号
「北斗星1号」を札幌駅から小樽駅まで延長した列車。

トリビア

・運行開始当初は現在のような専用塗装の機関車はなかったため、DD51はじめ国鉄色の機関車が牽引するという、ファン垂唾ものの姿で走っていた。(さらに本州ではお召し指定機のEF81 81も牽引に当たっていた)
・当初「北斗星1号」の函館→札幌駅間では、「ヒルネ」(普通の特急券+乗車券で寝台に座席扱いで乗れる)の制度があった。これは同じ区間を走る特急「北斗」のダイヤを使って走っていたためで、このために函館駅でスハフ14形やスハネフ14形を増結していたことがある。
・運行当初は2往復で1往復は臨時扱い(北斗星81・82号 全車B寝台)で運行してたが、のちに個室寝台車が増備され3往復になった。その後全車B寝台の列車は「エルム」となった。
・災害などで本来の路線が不通となった場合は迂回運転を行うことがあった。本州では常磐線経由や高崎線上越線信越本線羽越本線奥羽本線経由(要するにあけぼののルート)、北海道では有珠山が噴火した際に長万部~札幌間を函館本線(所謂「山線」)経由で走ったことがある。
カシオペア運行開始後も個室主体の北海道編成(1・4号)と全室ロビーカーを連結した東日本編成(2・3号)の2往復が残されたが、のちに統合され、混結の編成に改められた。さらに末期にはB寝台デュエットが減らされ、オハネフ24-500(一般のB寝台)が連結された。

関連イラスト

EF510-501北斗星




関連タグ

東北本線 津軽海峡線 函館本線
カシオペア(列車) トワイライトエクスプレス
24系 EF81 EF510 ED79 DD51

pixivに投稿された作品 pixivで「北斗星」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 226721

コメント