ピクシブ百科事典

PCエンジン

ぴーしーえんじん

目よ、耳よ。ここが戦場だ。
目次[非表示]

概要

1987年10月にNECホームエレクトロニクスが発売したハドソンと共同で開発した家庭用ゲーム機。
代表的なソフトはR-TYPE天外魔境イース(いずれもハドソンが発売)等。

BLAST OFF AND STRIKE
天外魔境
リリアと赤毛のニクいあんちくしょう

※R-TYPE(左)天外魔境(中)イース(右)。天外魔境はPCエンジンのオリジナル作品であり音楽に坂本龍一久石譲に作曲依頼する等話題を集めた。

ゲームの進行状況保存形式は初期のものはパスワード式であったが、後に登場したセーブ可能なゲームはソフトのROM側に記録メモリを搭載するのではなく、拡張バスに接続したセーブ用外部メモリに記録する方式となっていた。

ゲームパッドの接続口は一つしかないため、複数人で遊ぶにはマルチタップなどの分岐装置を購入する必要があった。

他社との比較・傾向

国内販売台数は392万台。
スーパーファミコンが国内シェア独走1位であった頃大きく差を開いて2位のシェアに留まる。
CD-ROM²システムは192万台で、メガCDの普及台数40万台より大きく普及した。
Huカードという厚さ2ミリのカード式ソフト
大容量CD-ROMやマルチタップによる最大5人の多人数プレイ作品
ナムコの業務用メジャー作品や
参入しなかったカプコンセガの業務用メジャー作品のライセンス移植作品が多く投入され
パソコン用ゲーム会社の参入、移植タイトルが多いのが特徴。

おどれフルファイアー
ひとつのDSでっ

ボンバーマン(左)の対戦プレイとスーパー桃太郎電鉄(右)はPCエンジンで産声を上げた。

NAMCO SUPER HEROESパッケージイラスト

※ナムコから画像のキャラクタの登場作品「ワルキューレの伝説」 「超絶倫人ベラボーマン」 「スプラッターハウス」 「ワンダーモモ」 「ドルアーガの塔」。他「源平討魔伝」 「パックランド」 「ドラゴンスピリット」 「オーダイン」 「プロ野球ワールドスタジアム」 「ゼビウス」 「ギャラガ88」 「ワールドジョッキー」等当時のナムコの主要なタイトルはほぼPCエンジンに投入されている。

CD-ROM²システム

PCエンジンはコア構想と呼ばれる多くの周辺機器を接続できる拡張性の高さを想定した構想を掲げていたその最たる目玉商品として1988年に満を持して登場したのがPCエンジン本体背面の拡張バスを使用したPCエンジン用CDドライブ「CD-ROM²システム」であり、初めてコンパクトディスクを採用したゲーム機となる。
それは数字にして540メガバイト(=4320メガビット)という当時の業務用ゲームの平均容量が40メガとして100本(=4000メガビット)入れても余る代物であり、CD-DAによって内蔵音源以上の高音質BGMの演奏・フルボイスも可能になりNo・Ri・Koビックリマン大事界、デジタルコミックようなゲーム機の新しいスタイルも試みられた。
これによりPCエンジンは強力なアドバンテージを長期に渡り得ることとなった。今日までの家庭用ゲーム業界の歴史において「未来の先取り」という意味では比肩する事例の無いゲーム機である。
Huカードスロットを用いたシステムカードにより機能拡張が可能で、SRAM容量を増やしCD-G再生機能を追加したVer2.0、CDのオートチェンジ機能が使用可能となったVer2.1が登場している。
さらにSRAM容量を増やしたSUPER CD-ROM²が登場し、SUPER CD-ROM²規格の本体を使用するかSRAM拡張を行うスーパーシステムカードを旧規格本体に使用することでSUPER CD-ROM²規格のゲームが遊べるようになった。
DRAMを増やす拡張カードアーケードカードも登場している。(SUPER CD-ROM² SYSTEM用はDRAM拡張機能しかないが、旧型となるCD-ROM² SYSTEM用はスーパーシステムカードとしての機能も兼ねている)
1991年には拡張バスを排除したPCエンジンとSUPER CD-ROM²の一体型ゲームマシン「PCエンジンDUO」がヒットし1993年普及モデル「PCエンジンDUO-R」の登場でシステムカードによるRAMの拡張こそ残ったものの、コア構想の大部分は事実上の終演を迎える事となり、以降PCエンジンの市場はほぼCD-ROM²に移りプレイステーションやサターンの台頭するまでの10年弱の独自の市場を形成していくことになる。

余談ながら、システムのバージョンアップや音楽CDと同じようなトラック構成を利用してソフトに隠し要素が追加していたものもあった。
(旧バージョンのシステムで起動すると隠しゲーム等のおまけ要素が見れたり、CDプレイヤーで再生するとゲーム専用CDだという警告を兼ねたボイスドラマや声優のコメント集が聞けるソフトがあった)

PCエンジンGT

詳細はPCエンジンGTを参照。

その他PCエンジンの「コロンブスの卵

モデルチェンジの先達

PCエンジンにはNEC自身の手でさまざまなモデルチェンジ、派生機種が投入されている。
現代でこそそれは任天堂やソニーでも当たり前となった手法だが
PCエンジン以前までは高額なゲーム系パソコンどまりの手法であり
・みんなが同じデザインのゲーム機を共有する事による共感が失われる
・周辺機器の互換性や修理部品の確保が負担増になる
等のリスクも危惧されたと思われ、任天堂のゲームボーイも94年のゲームボーイブロスの登場まではかたくなに1種類のデザインのみで通されていた。
その通例を破ったのが89年のNECによるコアグラフィックス・シャトル・スーパーグラフィックスの3モデル投入であり、以降もGT・DUO・LTなどを意欲的に投入。
他社でもセガが追随するように少しずつ派生モデルを投入するようになり93年以降は顕著になっていく。

定価を下げた先達

定価変更も今でこそ任天堂やソニーで当たり前となっているが
PCエンジン以前は先に買ってくれた人に配慮して定価は下げてはいけないといった空気が強かった。
それはPCエンジンでもコアグラフィックスは旧モデルと同じ24,800円に設定されたり
DUOをCD-ROM²より高い59,800円としスーパーCD-ROM²はコストダウンを名目に翌年の発売に持ち越される予定だった事からも伺える(結局クリスマス商戦に合わせて47,800円で発売される)。

無能な働き者?「NECアベニュー

NECアベニューは社名にNECを冠するNEC傘下のメーカーであったが、任天堂やセガといったファーストパーティのようなソフトの価格優遇はなくハドソンより割高であった。
何より、カプコンやセガ等を相手にライセンス移植の契約を取り付けるのばかり速くて
いざ発売となるとなかなか発売しないのでハドソンやナグザット等の優良な移植企業がライセンス移植をしたくてもできないという、PCエンジンを自縄自縛状態に陥らせていた負の側面が大だった。

ソフトリセット

PCエンジンには本体にリセットボタンが無い代わりに
RUNボタンを押しながらSELECTボタンを押すとリセットをかけることができる。
※「ストリートファイターⅡダッシュ」等の一部のソフトはソフトリセットがかからないようにされている
ソフトリセット操作と似た裏技が設定されていたゲームでは誤操作でリセットしてしまったり、対戦ゲームでは負けそうになったからとリセットするといった悲劇がたびたび起きていた模様。
特定条件でソフトリセットを行ったり、一定回数ソフトリセットを行うといった裏技が設定されていたゲームもあった。

関連動画

PCエンジンHuカードのCM(「オー!ノー!ジスイズHuカード!」)

PCエンジンコアグラフィックスのCM(ドラえもんを起用)
リンク(youtube)
PCエンジンDUOのCM(クリスタルケイを起用)
リンク(youtube)
TurboGrfx-16のCM
リンク(youtube)
Turbo DuoのCM
リンク(youtube)

代表的なソフト

発売年ソフトタイトル
1988年R-TYPE
1989年スーパー桃太郎電鉄 イースI・II 天外魔境ZIRIA
1990年スーパーダライアス ボンバーマン
1991年スーパー桃太郎電鉄II
1992年天外魔境Ⅱ卍MARU スナッチャー
1993年ストリートファイターⅡダッシュ 悪魔城ドラキュラ血の輪廻 天外魔境風雲カブキ伝
1994年 ときめきメモリアル
1995年リンダキューブ


関連リンク


ハード、周辺機器

ゲーム機 PC-FX マルチタップ レーザーアクティブ CD-ROM

ソフト

超兄貴 PC原人 マジカルチェイス 空想科学世界ガリバーボーイ にこにこぷん

関連メーカー

NHK

関連国

ポーランド:修理に必要なギアを生産している国である

その他外部リンク

第3次ゲーム機大戦
BGとかスプライトとか色分けしてみた【PCエンジン編】
BGとかスプライトとか色分けしてみた【続・PCエンジン編】

pixivに投稿された作品 pixivで「PCエンジン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 621061

コメント