ピクシブ百科事典

NINTENDO64

にんてんどうろくじゅうよん

3Dスティックが眩しいゲーム機。略称はN64。通称「64(ロクヨン)」。

1996年発売。

カタカナ表記の場合、ニンテンドーゲームキューブニンテンドーDSと違い、ニンテンド64である。 開発時のコードネームは「プロジェクト・リアリティ」。正式名前が決定する前に名称は「ウルトラ64」、ゲームユーザーからは「ウルトラファミコン」と呼ばれていた。

スマブラの最初の作品はこれから生まれた。「ゲームが変わる。64が変える。」と宣言。ソフトについては少数精鋭主義をとり、良質なゲームソフトの開発と販売を目指した。

概要

プレイステーションセガサターンPC-FXといった次世代機に比べ大幅に発売が遅れたが、上記3機種と比べ圧倒的に高性能であり、前世代の覇者であるスーパーファミコンの後継機として巻き返しが期待された。

グラフィックワークステーション並の3D描画性能、特徴的なコントローラ、多人数プレイを前提とした設計、ロードの短いROMカセットの採用などが特徴。しかしながら、ROMカセットを採用したことにより、「大容量CD-ROMによるムービーを多用した大作RPG」の流行という当時のトレンドに合わず、有力RPGの獲得に至らなかった。

ファイナルファンタジーVII』がプレイステーションにて発売されたこともあり、ソフト販売各社の多くはプレイステーションに注力。『ドラゴンクエストVII』がプレイステーションにて発売されることの発表にいたって趨勢は決し、64は完全にプレステの後塵を拝する結果になり、ゲーム業界のトップシェア、ひいては主導権をソニーに渡すこととなってしまった。(ただしトップシェアは奪われたが、北米、欧州ではスーパーファミコン並みに普及したこともあり、ハード事業としては十分な成功をおさめ、ポケモンブームによるゲームボーイの人気再燃とあいまって社としては当時の過去最高益を出したりもしている。)

 代表的ソフトとしては、前述の「大乱闘スマッシュブラザース(スマブラ)」、「スーパーマリオ64」、「ゼルダの伝説 時のオカリナ」、「どうぶつの森」など。記憶に残るソフトが多く、発売から十数年経てもいまだに語られることの多いハード。
 電源を入れた時点での3Dスティックの位置を中心点として認識するため、スティックを倒したまま電源を入れるとエラい事になる。特にスマブラ発売以降は3Dスティックの酷使に拍車がかかり、コントローラーを潰した人もいると思われる(そしてスマブラ発売対象となるハードの恒例行事となる)。
 ちなみに、ファミコン以来続いていたRF入力は本ハードを最後にサポートされなくなり、ゲームキューブからは完全にビデオ端子からの映像出力に一本化された。

ロクヨンフォーエバー☆彡


 99年末には、本体下部に装着する“ディスクシステム”、周辺機器64DDが会員制通信販売のかたちで発売。大容量磁気ディスクソフトとインターネット通信による「書き換え」から生まれる新しい遊びを提供することを想定し、これによって64は完成することとなった。しかし、発表は早かったが実際の販売はかなり遅れたこと、その販売形態、ソフト不足などにより64ユーザーにも普及は進まず、約1年後にサービスは終了した。一説に1万台程度しか普及せず、ある意味幻のハードとなった。幻のハードなので、2016年現在では中古市場でプレミア価格がついている様子。
とはいえ、後年の任天堂のゲーム機では外部記録メディアで64DDでやろうとしていた事を実現する事となる。

 代表的ソフトとしては、「巨人のドシン」など。また「マリオアーティストシリーズ」は、Wiiの「似顔絵チャンネル(Mii)」の設計思想に受け継がれている。



関連タグ

任天堂 ゲーム機

pixivに投稿された作品 pixivで「NINTENDO64」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 124538

コメント