ピクシブ百科事典

星のカービィ64

ほしのかーびぃろくよん

2000年3月24日にNINTENDO64用ソフトとして販売された「星のカービィ」シリーズのゲームソフト。
目次[非表示]

概要

「4」ではなくあくまでも「64」。「4~63をすっ飛ばしていきなり64かい」と突っ込んではいけない。

2008年4月15日には、WiiのVCが配信され、2015年8月19日には、WiiUのVCでも配信された。現在もVCで入手可能。

このゲームの特徴は二つの能力をミックスしてコピーする技「コピー能力ミックス」
基本となる7つの能力の組み合わせによって新たな能力が生まれる。
(例えばバーニング×カッターで大剣、ストーン×ニードルでドリル等)
詳しくはこちらで

操作に3Dスティックではなく十字ボタンを起用したのは、小さい子でも操作しやすくするためとか。

しかし、本作のカービィは当たり判定の拡大、鈍足、滞空時間が有限になるなど大幅に弱体化されており、即死トラップ等で難航しがち。
デモ画面に垣間見える彼のリアクションは非常に人間臭く、それまで「ピンクの悪魔」と恐れられた化け物じみたカービィ像は鳴りを潜めている。
こうした主人公の下方修正は全シリーズ通して異例のこと。

ミニゲームではカービィだけでなく、ワドルディアドレーヌデデデ大王が使用可能。

ストーリー

広い宇宙のどこかにある、妖精たちの住む星「リップルスター」

そんな平和な空に突然大きな黒い雲があらわれ、星全体をおおいつくそうとしています。

ぶきみな黒い雲のねらいは、妖精たちの大切な宝物である「クリスタル」でした。
そこで妖精リボンはクリスタルを持って宇宙へ脱出します。
しかし黒い雲から生まれた3体の追っ手が逃げるリボンに何度も体当たりをしてきたのです。
やがてその衝撃でクリスタルは砕けちり、いくつかの星に流れ星となってふりそそいでいきました。

一方ポップスターではカービィが星空をながめていると、空から妖精リボンが落ちてきました。
困っているリボンから話を聞いたカービィは、一緒にクリスタル集めの旅に出るのでした…。

ステージ

レベル1・ポップスター

カービィ達の故郷の星。ゲームはここからスタートする。
ボスはおなじみの人面樹、ウィスピーウッズ

レベル2・ホロビタスター

何らかの原因で滅びてしまった星。ステージは砂漠がメインだが
草原廃墟と化した文明の遺跡らしきものが点在する。
ボスは三位一体の遺跡の防衛機構、ピクス

レベル3・ウルルンスター

水に覆われた常夏の星。水中ステージが多いのが特徴。
ボスは巨大なシャチのアクロ

レベル4・コレカラスター

原始時代のような星。鬱蒼と生い茂るジャングル、高山、火山などがひしめている。
ボスは意思を持つマグマのヨガン

レベル5・ブルブルスター

凍てついたの星。あまりの寒さに住民は他の星へ移住してしまった。
無人のデパート地下工場、そして大都会も存在する。
星の地表をよく見てみると・・・。
ステージ後半の工場みんなのトラウマとして名高い。
ボスは巨大戦闘兵器のHR-HHR-E

レベル6・リップルスター

リボンの故郷の星。半分以上黒い雲に覆われている。
ボスはあらゆるコピー能力を操るダークマター族ミラクルマター

レベル7・ファイナルスター

全てのクリスタルの欠片を集め、ミラクルマターを倒す事で行ける星。
ボスはすべての黒幕たるゼロツー

関連イラスト

しあわせの1ページ
10周年おめでとう!


妖精+水晶
カービィ



関連タグ

星のカービィ
カービィ リボン ワドルディ アドレーヌ デデデ大王
02 ゼロツー リップルスター女王
工場見学
リボン+クリスタル ぼすぶっちカービィ

カップリングタグ

カビリボ

pixivに投稿された作品 pixivで「星のカービィ64」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 935256

コメント