ピクシブ百科事典

デデデ大王

でででだいおう

デデデ大王とは、『星のカービィ』シリーズの登場キャラクターである。
目次[非表示]

概要

ペンギンみたいな姿をしたプププランドの大王。
悪戯を繰り返してはカービィと対決する、カービィのライバル的な存在。
対決することは度々あるが、それが自分の意思ではなかったり演技だったりと理由は様々。
カービィの冒険を手助けすることもあり、喧嘩友達なのかカービィとの仲は悪くない様子。

ちなみに『星のカービィ スーパーデラックス』では『グルメレース』という大食い競争とレースをあわせたような競技で対決するが、カービィに負けず劣らずの食欲を持つようである。
さすが国中の食べ物を奪った前科をもっているだけはあるというか…
表には出さないが意外と努力家で初代では行えなかった飛行能力はカービィとの敗北以降に特訓によって会得した物という記述がある。

星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』では「マスクドデデデ」という姿で登場したりもした。その後の作品でも大体本気モードのデデデとして出てきている。

スマブラの説明いわく大王は自称だそうだが、それなりの城を構えてちゃんと兵もいる辺り一人よがりの王というわけでもないらしい。ちなみにデデデ山(Mt,DeDeDe)の居城にはなんとリングが存在しており、彼との最終決戦の舞台となっている。一作目はスポットライトだけの薄暗い部屋にリングがあるだけであったが、スーパーデラックスだと電光掲示板や観客がいるもはやプロレス会場と化しており、電光掲示板には『チャレンジャー 星のカービィ VS チャンピオン デデデ大王』と表示されている始末。

作品ごとに容姿が異なる部分があるので注意。
一人称も「わし」だったり「俺さま」だったりで安定しないが、基本的には「俺さま」の場合が多い。
語尾は「~だ」「~するぜ」が多く、一人称も含めて勝ち気な台詞となっている。
また、ゲーム、アニメ、漫画では大きく性格などが異なっているため設定の混同はなるべく避けよう。

デデデだらけ
好きなDDDを選ぶZOY☆


ちなみに、一部の漫画では『星のカービィ64』のアドレーヌが彼を「デデの旦那」と呼ぶ。
(これは漫画家が任天堂側から提供された資料にそう記されていたと書かれたことがある)

帽子に関しては外したことは無く、漫画版などでそのことが取り上げられたことがある。
任天堂公式サイトにあるニンテンドーキッズスペースによると、実は帽子形の冠だったことが判明した。

ラスボスである事は実は多くなく、ステージ1の大ボス、ましてやステージ1-3の中ボス(倒した後は仲間)になったこともある。
終盤で登場する場合でも、最近は真の黒幕に操られている事が多い。
しかしスピンオフ作品では未だにラスボスとして出てくる事が多いようだ。

CVは彼らの声を加工したものとなっている。


戦闘時

一作目のラスボスだっただけあってかなり強い。
…と思われるが、前述の通り作品によって立ち位置が変わるため、作品ごとの強さがかなり変わる。
攻撃手段はもちろんハンマーによるもの。
その他に巨体を使ってスライディング(ずっこけ)や、空高くジャンプしてカービィを押し潰そうとしたりする。その他吸い込み等。登場作品が多いだけあって技もそこそこ豊富。
カービィ同様すいこみ攻撃も使え、カービィに勝つために特訓して身につけたという飛行によりボディプレスもしかけてくる。
体力が高く、主にパワー系のような攻撃は使ってくるが、空中浮遊における身軽さやハンマー以外のアイテムを扱えるなど多芸な面を見せることも。
スピンオフでは爆弾を投げたり、ロケットランチャーを乱射したり、さらには両手からビームまで出すことも。
ボスを務めた回数も多くプレイヤーキャラクターにもなっているためその攻撃方法は多彩。
プレイヤー時はカービィがハンマーのコピーで使える技よりも更に多くの技を持ち、カービィよりも更に攻撃力が高い。(Wiiではそうでもないが)
メタナイトと並んで他のラスボスキャラのように形態変化せずに生身でカービィと渡り合える一人。

星のカービィ2』や『星のカービィ3』ではダークマターに精神を乗っ取られているため体力が減ると攻撃パターンが変わる。
カービィボウル』では自分の形をしたメカデデデを使ってくる。

トリプルデラックス』の番外作『カービィファイターズZ』では久し振りにラスボスとして降臨。
自身も気にしていたのか、ラスボスとしての登場の少なさを嘆いているという旨の解説文があった。
自らの分身を生み出していて難易度によって数が増える、分身のチビデデデを倒して残り3体になるところで2体の同じ大きさの分身を引き連れて戦う。また、その2体の分身を倒すと夢の泉デラックスのグラフィックを思わせるまでに大きくなる。
めちゃむずモードになると顕著だが、特に今作での彼はまさに大王の名に相応しく、ジャイアントスイングやハンマー乱舞などはもちろん、自力で自分のハンマーから光弾を発射する技やハンマーによる衝撃波攻撃を繰り出してくる。(このハンマーにはスターロッドの意匠がある)
対戦ステージはなんと夢の泉

ちなみに『トリプルデラックス』では『大王のデデデでデン』もあり、そのモードではBGMに合わせて飛び跳ねるデデデを操作し、障害物をかわしては時折タンバリンを打つ、アクションゲーム風の音ゲーとなっている。

固有戦闘BGMに『デデデ大王のテーマ』をもっている。

また、上記の『カービィファイターズZ』では、めちゃむずのみデデデ大王のテーマの集大成とも言えるアレンジメドレー『ヒストリー オブ デデデ』が収録されている。(曲名はMiiverseでの公式スタッフの投稿より


性格

いたずらが好きで、国中の食べ物を奪ったり星を奪ったことはあったりしたが、後述のように根は良い人で、時にはわざと悪役を被ってまで世界を平和にしようとする働きも見られる。
(こうした傾向は、クロスオーバー作品である『大乱闘スマッシュブラザーズX』の「亜空の使者」でも見られた)。
また、大王らしく親分肌な一面もあり、星のカービィ64での公式サイトによる紹介では、
「クリスタル集め?ホントはそんなのやりたくないけど、あいつらだけじゃ心配だな。しかたがない、オレさまも手伝ってやるぜ!」
と書かれており、クッパ程ではないにしろある一種のツンデレ(通称:ツンデデ)を見せることも。

デデデ大王の功績

夢の泉の物語ナイトメアの悪事を防ぐ為にスターロッドを分割して隠し、戻そうとするカービィにダイビング土下座をしたり、星のカービィ64星のカービィWiiカービィ達の仲間になるなど、「悪戯好きだが、プププランド等に危機が訪れた際はそれを防ぐべく活動するキャラ」と描写されている。
トリプルデラックスの『デデデでゴー!』では「この国は女王…じゃない 大王さまが おさめてやるぜっ!」と、女王を失ったフロラルドを治めに向かい、なぜかその女王と自力で対決している。(ただし、次回作であるロボボプラネットの「メタナイトでゴー!リターンズ」がパラレルワールドと公言されているため、こちらもそう解釈すれば、なんら矛盾はない。)

また、カービィコピー能力ハンマーの説明には『デデデ大王直伝のハンマー』とある。

登場作

鏡の大迷宮一作を除き、全てのカービィシリーズに登場している。
操作キャラクターとしてプレイヤーが扱える作品は、星のカービィ64カービィのエアライドタッチ!カービィ星のカービィWiiトリプルデラックス
そして、DLソフトとして『大王のデデデでデンZ』が単体で発売され、カービィシリーズ初のスピンオフタイトルでの主役を務めた。
ちなみに、トリプルデラックスの『デデデでゴー!』においてこのキャラあのキャラを相手にし、ある意味鏡の大迷宮のリベンジを果たした。

スマブラにおけるデデデ

DEDEDE
我々をお忘れではないですか?
次は負けねぇ!!!!!


大乱闘スマッシュブラザーズシリーズにおいては1作目の頃から参戦要望が多かったキャラであり、スマブラXにて遂にプレイヤーキャラとしての参戦が実現した。
なお、本作では声優を桜井政博が務めている(この理由については、星のカービィ64で桜井がデデデの声を吹き込んだのと、アニメ版の「~ぞい」がスマブラの世界観には合わなかったためと説明されている)。
重量キャラに分類されるが、多段ジャンプなどのカービィのアクションも一部使えることから、スマブラにおける他の重量級キャラよりは身軽であり、トリッキーな立ち回りが可能。

シリーズ最新作・スマブラ3DS/WiiUにも参戦が決定。なお、キャラクターデザインが若干変更されており、顔の表情がアニメ版に近いものになった。

最後の切りふだは、Xでは手下のワドルディ、ワドルドゥ、ゴルドーを呼び寄せて相手をステージ外に追い出す「ワドルディ軍団」、3DS/WiiUでは相手を吸い込んだ後でハンマーを滅多打ちにする「デデバースト」。

スマブラX亜空の使者では夢の泉の「自ら悪役を買って出る」というスタンスが強調され、結果ソニック以外(自分含めて)全員が戦闘不能になり再起できなくなった危機的状況を一度は打破している。

アニメ版

CV:緒方賢一

デデデにプレゼント
This is CHANNEL DDD!!!
デデデ組


デデデ陛下とも言う。プププランドを治める独裁者民主主義を真っ向から弾圧し、言動もとにかくわがままでやりたい放題。
(ゲームでは遊び好きが高じたいたずらや悪さがメインで、性格はさほど悪くは無いが、アニメでは悪どさが際立っている)
幼い頃のトラウマ(詳細は語られていないので不明)が原因で知能の発達が幼年期地点で止まっているらしく、知能が非常に低い。そのバカさは単純な足し算が解けなかったり、魔獣代金1億デデンから2億デデンへの値上げを「安い」と発言するほど。しかし、行動力と悪知恵に関してはピカイチ。
ププビレッジの住人の多くからは「陛下」と敬称で呼ばれてはいるものの、人望は殆ど無いに等しい。
直接の部下であるエスカルゴンワドルドゥ隊長からもバカにされることも少なくない。
ただし、生活の面倒を見ているワドルディは言葉こそ発しないが忠義を尽くしている。
そのため、彼らへの食費をケチった時には大暴動になった事もある。

エスカルゴンと共に、カービィを倒そうと常に悪巧みをしている。
しかしそのバカさとエスカルゴンのフリーダムさ故にカービィを倒す計画はいつも失敗に終わり、それどころか自分に災いが返ってきたりとなかなか憎めない一面もある。
幾度となく高い金額を支払って買った魔獣を倒されることで、いつしか膨大な借金が生まれることに。しかし、心の奥底ではカービィを愛しているところもあるようで、カービィが死んだと騙された時には涙したこともあった。
また、妖星ゲラスがプププランドに衝突しかけた時には村人のために公園を作ったりと、たまにではあるが優しい面もみられる。また、民に教育をすべく学校を作るが、王室の偉大さを押しつけがましく教える校則であったために嫌がられ、しかも魔獣の暴走と撃破された爆発で校舎が大破。オイオイと泣きじゃくっていた事もあった。
なお、本人は悪事についてはあまり自覚が無いようで、自分の行いをエスカルゴンに指摘されるまで良いことだと思っていたり、「悪さは偉大なる大王様であるこのわしの特権ぞい!」と開き直ることも。

ちなみにデデデ曰く「プププランドは代々デデデ族が統治し今上大王のデデデはプププランドの第17052代領主(在位300年)」としているが、プププランドは元々キャピィ族のものという設定がある。
つまりデデデは勝手に大王を名乗っているだけである。

なお、公式で「〜ぞい」と言っているのはアニメ版だけである。「カラカ=ゾーイ」を参照。
ゲームでは毛糸のカービィでのみ「〜ぞい」と喋っているが、20周年に発売された公式ブック『プププ大全』によると、「ゲームのデデデ大王と違い、アニメのデデデ大王は語尾に『ぞい』とつける」「毛糸のカービィはアニメ設定とのコラボ」であるとの旨が記載されている。

関連イラスト

ぼくらのおうさま
皆で食べる方が美味しいよ
DEDEDE
デデデ大王描いた
オレ様がなんとかしてやるよ
弾切れぞい!!
ご自慢の
やらいでか!
ワドルディ軍団
つかまれ
トリプル大王様
ベルとタンバリン



関連タグ

星のカービィ 星のカービィ(アニメ)
カービィ メタナイト バンダナワドルディ アドレーヌ エスカルゴン
デデデ マスクドデデデ ブラックデデデ

pixivに投稿された作品 pixivで「デデデ大王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4412509

コメント