ピクシブ百科事典

ドロシア

どろしあ

ドロシアとは『タッチ!カービィ』に登場するラスボスである。
目次[非表示]

絵画の魔女。
かつて省みられる事が無かった名も無き絵に怨恨が溜まり、現実世界の存在に嫉妬する魔女へ変貌した。
世の中のあらゆる物を自分の結界(絵画世界)に引き込み、カービィに魔法を掛けてボールにした張本人。

概要

タッチ!カービィ』のラスボス
プププランドを絵画世界に引きずり込み、立ち向かったカービィに魔法を掛けてボールにしてしまった。
その正体は誰にも省みられる事が無かった名も無きの怨霊で、現実世界を妬み、全てを絵画世界に変えようとしていた。
第一形態の『ドロシア ソーサレス』では綺麗に着込んだ魔女の姿をしているが、彼女を撃破した後に出てくる真の姿『ドロシア ソウル』は絵の具を沢山混ぜ込んだようなグロテスクな球体である。まあ、カービィシリーズではボスがグロいのはお約束ですが。

その成り立ちと女性体である第一形態、そしてパイプオルガンのような第一形態のBGM故にカービィシリーズのボスの中では人気が高いキャラクターである。
また、カービィシリーズで、初の「女性」であることが明言されているラスボス。

詳細

第一形態 ドロシアソーサレス

ドロシアさん
ドロシア・ソーサレス
カービィ対ドロシア
ドロシアソーサレス


「ソーサレス(魔女)」の名にふさわしく、ローブを着こんだ魔女のような姿をしている。
常にバリアを張っており、「魔法の筆」やカービィのタックルを受け付けない。ドロシア自身が放つ火球をはじいて当てることでバリアが壊れ、攻撃が可能になる。
「物体を絵画に変える能力」と「絵画を実体化する能力」を持ち、戦闘ではある程度ダメージを与えることで後者の能力を駆使した「ペインター」で攻撃してくる。また、後述のように手下を召喚することもある。


なつかしのBGMに設定変更していると夢の泉(夢の泉デラックス版)になる

第二形態 ドロシアソウル

ドロシアソウル
ドロシアソウル
ドロシアソウル


ドロシアの真の姿。ドロシアソウルを参照。

ステージ

草原・海・川・火山などで組成した7つの世界と、ドロシア自身の居間がある。
7つの世界はそれぞれ3つのエリアに分かれており、絵のような風格にしており(背景も一枚の絵)、星のカービィシリーズおなじみの敵が待ち伏せている。
ドロシアの居間では、床や天井が絵の具に厚く塗られているように見える。
また、気味の悪い笑みを浮かべ、時折「ヒャヒャヒャヒャ・・・・」などと哄笑を上げる絵画がいくつも掛かっており、全てを落と
すと1upまたはマキシムトマトが手に入る。

手下

ドロシアは形態によって異なる手下を召喚する。
ドロシアソーサレスはパラソーサレスという、ドロシア自身を小さくしたようなザコ敵を召喚する。
ちなみにこのパラソーサレス、カービィが当たると氷状態にしてくる。
ドロシアソウルはパラマターというザコ敵を召喚する。
花型の物体に一つ目がついた姿をしており、色によってバーニングアイスボールレーザーによる攻撃をしてくる。
マターと付くことや一つ目であることからドロシアはカービィ因縁の敵集団ダークマター族との関係を疑われるが、真相は不明である。
ドロシアは長年経った絵画が意志を持った存在であり、どちらかと言うと付喪神に近い。
そのため、ファンの間ではダークマター一族との関連性はないという説が有力。

その他

後の作品であるトリプルデラックスには、彼女の妹と思しき存在であるペインシアというボスが登場。容姿や誕生した経緯などがドロシアと似通っており、攻撃方法も絵を連想させるようなものとなっている。

ドロシアとペインシア



タッチ!カービィ スーパーレインボーでは、フィギュアとして登場。
カービィハンターズZでは、マジックビームに彼女を模したそうびがある。

関連リンク

カービィwiki

関連タグ

星のカービィ タッチ!カービィ 絵画  絵の具 ラスボス ボス 美術 芸術
アドレーヌ ペインシア クレイシア

pixivに投稿された作品 pixivで「ドロシア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 923232

コメント