ピクシブ百科事典

メタナイト

めたないと

メタナイトとは、『星のカービィ』シリーズの登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

ファミコン版『星のカービィ夢の泉の物語』から登場した、仮面の剣士。
時には敵として、また味方として、カービィの前に現れる。
戦艦ハルバードの所有者。
スーパーデラックス』では戦艦ハルバードという軍艦を製造、所有。堕落に満ちたプププランドの制圧に乗り出す。戦艦の船首に自らの仮面をかたどり堂々とアピールしている点を、スマブラXにおいてソリッド・スネークから「ナルシストなのか?」と指摘されている。
剣士としての強さをも求めており、銀河で最強の戦士との戦いを望む。
彼の直属の配下(メイスナイトトライデントナイトジャベリンナイトアックスナイト)は、総称してメタ・ナイツと呼ばれる。
同シリーズのソードの能力を持つ敵キャラクター、ブレイドナイト(ブレードナイト)と関連付けされることも有る。

ちなみに後述のアニメ版やスマブラを除いて星のカービィWiiでもボイスが割り当てられているが、ミーバースによれば声に特色のあるスタッフが演じたらしく(スタッフ名などの詳細は不明)、アニメ版及びスマブラの声優ではない。

容姿

常に仮面を装備している。その素顔は、彼を倒して仮面を割ることによって見ることが出来る(仮面が割れるとすぐに顔を隠して逃げていく)。
瞳の色は『ウルトラスーパーデラックス』以前は白。『ロボボプラネット』からは3Dで白色は違和感があるという理由で、黄色に変更されている。
スーパーファミコン以降はマントを羽織るようになった。このマントは前述の通り、蝙蝠の翼状に変化させることで飛行することが可能。
USDXによると、このマントの羽ばたきには微弱な攻撃判定がある(ウイングの羽ばたきと同じ)。

性格

「敵か味方か?」「孤高の騎士」とも紹介されたが、
彼の性格は『スーパーデラックス』の『メタナイトの逆襲』で方向性が決定付けられた。
一人称は『私』。冷徹だが、仲間思いの一面がある。
また、前述のようにカービィと一騎打ちを所望するなど、騎士道精神にあふれる。剣士としての求道者的な一面も持ち合わせている。リメイク版の「夢の泉物語DX」、「ウルトラスーパーデラックス」ではカービィが本編終盤までに歩んだこれまでの道のりをメタナイトが「修行の旅」として追って歩む「メタナイトでゴー」というサブゲームがある。「ロボボプラネット」でも同様のモードがあるが、こちらでは本編でカービィがのんびり昼寝している間の設定であったりする。

実力

戦う時はカービィにを渡し、一騎打ちを挑んでくる。当然ながら剣を取ったカービィは「ソード」で戦うことになるが、『夢の泉』以外では他のコピー能力を使ってメタナイトと戦うことも可能(例えばSDXなら時間経過でソードが消えるまで待つか、ヘルパーを出す→ソードを取ってすぐに捨てる(この際にヘルパーの方を向かないようにする事。運が悪いとヘルパーがブレイドナイトになってしまう)→ヘルパーを消して飲み込む)。
ボスとしてはかなりの強敵。カービィと一定の間合いを保とうとする動きをしたかと思いきや、不意に間合いを詰めて攻撃してくる。『夢の泉』では剣による攻撃が主だったが、スーパーファミコン版『星のカービィスーパーデラックス』ではそれに加えて竜巻や衝撃波を発生させたり、マントを蝙蝠のような翼に変化させて飛ぶことが可能になり、素早い動きと多彩な攻撃でカービィを翻弄する。
彼と戦うことになる時は大抵、ゲームも終盤にさしかかった頃である。
ある筋によれば、彼の剣戟は音速にも迫る、とされる。

また、いくつかのタイトルでは実際に彼を操作する事もできる。
プレイアブルキャラとしての性能は作品によって異なるが、大抵は「強力なソード攻撃が得意だが体力が少ない」という上級者向けの性能である事が多い。

使用する剣は普通の剣であるが、「星のカービィwii」ではアニメの設定から踏襲されたギャラクシア(本編での剣の名称は無い)のような枝分かれの剣を使用している。

アニメ版におけるメタナイト

CV:私市淳

三騎士さん
ここは我々が!!
めた×ふーむ
星のカービィ三騎士


アニメ版ではメタナイト卿としてカービィやフームを導く。ゲームとは別物のキャラとなったデデデ大王とは異なり、性格も原作に沿ったものとなっている。声優は私市淳。後にスマブラXでも彼が演じることになった。
ソードナイトブレイドナイト(ゲームではザコキャラ)の二人の部下を従えており、アニメ版以降もウルトラスーパーデラックスでメタナイトが召喚する部下として登場した。
手に持った剣の名前は「宝剣ギャラクシア」。大昔に種族「フォトロン」によって作られた、金属でありながら意思を持ち、話すことができる生命体でありとても強大なパワーを持った人物でなければ触ることすら拒絶される。

経歴

カービィがやってくるに先立つこと数年前に起こった、ナイトメアと「星の戦士団(銀河戦士団)」の全面戦争に参加していた「星の戦士」であった。
戦士団時代、ホーリーナイトメア社に奪われたギャラクシアを奪還するため女戦士ガールードとコンビを組み、剣を守護する魔獣キリサキンと戦う。しかし自身がギャラクシアを手にするには未熟であると悟っていた彼女は、ギャラクシアの力に身を焼かれながらもそれをメタナイトに託し、命を落としてしまう。このことで、ガールードの娘シリカから「母を見捨ててギャラクシアを持ち去った卑怯者」と命を狙われることにもなった。
さらにナックルジョーの父親とは互いに背中を預けられる戦友であったが、彼はナイトメアとの戦いの中で連れ去られて洗脳を受け、敵として戦うことになってしまい、やむなくメタナイトは彼を討ち取った。死に際、彼から託されたナックルジョーの写真入りペンダントを、メタナイトは肌身離さず持ち歩いていた。
本意ではないとはいえ、二人もの戦友の命を犠牲にしてしまったことは、メタナイト自身も後悔の念があるのか、ナックルジョーやシリカと相対した時も、決して許してくれと言うことはなかった。

その後、戦いの中で戦士たちは次々と敗れて戦場に散っていき、最終的にメタナイトだけが「星の戦士」のたった一人の生き残り(実際にはメタナイト以外にもオーサー卿など数人生き残りがおり、最終決戦にて登場した)となった。
傷つきながら宇宙を漂流した末、最終的に彼はポップスターに流れ着いた。
表向きはデデデ大王の部下としてプププランドで暮らしつつ、魔獣を使って遊ぶデデデのもとに「いつか次世代の若き星の戦士が魔獣を倒すためにやってくる」と信じ、罪悪感や後悔の念に耐えながらも生きてきた。
そしてその目論見は当たり、メタナイトは、魔獣の存在にひかれてやってきたカービィを立派な戦士へと育て上げるため、厳しくも優しく接しカービィを一人前に鍛え上げていく(pixivではこの様子がパパナイトと呼ばれている)。
また、その裏で、デデデ城の地下で密かに戦艦ハルバードを建造しているなど、ナイトメアへの反撃準備も着々と進めていた。
98話でポップスターがナイトメアに襲撃される中ついに戦艦ハルバードを完成させたメタナイトは、カービィと共に、星の戦士団の悲願であった打倒ナイトメアを目指し、キャピィ族の勇者と共に立ち上がる。

キャラクター

基本的には常識人かつクールで平常心を崩さない人物だが、天然なのか狙ってやっているのか時折笑いを誘うアクションを取ることもあり、番組内でも人気のキャラであった。以下その一例である。

  • 「滅相な。私は陛下の忠実なしもべ、です!」と言いながらデデデの乗った車を坂道から蹴落とす(3話)
  • (マイクカービィの爆音で崩壊する城から落ちながら)「これぞ必殺技だ」とマイクカービィの説明をする(31話)
  • (寄生型の魔獣に憑りつかれたエスカルゴンに対して)「もっともっと痛めつけなくては…」(39話)
  • (劇中アニメの脇役の台詞を録るときに)「やった、あれぞファイアーデデd……チッ、しまらないなこれでは」(49話)
  • (村で新発売のおまけ入りチョコから自分のフィギュアが出て)「いよいよ私も(フィギュアの)レア物か…」(しかもこれとほぼ同じ台詞がスマブラXの没ボイスにあるらしい)(52話)
  • 「(パイの味が)まずい」というコックカワサキの言葉で激怒したパイ魔獣を見てつい「(状況が)まずい」と言ってしまい、激不味パイの直撃を食らう。しかもそのあとさらに2回も「まずい」と言う(57話)
  • 自分で言うのもなんだが、賢い私はある兵器を用意していた」(98話の予告)
  • 私がいるから安心とはいえ、星のカービィの運命やいかに」(99話の予告)
  • デデデ陛下はどこまでアホなのか」とサラッと言う。また、カービィの『ポヨ』言語に対して普通に返答する(100話予告)

このように、クールなのか天然ボケなのか、真面目かバカかはっきりしそうでしないギリギリのラインを行くそのキャラは、見ていると否が応でも印象に残るだろう。
また、高所に居るときが多すぎてアニカビファンの間で低所恐怖症説が有力とされてしまっている。

ちなみに、アニメの中では「カービィの目覚めは予定より200年早かった」と解説している場面があったが、このことから、星の戦士は長寿であるとともに、歴戦の勇士であるメタナイトは年齢が200歳を軽く超えているのではないかと思われる。ちなみにアニメでは一度も素顔を見せることはなかった。
また公式設定ではないが、カービィがそうであるように、メタナイト自身も、もとはナイトメアによって生み出された魔獣のひとつで、正義の心を持っていたがためにナイトメアと敵対する道を選んだのだと思われる。

スマブラにおけるメタナイト

DXではフィギュアのみ登場。
3作目のXより、ホームステージの戦艦ハルバードと共に参戦。

等身はカービィと同程度だが、剣を持っているために見た目に反してリーチが長く、全体的にワザの発生が早く判定も強め、さらに広範囲をまとめて攻撃できるワザが揃っているため、意外と当たり負けしにくい。また、多段ジャンプに滑空、やはり判定強めの空中攻撃など空中性能も抜きんでて高く、空中戦に持ち込むと相手に何もさせずに一方的に撃破できてしまうことも。吹っ飛びやすく飛び道具の類も一切持っていないため、乱戦ではうまく立ち回らないと意外と苦戦をするといった弱点もあるものの、それを補って余りある性能を持っており、タイマン乱闘共に飛び抜けた性能を持った「スマブラ史上最強キャラ」としてプレイヤーの間では恐れられていた。
Xにおける影響力は凄まじく、「Xの大会で上位がメタ使いだらけになる」「オンラインで負けが込んだ他プレイヤーが全員メタナイトにキャラ替え」、ついには「オンラインの一部ユーザーのマナーの悪さも手伝いメタナイトファンがメタナイトを使いづらい状況になる」などその圧倒的強さは良くも悪くも語り継がれている。

最後の切りふだは、マントで相手を覆った後、フィールド全体を闇で覆い、その中を超高速で移動しながら敵を斬りつける、"ギャラクシアダークネス"。

だが断る
めった斬りにしてやった
亜空の使者
三剣士2


威力は絶大で、(相手の重量にもよるが)ダメージ80%前後くらいならほぼ撃墜を狙える。撃墜できなくともかなり纏まったダメージを与えられるため、その後の戦いを有利に進めることができるだろう。
ただし欠点も存在し、最初にマントで相手を覆えなければ発動に失敗してしまう。また、チーム戦では敵味方関係なく斬りつけてしまう(一応味方は攻撃を受けても吹っ飛ばないが…)ので、場合によっては使用しない方が良いこともある。

尚、スマブラXでメタナイトの参戦が決まった際、『メタナイトの勝利演出BGMがカービィと同じファンシーなものだと彼には悪いが笑えてしまう』という投稿が寄せられた。
ディレクターの桜井氏もその違和感を感じていたらしく、メタナイトの勝利演出にはロック調の専用BGMが当てられることになった。
その時のコメントがこちら。↓

    やっぱコイツかっこよすぎるんですわ!1頭身のクセに!

4作目の3DS/WiiUにも引き続き参戦。
前作ではバランスブレイカーレベルの強さを誇ったメタナイトだったが、大方の予想通り弱体化
各種空中攻撃後の隙が増加した他、リーチがなんと見た目より短くなり(技によっては見た目通り)、
猛威を振るったマッハトルネイド、シャトルループ、下スマッシュ攻撃も全て仕様変更により弱化
かつての強さで暴れることは不可能となった。(一応先例通りの仕打ちである)
ただ、悪いニュースだけというわけではなく、下必殺技のディメンジョンマントの斬りつけの威力、範囲が上昇、不意打ちで相手を撃墜させることが十分可能となっている。
シャトルループもただの弱化ではなく、異なる使い方でバーストを狙える技へと変化したといったところ。
何よりも大きいのが、弱体化のおかげで周りの目を気にすることなく使えるようになったこと。
(本人に罪はないとはいえ)かなり嫌われていた現実があり、好きでメタナイトを使っていたプレイヤーがメタナイトを使いづらい環境となってしまっていた前作から一転し、弱体化により性能でメタナイトを選ぶプレイヤーは減少、前作のように気にする心配性がほぼ完全になくなった。
このことにより、弱体化はメタナイト使いからも喜びの声の方が大きい。

当初は前述した見た目より短いリーチ(通称:逆詐欺判定)に対し、
「Xで強すぎたとはいえ、いくらなんでもやり過ぎではないか」
「性能以前にキャラクオリティとしてどうなのか」
と、不満の声を上げるメタナイト使いも多かった。
リーチ以外にも、「前投げで本来与えられるダメージより低いダメージしか与えられない」
といったバグに近い現象も起こっており、発売後しばらくはプレイヤー(特にガチ勢)から弱キャラの烙印を押される等評価は決して高くはなかった。
しかしその後の調整で上記の前投げバグが修正、空中後攻撃や空中ニュートラル攻撃が強化されるなど
段々と強化。テクニックの確立(代表的なのはダッシュ攻撃から空中上攻撃で上へ上へと運んでいき、最後はシャトルループで撃墜するというもの)も相まって再評価されることとなり前述の評価とは一転、
上位キャラと十分渡り合えるキャラとして認識されるようになった。

pixivにおけるメタナイト

仮面を付けたかっこいいイラストだけでなく、可愛い素顔もとても描かれている。ネタバレ注意。ちなみにメタナイトは上記で挙げたような要素もあり女子に人気だが、かっこよさに憧れるのか男性ファンもいる。その人気は主人公のカービィに次ぐ。
ファイアーエムブレム』シリーズのマルスアイクコラボで「三剣士」というタグ(スマブラ関連)も存在する。このタグのイラストにおいては彼は頭身の関係で必ず一番小さく描かれる。時々どちらか二人に抱きかかえられていることも。
また、シリアスでカリスマ溢れる世界一かっこいい一頭身としての描かれ方以外に、
今世紀最大のネタキャラ(通称ネタナイト)という真逆の傾向が存在する。

漫画におけるメタナイト

下記はどちらもコロコロコミック掲載。

デデデでプププなものがたり

数回ほどたま~に登場した。登場するたびに容姿、設定、地位などがリメイクされている。性格、言動はゲーム寄り。プププランドを征服しようとしたこともあったが、ピンクの悪魔カービィにより断念。この回はカービィの迷言「通りすがりのジョニーです」で有名。素顔がばれそうになったことも。カービィに「ポペぺ…お兄さん、お兄さんなんだね!仮面とってみせてよ」と言われたが、「誰が兄さんだ!」と返した。
(メタナイトの姿はカービィと非常に似ているが、公式では両者の関係は明らかにされていない)

も~れつプププアワー!

主要キャラ。カービィとはライバル関係。全体的にゲームとはかなり違う。とてもナルシスト全開で、いつも周りにキラキラやバラがたくさん描かれている。英語まじりに話す。口癖はアメリカ生まれの某ライバル超人よろしく「ヘイ、ユー!」「オーマイガー!」「愛と正義の名にかけて」など。なので周りから気持ち悪がられることも。しかし女子からはモテているようだ。

ちなみに自分のテーマシングル「メタナイトの歌」を発売したことがあるが、その内容(歌詞)は自身を持ち上げる歌だった。

ウルトラスーパーデラックス発売シーズンで「メタナイトの逆襲」にちなんでプププランドを戦艦ハルバードで征服しようとしたことも。征服したらタイトルを『愛と正義のメタナイト も~れつセレブアワー!』に変えてカービィたちにスパルタ教育させようと企んだが沈没。
強風で仮面が取れ、全身をトイレットペーパーで包み探したが、カービィには「あなたの名前は目田内藤さんでしょ!」と言われ、しかもカービィに焼肉鉄板代わりにされていた。

こんな彼だがマルク襲来時には少し活躍した。
この作品では完全にネタナイトで、作品中で一番アホと言われている。これで初めてメタナイトを知った人からはなんか勘違いされるかもしれない。ただし「だがそれがいい」とこのメタナイトを好む人もいる。

小説版での立ち位置

角川つばさ文庫出版の小説では、第1巻「あやしいグルメ夫人の巻」から登場しており初期の作品では飛行船でプププランドに来ていた。
基本的な性格は正々堂々としているが、目的のためには誰とも組むという説明がなされていた。
3巻ではとある事情でアクティブレイドの巣を狙うドロッチェに配下のソードナイトとブレイドナイトを助けられた借りを返すために協力した。
4巻「メタナイトとあやつり姫」では彼が実質的な主役であった。

メタナイトボーグ

星のカービィロボボプラネット』に登場するサイボーグへ改造されたメタナイト。
詳細はメタナイトボーグを参照。

関連イラスト

メタナイト
フライングメタ誕
夜間メタナイト
メタナイト
対メタナイト
メタナイト
Festus
orange?
メタナイト
Knights
メタナイト
メタナイト



関連タグ

星のカービィ 星のカービィ(アニメ) 大乱闘スマッシュブラザーズX カービィ 
ソードナイト ブレイドナイト ダークメタナイト ギャラクティックナイト 宝剣ギャラクシア メタナイツ 戦艦ハルバード
世界一かっこいい一頭身 メタナイト卿 パパナイト 三剣士 消したらギャラクシアダークネス

他作品
イングズ…メタナイトと共通点が多いキャラ繋がり(一人称が「私」、クールな性格、丁寧だがやや気取った口調で話すなど)。

以下キャラ崩壊注意

ネタナイト ダメナイト ●META 大・参・戦!! メタナイトが夜な夜なこっそり食べてるパフェ

カップリング関連タグ

メタカビ/カビメタ メタギャラ/ギャラメタ メタフム
メタダメタ/ダメタメタ メタマル/マルメタ メタマホ

外部リンク

メタナイト - Wikipedia
メタナイト - カービィWiki
メタナイト卿bot - Twitter

他の記事言語

Meta Knight

pixivに投稿された作品 pixivで「メタナイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11554052

コメント