ピクシブ百科事典

旧型国電

きゅうがたこくでん

旧型国電とは、基本的に日本国有鉄道及びJR西日本が設計した吊り掛け駆動式電車の総称。
目次[非表示]

概要

 日本国有鉄道及びその前身である鉄道省帝国鉄道院、そしてその後身のひとつである西日本旅客鉄道が設計・所有・運用した電車のうち、モハ90系( 後の101系 )以降のカルダン駆動方式( 動力源をバネ上に配置し、自在継手を介して車軸側の歯車装置を駆動する方式 )を採用した、あるいは交流で走行する車両、所謂「新性能電車」に対する、旧来の吊り掛け駆動方式の電車の総称。
 この概念は昭和34年の車両称号規程改正にて初めて現れたといわれる。
 一部文献においては「昭和32年、1957年以前の~」と書かれることがあるが、実際には翌昭和33年(1958年)のモハ80系モハ72系の製造終了を以って新製終了となる。
 なお、定義上は「国鉄において設計された車両」となるが、実際には戦時中に戦時買収した電化私鉄の国有化の際に引き継いだ「買収国電」の車両にもこの分類のものが存在している。ただし、これらは基本的に国鉄の車両よりも低品質であったために早期に国鉄より淘汰され、中小私鉄に払い下げられた。ただし、阪和電気鉄道( 阪和線 )の車両は京阪電気鉄道の流れを引く高性能車両であったため長く使用され、最終的に弘南鉄道にて魔改造の末1980年代末、具体的には平成まで使用されたといわれる。
 国鉄分割民営化の際には、後述のJR西日本クモハ42形2両と、JR東日本鶴見線で使用されていたクモハ12形が旅客営業用として、また荷物車検測車牽引車事業用車両( クモヤ90形、クモヤ740形など )、そして動態保存車( クモハ40形 )などごく少数が引き継がれた。
 その引き継がれた旧型国電のうち、単行用旅客電車が不足したJR西日本において、荷物車クモニ83形( 元モハ72形 )の再旅客化改造が実施されクモハ84形となった。JR化以降唯一誕生した旧型国電新形式であり、旅客形式である。
 ところがこれらの車両は新しくとも製造後30年は経過しており経年と酷使により劣化が激しいこととおよび大手私鉄では同世代車がすでに一般的に採用していた発電ブレーキを持たないことから、淘汰が進む結果になった。
 それでも保存用を含めたごく少数がJR西日本や放出された中小私鉄にて営業運転できる形で残されていたものの、2000年12月17日に発生した京福電鉄越前本線列車衝突事故により、ブレーキが全く多重化されていない国鉄型旧型車での単行運転が事実上できなくなり、これを契機として2003年3月14日にJR西日本小野田線( 居能駅-小野田駅、中間で分岐、雀田駅-長門本山駅間の路線、宇部線などを敷設した宇部鉄道より戦時買収された路線 )の支線で運用されていたクモハ42形が123系( クモハ123形 )に置き換えられたのを最後に国鉄およびJRグループにおける定期営業運転からはすべて引退した。

関連イラスト

周防灘を臨んで

昭和の鉄道


関連タグ

国電 吊り掛け駆動 旧型電車 ゲタ電 湘南顔
身延線 飯田線 鶴見線 小野田線 宇野線
表記ゆれ:旧形国電 旧国

主な系列・形式

クモハ12 クモハ40/クモハ42/モハ40系/40系 52系
モハ63形/63系 70系 モハ72系/72系 80系
クモヤ93

pixivに投稿された作品 pixivで「旧型国電」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36028

コメント