ピクシブ百科事典

381系

さんびゃくはちじゅういちけいまたはさんはちいちけい

国鉄381系特急形電車に関するイラストにつけられるタグ。
目次[非表示]

概要

国鉄が開発した振り子直流特急形電車で、日本初の営業用振り子式車両として1973年に登場した。
開発研究の結果、作動がスムーズなコロ式自然振り子システムを採用。曲線区間に進入すると超過遠心力によって最大5度まで車体を傾斜させる。
但しこの自然振り子は、カーブの少ない路線では揺れが激しく乗り心地が悪くなるという欠点も持っていたため、各座席にエチケット袋が用意されていたり、車掌が酔い止め薬を体調の悪くなった乗客のために持ち歩いて乗務していたほど。このせいで「げろしお」「はく」なる揶揄をされたこともあるそうな。
(JR以降はカーブの直前から傾斜を始める「制御付自然振り子」が実用化され、この問題を解決している)。
車体はアルミ製(国鉄時代ではアルミ車体の車両は300台の形式と決まっていたが、該当するのは本形式と通勤型の301系の2形式のみだった)。
中央本線中央西線)、紀勢本線伯備線に投入され、キハ80系キハ181系を置き換えて所要時間の短縮を実現した。

民営化でJR東海JR西日本に継承され、JR東海車は「しなの」で運用されていたが、後継の383系投入により定期運用から外れ波動用として残っていたが全廃となった。
JR西日本車でも引退が進み、現在はリニューアル工事を行った「やくも」用の編成が残るのみ。

営業中の定期特急列車(2015年11月現在)

■伯備線系統(岡山~出雲市)
やくも 

1982年から運行開始。
1994年に特急スーパーやくも用パノラマグリーン車がデビュー。
2006年ダイヤ改正により列車名が「やくも」に統一される。
2007年から2010年にかけてリニューアル工事を実施。グリーン車の位置を統一。「ゆったりやくも」。

瀬戸大橋開業直後には臨時列車として高松まで乗り入れている。また大阪へも乗り入れたことがある。

過去の使用列車

■中央本線系統(名古屋・大阪~長野)
しなの

1973年に運行開始。
国鉄分割民営化後の1988年パノラマグリーン車がデビュー。
1994年以降、後継の383系に置き換えられた。
しなの用だったクハ381-1とクロ381-11の先頭車2両はリニア・鉄道館にて静態保存されている。

■紀勢本線系統(京都・新大阪~白浜・新宮)
くろしお スーパーくろしお

1978年から運行開始。
1989年に特急スーパーくろしおパノラマグリーン車がデビュー。
2012年ダイヤ改正により列車名が「くろしお」に統一される。
683系2000番台の改造車である289系に置き換えられ、2015年10月30日運行終了。

■山陰本線/福知山線系統(京都・新大阪~城崎温泉)
きのさき はしだて こうのとり

北近畿から改称した2011年3月から287系が完成するまで、上記くろしお用の日根野区の381系が3ヶ月間貸し出されて代走(この時の編成はそのまま廃車)。
一年後の2012年には正式に福知山電車区に配置され、運転を開始している。
2013年3月のダイヤ改正で485系改造の183系を完全に置き換え、国鉄型で国鉄型を置き換えるというケースとなった。
2014年には、乗り入れ先の京都丹後鉄道宮福線で振り子装置を使用可能にするために車体傾斜を最大3度まで引き下げる改造が実施され、改造対象車は元車番に+1000された1000番台を名乗るようになった。
こちらも289系に置き換えられ2015年10月30日運行終了。これにより関西から国鉄型特急車が消滅したばかりか、定期運行の国鉄色の特急列車が消滅した。

■伯備線系統
スーパーやくも(岡山~出雲市):ダイヤ改正により「やくも」に統一されたのは前述のとおり。

■代走、臨時列車
ちくま(大阪~長野):定期列車末期は383系で運転、臨時化で381系化

まほろば(新大阪~奈良):平城遷都1300年祭に合わせて2010年4月から6月にかけて運行された臨時特急。

北近畿(新大阪~城崎温泉):2010年末に485系(183系)の代走として走る。1986年の設定時には投入予定もあったが、予算がつかず断念。末期になって実現した。

関連イラスト

こうのとり
元祖振り子



関連タグ

鉄道 電車 JR東海 JR西日本 591系 383系
しなの くろしお やくも こうのとり きのさき はしだて

pixivに投稿された作品 pixivで「381系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27905

コメント