ピクシブ百科事典

683系

ろくはちさんけい

JR西日本の交直流特急型電車。嘗ては北越急行も所有していた。
目次[非表示]

概要

北陸方面の特急で運用中であった681系の後継車として2001年(平成13年)に登場。
しらさぎ」、「加越(~2003年3月)」で運用中の485系を完全に置き換えた。
2011年には「雷鳥」用485系を置き換え、JRが独自に設計・製造した特急形車両で最多の車両数となった。
最高速度は時速130キロだが、160キロの準備工事がされているほか、8000番台は北越急行時代に160キロ運転をしていた。

681系との相違点

683系は外観や内装、基本的な設計は681系に準じているが、主に以下のような変更点が存在する。

■非貫通形先頭車のフロントマスクデザインを変更
■鋼製車体からアルミダブルスキン構造に(軽量化と低重心化)
■付属3両編成の先頭車は両端とも高運転台貫通構造に(編成の自由度向上)
VVVFインバータの素子をGTOからIGBTに変更
■編成全体のドア位置の見直し
■バリアフリー設備の充実

番台区分

■0番台
「サンダーバード」用。6+3両編成。6両の基本編成(W31-W36)が6本、3両の増結編成(V31-V36)が6本の計12編成・54両が在籍。

■2000番台
「しらさぎ」用5+3両編成と「サンダーバード」用3両増結編成の2種類。
前者は2015年3月13日に「しらさぎ」の運用を離脱。その後形式を289系に変更の上、関西地区の特急に転用されたが、その際にサハ2両が余剰廃車され、683系初の廃車となった。
現在「683系2000番台」として残るのは後者の3両固定編成4本のみ。

■4000番台
「サンダーバード」用、9両編成。12本108両(T41-T52)が所属。先頭車は両端とも貫通形で、クロ683側は準備工事とした。パンタグラフをシングルアーム式に変更された他、車体強度も向上されている。この番台の登場で雷鳥として運用されていた485系が引退し、全列車がサンダーバードへ移行した。
他の番台と異なる特徴を持つため、4000番台にならい一部の人々からは「ヨンダーバード」と呼ばれることも。


■8000番台
元「はくたか」用、6+3両編成。元北越急行所属車。1本ずつが在籍。同社所属の681系と共に、運用、検査はJR西日本が行っていた。
2015年北陸新幹線開業で、はくたか用の北越急行所属車はJR西日本に売却された。現在はJR西日本の所属となり、主に「しらさぎ」に使われる。

運用

JR西日本の金沢発着の特急(サンダーバードしらさぎ能登かがり火ダイナスター)などで使用されている。また、「しらさぎ」は列車の半数が米原~名古屋間JR東海区間に乗り入れている。
サンダーバード用の編成は2015年以降、リニューアル改造と塗装変更を実施。

正面画 683系4000番台 サンダーバード リニューアル塗装



余談

683系の中でも最初に新造されたクロ683-1は製造工場である日立製作所笠戸工場での性能確認試験中にブレーキが故障。車止めに激突して車体が大きく歪んでしまい廃棄された。
この事故の直後、現場には慌てて衝突試験と書かれた看板を建てたと言う噂。
JRへはクロ683-1を除く8両を先に引き渡し、8両で試運転を行ったが交流区間に入った途端電動車2ユニットが故障し、電動車1両、付随車(故障した電動車2両含む)7両で車庫まで自走して戻った。
クロ683の代替新造が完了したためJRに先に引き渡されていた8両はもう一度日立製作所へ入場。
2代目クロ683-1を連結して何食わぬ顔で再度出場した。
しかしクロだけ妙に綺麗で一部の人達にはバレバレであった。

関連イラスト

【鉄道擬人化】北陸本線・特急しらさぎ【683系電車】
【鉄道擬人化】北越急行・特急はくたか【683系電車】


越後路の翼は決して捥げない
二大特撮夢のコラボ



関連タグ

鉄道 JR西日本 電車 電気釜
681系
287系 - 2010年に登場した683系の直流専用バージョン
289系 - 683系の改造車

pixivに投稿された作品 pixivで「683系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31397

コメント