ピクシブ百科事典

島風

しまかぜ

島風とは、pixivにおいては主にブラウザゲーム「艦隊これくしょん」のキャラクターのタグとして使われるタグである。
目次[非表示]

もしかして...近鉄特急列車あるいは海上自衛隊護衛艦しまかぜ

島風とは、旧日本軍に存在した駆逐艦の一隻の名称である。
本記事では、その元ネタの駆逐艦の内容と、
これを元にして作られた、『艦隊これくしょん』のキャラクターを紹介する。

島風(駆逐艦、二代)

駆逐艦「島風」(NHK「双方向クイズ・天下統一」にて登場)
島風


大日本帝国海軍の一等駆逐艦昭和16年8月8日に舞鶴海軍工廠にて起工し、昭和18年5月10日に竣工した。

島風型駆逐艦は次世代の艦隊型駆逐艦として16隻の建造が決定していたが、太平洋戦争開戦後に海軍が空母機動部隊を主戦力にした事や機関の量産が困難だった事から計画は放棄され、防空艦型(秋月型駆逐艦)と丁型(松型駆逐艦)へと移行し、島風1隻のみとなった。

最高速力は40.3ノットで、試験では40.9ノットも記録していた。ただしこの試験は日本海軍の公式諸元による2/3荷重ではなく、1/2荷重での計測である(と、言っても米英の公式諸元と同じ)。
機関出力は実に75,000hpで、これは扶桑型戦艦のそれに匹敵する。なお、自衛隊のあたご型護衛艦の機関出力は25,000psに過ぎない。

竣工後、訓練部隊の第十一水雷戦隊に編入されて後に「奇跡の作戦」と称されるキスカ島撤退作戦に参加。作戦終了後、精鋭部隊の第二水雷戦隊に編入されて南方方面で護衛任務に当たる。シブヤン海海戦では「武蔵」に乗り込んでいた「摩耶」の乗組員を救助した。

そして昭和19年11月11日、レイテ島北西部のオルモック湾にて輸送船団を護衛中に米海軍第38任務部隊の艦載機347機と交戦。当時世界最高水準の速度を遺憾なく発揮し攻撃を回避し続けたが、機銃掃射や至近弾によるダメージが原因で航行不能となり、冷却機能を失いオーバーヒートを起こしたボイラーが爆発して沈没した。

ちなみに最後を共にした指揮官は第一次ソロモン海戦当時鳥海艦長で再突入を三川軍一中将に進言したことで知られる勇将早川幹夫海軍少将(戦死で中将に進級)である。

「規格外の高性能」「1隻しか存在しない」「専用パーツで整備性に難がある」など、リアルロボットアニメの主人公機みたいな逸話を複数持つ。

ちなみに、第二次世界大戦当時のものは二代目で、初代は大正9年に竣工した峯風型駆逐艦の一隻である。こちらも舞鶴生まれ・速度記録持ちで、二代目はそれにあやかったもの。大戦時は、改装され名前も第1号哨戒艇に変わっていたが健在だった。しかし二代目の竣工する4か月前の昭和18年1月12日、戦没した。

島風


↑こちらは初代「島風」

艦隊これくしょんの島風

島風型駆逐艦 島風
あなたって遅いのね!


艦名島風
図鑑No10
艦級島風型1番艦
艦種駆逐艦
CV佐倉綾音
絵師しずまよしのり


速力自慢の俊足娘。pixivでは「ぜかまし」の愛称が一般的。
駆逐艦のトップレアの1つ。

性能

次世代型の駆逐艦を目指した設計が元なだけあって、そのパラメーターは(伝説的幸運艦である雪風とともに)駆逐艦中最高峰、他一部駆逐艦の改二と同等であり、ほとんど軽巡洋艦並の水準を誇る。
特に速力(回避力)は全艦船中でもトップ。
雷装値も、重雷装駆逐艦とでも言うべき性能だった史実に則って、重雷装巡洋艦三隻の次点につけ、現在全艦4位という高さを見せる(なお余談だが、史実では日本海軍で唯一5連装酸素魚雷発射管を備えていたのだが、ゲーム中ではなぜか装備しておらず、逆に史実で所持していなかった重雷装巡洋艦が改二への改造時に装備していたりする)。
砲撃火力についても規格外の火力を持つ夕立改二に次ぐ値を示し、夜戦火力(火力+雷装)では夕立改二と同等。
こちらも史実上の根拠があり、他の多くの駆逐艦が12.7cm連装砲2門を装備していたところ、島風は3門装備していた。ちなみに魚雷発射管の数も(連装数・設置数ともに)多かった。
駆逐艦としては規格外とも言える重武装は、ゲーム中でも遺憾なく発揮されることだろう。
3-2のような駆逐艦のみの編成でしか攻略できない海域では、間違いなく主力として活躍するはずである。
(ちなみに3-2は史実での島風の初陣だった「キスカ島撤退作戦」がモデルとなっている)

ただし、手に入れられれば、の話。

島風型は彼女1隻だけ(同一艦隊に島風型を複数配備できない)なうえ、レアリティも駆逐艦中(雪風と並ぶ)トップクラスとなる。
ほぼ同一の性能を持つ雪風とは似たりよったりの運用が出来ないこともないが、雪風も同等クラスのレアさというオチ。
下手な正規空母や戦艦よりも希少であり、出会うのは容易ではない。
おかげで「島風を描けば、島風が出る」という都市伝説を信じてpixivに願掛けイラストをUPするものも少なくない。「エロい絵ほど出現率UP」という尾ひれも付いているし。
そして投稿されたイラストを見た者達が艦これに興味を持ち、そのうちの絵師はまた願掛けのために島風を描き…(以下永久機関)

なお、現在では効率の良いレア駆逐艦レシピの情報が蓄積され建造での入手や2-4(沖ノ島海域)の初戦でのドロップ狙いが容易になったことや、時雨改二夕立改二綾波改二など他に優秀な駆逐艦が登場したこと、対抗馬である雪風(及び時雨改二・綾波改二)と異なり運が標準的な数値のため夜戦カットイン発動率で大きく水をあけられていることなどで、稼働当初ほどの性能上の優位性はなくなっている(但しヴェールヌイに対しては耐久力・対潜・索敵では劣るがそれ以外ではほぼ同じか、島風の方が優れている)。
無論、コモン駆逐艦とは比較にならないレベルでのトップ争いの話なので、依然強力な艦であることは変わらない上、Lv20改で即戦力になる、というのは他の改二駆逐艦にはない長所である。

容貌

艦娘カードこれくしょん
ぜかましらざあ


イラストを見るとわかるが、大きなうさ耳リボン鼠蹊部くらいしか隠れていない超ミニスカート・そこから出る黒の見せ下着(お尻がモチーフのZ旗に見えるようにデザインしたらしい。さすがだ。)などなど、
艦これ内でも群を抜いてあざといデザインから人気も非常に高く、艦これの看板娘的な扱いをされており、DMM社そのものの企業広告(艦これというタイトルではなく)にも用いられるほど。就職説明会のブースにも彼女の等身大POPが置かれていたとか。
「ぜかまし浮き輪」に加え全く厳つさのないゆるキャラのような旋回砲塔連装砲ちゃん)を3匹提げ、左のもみあげには碇型の髪留めをしている。

立体化にも恵まれており、ねんどろいどfigma、ピュアニーモ(1/6ドールシリーズ)、その他スケールフィギュアなど多数発売予定。

性格

性格は勝ち気で無邪気。
一人っ子にありがちなワガママな子供、という雰囲気を醸し出しているのは、史実でも一人っ子であるゆえだろうか。
足の速いのが自慢であり、提督とも駆けっこを楽しんだりしている。

専用タービンが専用部品を必要とすることから、なかなか整備出来ないのが悩みらしい。
ちなみに二次創作や公式4コマでは姉妹艦が居ないことや、速すぎて艦隊に組み込みづらかった史実からぼっちネタがしばしば使われている。公式第11話でも、泣きながら「姉妹艦募集」の掛け軸をかいていた。

ぼっち島風
「私は無事だぞ」


但し、姉妹艦がいないのはぜかましだけであり、先代(初代)と3代目(護衛艦しまかぜ)には姉妹がいる。
最速の代償は自由か孤独か。

なお、タッチ時に「お”うッ!」と形容しがたい声を挙げる事があり、アザラシと呼ばれる事がある(ぜかまざらし)。

交友関係

唯一艦な所為か他の艦との姉妹艦繋がりではネタにしづらい二次創作作家も多いせいか、連装砲ちゃんをよく可愛がっている。
長波の時報により彼女と仲がいいことが確認されているほか、武蔵から摩耶の生存者を引き受けた史実からか、武蔵の時報ボイスでも交流があるような様子が見受けられる。なおこれら島風への言及がある艦はすべて後から実装された艦である。
以上の関係を汲み取ったのか、公式4コマで武蔵が初登場となった回では、利根や摩耶と一緒に抱き合って再会を喜んでいた。
史実では就役時に第十一水雷戦隊に配属されており、この当時は龍田が旗艦を務め、を除く第六駆逐隊も配属されていたが、彼女達との絡みは少ない。
ただしとは、初陣のキスカ島撤退作戦にともに参加し、訓練では演習用魚雷を命中させて響のスクリューを損傷させていたりした。
キスカ島撤退作戦では、旗艦の阿武隈と共に敵艦に向けて魚雷を発射、全弾命中させた…のだが、実は敵艦だと思ってたのはただの「島」だったのである(皮肉なことに、これが五連装酸素魚雷発射管3基15門という強力な兵装が挙げた唯一の「戦果」であった)

島風の缶を先駆けて積んだ島風のプロトタイプともいえる天津風は陽炎型でありながらTwitter公式アカウントからも「島風の友達艦」という触れ込みが成されていた(→該当ツイート)
また天津風の時報ボイスでも島風を友達だと呼ぶ発言もある。また天津風は「連装砲くん」を所有している。

二次創作での組み合わせ

連装砲ちゃんを除くと、ほぼ単艦で描かれることが多い島風だが、同じレア駆逐艦の雪風と組ませた『ゆきしま』や、金髪ロングヘアという共通点のある愛宕との『愛島』も見られる。
その他、絵師つながりで共に雑誌の表紙を飾った長門との『島長』、および同一絵師キャラの集合絵である『しずま艦隊』などの組み合わせもあり、アンソロジーでは同じひとりっ子の夕張と友好を深めていた。
また、「お”うッ!」と空母ヲ級の「ヲッ」で会話をさせるネタも頻繁に使われる。
艦これ一周年にして、やっと現れた友達の天津風と組んだ『島津風』も今後の見所。

しまゆき
ながととしまかぜ


フェイバリット艦これ!
島風と天津風



メディアミックス

4コマ「吹雪、がんばります!」では短編エピソードで登場。水上移動訓練でスピードを出しすぎるモノの燃料不足で動けなくなるネタも。
長波初風天津風などの「レア駆逐艦」との関わりが多く、寝言で初風のトラウマを誘発してしまい部屋替えで去られてしまった雪風のルームメイトでもある。

漫画版「島風つむじ風の少女」では主人公だが、問題児としての立ち位置が色濃い。
しかし男少佐や朝潮との交流で少しずつ変化の兆しが見える。

ノベライズ「一航戦、出ます!」では潜水艦の群れ相手に大立ち回りを見せた。
この小説では「連装砲ちゃん」は自立しているらしく「キュー」などと鳴く。

ノベライズ「鶴翼の絆」の外伝では「最強の駆逐艦」と呼ばれ、雪風や長波との連携が成されている。
ちなみにこの作品だと長波は姉貴キャラのような立ち位置である。

なお「つむじ風の少女」「一航戦、出ます!」では駆逐艦の仲間に変なあだ名を付けるというキャラ付けが共通している。
「つむじ風の少女」では口うるさい朝潮を「優等生」
「一航戦、出ます!」では「~っぽい」という口調を良く使う夕立を「ポイポイちゃん」と呼んでいる。

あれ……?

ところがぎっちょん、実は島風は日本海軍最速ではない

島風が就役する直前の昭和17年5月に勃発した珊瑚海海戦では、回避運動中の空母翔鶴が、全速で走った結果、護衛の駆逐艦を置き去りにしてしまう事態が発生している。
残念ながら戦闘中の偶発的な出来事であったため公式な記録としては残っていないが、このとき護衛についていた駆逐艦はカタログスペックを超えて40ノット近い速度を出していたにもかかわらず、翔鶴は悠々とそれを引き離して行ったという。しかもこのとき翔鶴は米軍機の攻撃を受けて炎上中であった。

ちょっとお風呂に4



これは、翔鶴型の機関が大和型戦艦をも上回る高出力なものであり、かつ速度に寄与するバル・バス・バウを装備していたことなどによる結果であろう。
しかも翔鶴は一品モノではなく同型艦の瑞鶴がいる。
もっとも、この翔鶴や潮、他には長門などの例もあるように、日本海軍の艦艇はカタログスペックを上回る速度を発揮できることが少なくない。
無論、常用すれば機関に影響が出るようなものなのだろうし、機密保持の意味もあって、速度においては若干余裕を持ってカタログスペックを公開している傾向がある。
このことを考えれば、島風もその気になれば40ノットを上回るスピードを発揮できた可能性は高いだろう。
その記録がない上、同型艦もなく沈んでしまったために、真相は不明であるが・・・

番外:海上自衛隊の「しまかぜ」さん。

しまかぜ


ちなみに、名前を継いだ護衛艦のほとんどが先代より小さい(例:金剛(2代)32,000トン、こんごう(3代)7,250トン)が、しまかぜさんは先代より大きい稀有な例である(島風(2代)2,567トン、しまかぜ(3代)4,650トン)。なお、先代(および初代)「島風」のように特段速いということはなく、最大速は他の護衛艦と同じ30ノットである(初代「島風」も、姉妹艦の中で唯一40ノット越えを記録した俊足の持ち主。二代目「島風」の名はその記録にあやかって命名されている)。
御年25歳。そんなお年でこんな格好をされたら、はっきり言って俺のハープーンを全力発射

なお、この海自所属のしまかぜさん2013年8月に岸壁に尻もち(※岸壁に衝突事故)、2013年10月10日に火遊び(※機械室から出火、ボヤのうち初期消火)を犯したおちゃめなドジッ娘さんである。
名前を受け継いだ運命を感じさせるとも言うが……消火にかかった時間、わずか2分。その反省も持ち越しているようである。

クロスオーバー

最速繋がりこのようなクロスオーバーイラストもいくつか見られている。

ウチの提督がこんなに速いわけがない
【それっぽく18】世界縮めそうなぜかましちゃん【ドット絵】




関連タグ

艦隊これくしょん 駆逐艦娘
ぜかまし 連装砲ちゃん

pixivに投稿された作品 pixivで「島風」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72722262

コメント